よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンガリー土産 きち母セレクション



ワタシが家で小きちとマンツーマンで過ごしているうちに、
世間@ブダペストではこんなことが起こっているようですよ。

こんなことって言うのは、
現首相が自分の政策についてコメントしているテープが流出して、
それが結構まずいことだったんで、国民怒りのデモ、

なんですが、首相ったら、
「欧州でハンガリーほど(経済政策で)へまをした国はない」
(上記リンク先の日系HPより)
とおっしゃったのですって。

( ̄m ̄)ぷ

真実かもしれないがそりゃマズイよ、首相自ら言うのは。


ちなみに、きち家の近所は変わらず平穏です。


************


さて、産後手伝いに来てくれていたきち母は、
もう帰ってしまったのですが、
帰国する時に、ハンガリー土産をたんまり持って帰りました。

というワケで、

ハンガリー土産 ~きち母 セレクション~

ハンガリーをご訪問の際へのご参考になれば。


知られざるハンガリー名産

20060918221919.jpg
ハチミツ。
(食べかけですみません。)


思い出の味、ハンガリー料理をご家庭で再現♪

20060918222221.jpg
グヤーシュスープセット。


20060918222234.jpg
しかも、日本語説明付き。
あっぱれ商魂。そして、それにあっさり釣られる、きち母。

ちなみに、きち母は一度もレストランに行けなかったので
本場のグヤーシュスープを食べていない。
申し訳なかった。次回是非。



良い子は、ナマモノ持って帰らないでね。

20060918221900.jpg
パプリカ 1ヶ



全然ハンガリーに関係ないけど、美味しかったそうです。

20060918221931.jpg
後は焼くだけ、フランス産バゲット



料理に使ったら美味しかったそうです。

20060918221908.jpg
イタリア産トマトペースト











全部食いもんかよっ!

という皆さまのツッコミが聞こえてきそうです。
ワタシが代弁しておきました。

ええ、きち母食いしん坊グルメなんです。
折角中央市場に行ったというのに、


20060517003654.jpg
こういう素敵なハンガリー刺繍には目もくれずに、
食べ物オンリーを買いまくったのでした。

でも、本人は満足していたようなので、何よりです。
ヒトの嗜好にとやかく言うつもりはありません。
ネタになった、ありがとう。



さて、ハンガリー刺繍と言えば、


20051114002840.jpg
素敵なブラウス@まんぼーおじさん
(このおじさんは、きち家最大の外国土産です。)


娘に早くも激甘なオットが、
早速小きち用に一枚買ってきましたよ。
ワタシにもなんか買って。

マンボーおじさんじゃなくて、いよいよ我が娘に着せられる♪

生写真公開しないつもりでしたが、やっぱり見せちゃいます♪

素敵なハンガリー刺繍のブラウスと、












20060919210956.jpg
拒絶反応マックスな小きち


( ̄▽ ̄;)
そんなにイヤ?
ほ、ほら、お母さんがハンガリーをこきおろしてるのは、ネタだから、
心底ではハンガリー大好きだから。
ちっ、子どもにウソはつけないわね。


小きち生写真サービス(?)のお礼は、
ブログランキングへのクリックで十分です。m(_ _)m
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif



スポンサーサイト

何の博物館?



ガイドブックに紹介されてないかもしれないけどお勧め観光名所・その⑦

(その①中華市場はコチラ、その②洞窟教会はコチラ
その③空港チャペルはコチラ、その④葬儀博物館はコチラ
その⑤彫像公園はコチラ、その⑥トロピカリウムはコチラ。)

このシリーズ、久しぶりです。
だって、もう、寒くって寒くって観光する気になりゃしない、んですもの。


さて、今回はとある町のとある博物館です。
とりあえず、何の博物館か考えながら読んで(見て)下さい。
何の博物館か分かったアナタは、スーパーひとしくん獲得です。

さて、まずは、

20051215222544.jpg
ハンガリー中どこでも出没、国宝王冠・・・・・のレプリカ


20051215222652.jpg
中国風つぼ。


20051215222601.jpg
メキシコ風サボテン。


20051215222632.jpg
スピルバーグ風(ウソ)かいじゅー。がおー。


20051215222708.jpg
モーツアルト。背中にささってるのは、なんだろう。


さあさあ、分かりますか?何の博物館でしょう?

蝋人形博物館ではありませんよ。

と思ったら、ああっ!

こ、こんなハンガリーの片田舎の、
ガイドブックに必ずしも載っていない博物館にまで、








20051215222749.jpg
まいこー in ガラスケース。蛍光灯が昭和を感じる。

彼のすごさを垣間見たような気がします♪

ちなみに、彼作成に、3週間費やしたそうです。それもすごい。
まいこーと向き合って3週間、みたいな。



と、いうワケで、正解は、


まじぱん博物館でした。

ええ、これ、全部食べ物です。
もちろん、保存のために、加工してあって、今更食べられないと思いますが。
(一部、まじぱんではないのもありました。まいこーはホワイトチョコでした。)

え?マジパンって何かって?
やだ、そんなのお菓子作りオンチなワタシに聞かないでよ・・。
間違ったらすみません。えと、マジパンとは、
「アーモンドの粉と砂糖を混ぜてペースト状にしたもの」
だそうですよ。

日本では、お誕生日ケーキに「XXちゃん、おめでとう!」って書いてある台が、
チョコじゃない場合の、なんだかびよーんて伸びてよく切れないアレですよ。
正直甘すぎて好きじゃないんですけど、ワタシ。

さて、このまじぱん博物館、まじぱんショップに併設されてます。
そのお店観光客に大人気でした。

20051215222735.jpg
食べるのもったいない♪(てか、色がぎんぎんで、食べたくない。

というワケで、ブタペストからわずか19kmの街、
センテンドレにある、まじぱん博物館でした。
センテンドレについては、またいずれ。
(今回、着いたのが遅くて、寒くて、まじぱん博物館以外見なかったのです。)


はあ、しかし、
20051215222756.jpg
まいこー、もとは、黒人だったのにね。

ランキングが挙がると、そりゃーウレシイ他に楽しみの少ないしがない生活。
ワタシの楽しみにクリックひとつ貢献してくれましたら、大感謝。ブログランキングへ。

8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif

ブログランキングというのに参加しておりまして、
上のボタンを1日一回押して頂くと、お客様にはびた一文かからず
このブログの順位が上昇しちゃったりします。
もし記事がお口に合いましたら。m(_ _)m 


♪まじぱん博物館@センテンドレ(Szentendre)♪
Dumtsa Jeno通りを下っていくと、左手に、まじぱんショップがあります。その店の裏手です。
入場料;350フォリント。
広くはありませんが、もう、マジびっくりの作品が勢揃い。
お子さまにも楽しいです。

20051215222442.jpg
実演も見られますよ。





美女の谷でほろ酔い・エゲル



美食で有名なハンガリー。(スミマセン、手が震えました。
そして、美食の国のお供と言えば、おいしいワイン
ということで、ハンガリーでも、各地方でワインを生産しています。

最も有名なトカイ・アスーのトカイ。最近注目のヴィラーニ。
ハンガリー2大ワインのひとつ、エグリ・ビガヴェールのエゲルなどなど、
色々揃っていて、楽しいです。

大酒飲みでもないワタシは、飲みやすいエゲルのワインが気に入っています。
赤も白も渋みが少ないので、ワタシくらいのなんちゃってワイン愛好家にはお勧めです。

さて、
そのエゲルの街は、ブダペストから130km程度、車で1時間半くらいのところにあり、
ワインセラーが軒を連ねる、美女の谷が観光名所となっています。

産地直売のカーブで昼間っからワインが楽しめる天国へようこそ♪

ということで、そのエゲルへ、酒飲みツアーにれっつGO。

続きを読む »

古き良きハンガリーの田舎・ホッロークー



前回の記事で、
すっかりブダペストのイメージを落としてしまった罪滅ぼしで、
今日は、まともな観光案内。

しかも、べた褒めします。

というのも、今日、
ハンガリーにきて、苦節6ヶ月にして初めて
ハンガリーのとってもお勧め観光地♪
を見つけました。

それは、ハンガリーの古き良き伝統を残す、ホッロークー村(Hollókő)

この村は、世界遺産に登録されていて、
村全体がそのまま博物館のようなもの。
(さあ、世界遺産好き大集合だ!)

20051015234950.jpg


ということで、ホッロークー村へ、れっつGO。



続きを読む »

ハンガリー高級磁器ブランド



ハンガリーには世界的に有名な磁器ブランドが2つあります。


さあさあ、皆様、ご存知ですか?(挑発的?)


ヒント。「へ」「ジョ」で始まる名前。
(このヒントで分かったらスゴイ。)

これが、「へ」の方。
20050906223710.jpg



続きを読む »

 | HOME |  »

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。