よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブタペストの第一印象

国境越えの洗礼を受け、素朴な田舎の風景を通り抜け(たはず。寝ていたもので。)、ブタペスト市内に無事到着~。

さて、気になるブタペストの第一印象は。

人多い。車多い。空気悪い。落書き多い。

総評 → キタナイヨ。。。

って ものすごい山奥からきた人みたいですね。
ブタペスト好きの皆様ごめんなさい。

言い訳しますと
「世界一美しい首都の一つ」ってガイドに書いてあるし、
「ドナウの真珠」(真珠ですよ。真珠。)とかツアーの宣伝文句だし、
すっかり期待と妄想が膨らんでいたのです。

しかも、6年くらい前に来た時のかすかな記憶によると、綺麗な町だったような。
(来た事あるんかい!(出たエセ大阪弁。)すみません、王宮とくさり橋以外思い出せなくて。)

で あえなく玉砕

この際言っちゃいますと、道路を渡るための地下道、これまた、ニオ~ウ
落書き+臭いですよ。なんのニオイなのかは、コワイのであまり考えていません。

とはいえ、私は華族出身でもお嬢様でもありません。
もうちょっとグレードアップした汚さも見たことあります♪(旅先です。実家は綺麗でしたっ。)

ただ、と旅で来るのと住みに来るのとでは、見方が違うっていうか。

と えらそうなことを思ったのが初日。






で わずか2日後。

ふと気付いたら、既に落書きは目に入らず、決して使うまいと心に誓った地下道もばんばん通っていました。

よかった、「地下道一生使いません!」宣言しなくて。




で 2ヶ月後。

街路樹が美しいわ~、とか、あの人でっかい(タテヨコ両方)わ~、とか思ったりして、その先の落書きや足元のゴミは視界に入っても、脳に認識されず


ワタシの結論。

慣れだな、慣れ。


ただ、ブタペストをキタナイと思うのは何も私だけではなく、家探しを手伝ってくれた生粋ハンガリー人のAさん(生まれてずっと田舎町在住)も 「車の運転がクレージー、空気キタナイ、地下道今まで使ったことない。ブタペスト市内には住めない。」と言っていましたから。
(だから 彼女と町を歩くと、10m先の地下道より、100m先の横断歩道を渡るのです。)


以上 あてにならない第一印象(正確には初めてではなかったけれど)でした。

では 「ドナウの真珠」を実証すべく以後がんばります。



ところで、ブログ立ち上げて2日目。まだ誰も見ていないはずと思われますが
とりあえず所々読者様話しかけモードで書いています。
イメージトレーニングってことで。
笑わないでくださいね。(だから誰も見てないって。。。)


で、皆様ブログを立ち上げたことを、
いつごろ友人や家族に教えてらっしゃるのでしょう?


私は今のところ誰にも内緒です。
スポンサーサイト

ハンガリー入国

4月2日が記念すべきXデーでした。
フランスから車で移動してきた我々は、陸路国境越え。
(島国人だからちょっと嬉しい)

昨年(2004年)5月よりEUに加盟したハンガリーなので、いずれはEU加盟国との国境はフリーパスで国境越え出来るようになるのかもしれませんが、今のところは、きっちりと国境チェック入っています。

そうしないと、そこで働いている人が失業しちゃうし。

さて、いざ国境。ゲートがEUと NON EUに分かれている。
はて、どちらに並ぶ?

我々は、2人とも姿形および国籍ともにどう見てもニホンジン。
でも車はフランスナンバーで、フランスのレジデンス(居住)カード所持。

「外見(車)がフランスだしぃ、やっぱりEUゲートでしょ。」
横を見ると、NON EUゲートに並ぶ車はそれぞれ止められて少しばかり時間がかかっている模様。
一方EUゲートの車はノーチェックで入国する人もありで、スムーズに進みます。うしし。

いざ我々の番。どきどきしながらも、それを表にはださず、極めてクールにEUっぽい(?)ふりをする。

でも、我々の顔見るや否や、案の定。「Passport!」って。_| ̄|○ ガクーリ
(あ、Pleaseなんてついてませんから。なぜに私の出会う国境審査官ってえらそうなことが多いのだろう。)

やっぱりただでは通してくれなかったか、ケチっ
でも英語無しのハンガリー語のみだから何言ってるか分かりませ~ん。

「きっと金払えって言っているんだよ」
「え、でもビザ取るときにひとり50ユーロも払ってあるし」
「そうだよねえ。でも、あっち行けって言ってるようだし」
とりあえず、従順に指示通り「あっち」に行ってみる。

あっちにて;「でもここ単なる両替所だねえ」
意味無くウロウロしてみること5分。
「努力したけど分からなかった」風を装い、もう一度係員のところへ。

指差す先から察するに、NON EUゲートに並び直せと。
よく見ると、隣国オーストリアからの車もNON EUと EUと両方のゲートに並んでいる。皆、いちかばちか並んでいるのか?それとも知られざる振り分けが?

で改めて我々の番。どきどきどきどき。
口をへの字に結んだお姉さんにおもむろにパスポートを取られたものの、そこにハンコ押されて(それだけ)で無事通過。金払えって言ってなかったのね。ε-(´∇`)ホッ

こんなことならカッコつけずに、最初からNON EUに並べばよかった。

要約すると、「国境越えるのは、車ではなく、わたし」、ってことでした。
でもハンコ押すだけなら、どこのゲートだっていいじゃんっ。

ともあれ記念すべきハンガリー入国でありました。

はじめまして

はじめまして。

つい2ヶ月前(2005年4月)にブタペストに移住してきました。とはいえ、期間限定(3年程度?)。

友人には「貴重な体験」と言われるものの、町には在住らしき日本人をちらほら見かけ、日本人観光客はわんさといるので、ちっとも「貴重な」気分はしない。

しかしながら、とても時間に余裕がある(ヒマ?)ので、この「貴重な」体験をネタにすべく、ブログをはじめてみることにしました。

日々のあれこれを中心に、ブタペスト、ハンガリー観光のお勧め、諸手続きの苦労、超初心者マジャール語習得の心得(?)など、つづっていこうと思っています。

尚、当ブログはハンガリー超初心者の視点から発言しておりますので、長年当地にお住まいの方には非常にいたらなく見えると思います。明らかな間違いなどは(出来ましたらやんわりと)ご指摘頂ければ幸いです。

では、なるべくマメに更新していくつもりですので、お暇な方はお付き合い頂ければ幸いです~。

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。