よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンヌ・ダルクの生家@フランス




某日本語ガイドブックに載ってない(*)観光地ご紹介シリーズ番外編。


「番外編」なのはハンガリーではなくフランスだから。


(*)手元にあるのは2001-2002版。最新版未確認。m(_ _)m
もし、載っているというようであれば、タイトル変更しますので、
ご一報ください。



それは、


じゃん。


ジャンヌ・ダルクの生家@フランス


え~?ジャンヌ・ダルクご存知ない?
自分もフランス来るまで殆ど知らなかったくせにえらそう。

ジャンヌ・ダルクは、
仏英の100年戦争の際、オルレアン解放に貢献し、
フランスを勝利に寄与したと言われる女性。
しかしながら、権力争いに翻弄され、
最終的に英軍の捕虜となり、
魔女と宣告されて、火あぶりとなってしまう、
聖女から一転して不幸な最後を遂げた女性です。
(しかも、この説明書くのに検索して調べました。コチラご参考。)

数年前に、リュック・ベッソン監督、ミラ・ジョヴォヴィッチ(サッカーの中田選手とうわさがあったりなかったりのあのヒト。)主演で映画化されたので、ご覧になった方もいらっしゃるかと。
コチラがその映画


そんなジャンヌ・ダルクの生家が、
ロレーヌの田舎に埋もれて、ひっそりと観光地になっています。

場所はDomrémy-la-Pucelle。(ドンレミ・ラ・ピュセル)
フランス東部・アールヌーボーの街・ナンシーから車で1時間ほどのところにあります。
公共の交通手段での行き方は分からないのですが、おそらく大変不便と思われます。

ジャンヌを愛してやまないアナタ、レンタカーでれっつGO。


今日は真面目一辺倒。
ほとんどオチのない観光紹介です。
そんな日もあります、ワタシにも。


続きを読む »

スポンサーサイト

カーフリーデー@ブダペスト



少し前の話で恐縮ですが、
9月22日はカー・フリー・デーでした。

カー・フリー・デーとは

「ヨーロッパを中心に、毎年9月22日に「カーフリーデー」という社会イベントが行われています。この日、街の中心部では、マイカーを使う代わりに公共交通機関・徒歩・自転車などによって人々は移動します。また、都市の交通・環境問題に関するシンポジウムや展示会が行われます。市民が交通や環境について考える一日となっています。」
参考;国土交通省のHP

だ、そうですよ。

えー、この部分↓ にご注目

「ヨーロッパを中心に」


Σ( ̄□ ̄/)/ エッ?


ヨーロッパに住んで数年たっておりますが、
このイベントの存在に全然気が付きませんでした。
去年の9月22日は、しっかり車で通勤しましたけど?
やってなかったのかな、フランス東部のあの町。


さておき、意外にもここブダペストでは、

カー・フリー・デーが開催されました!

おお、環境に優しいブダペスト


20050928221943.jpg
続きに出てきます、英雄広場。

続きを読む »

ドナウの真珠 検証その②



誰にも頼まれておりませんが、
ドナウの真珠、勝手に検証その②です。
(その①はコチラ

えーこれは、
「ドナウの真珠と呼ばれるブダペストってホントにそうなの?」
が趣旨となっております。(趣旨っていうほどのもの?)


前回の記事に、ドイツ在住の「はっちゃん」さんより

*********

「ドナウの真珠」ですが、確かくさり橋(でしたっけ?)の電球がドナウに映えてパールのネックレスのように見えるのも理由だったような…? うろ覚えですが…。

夜景、すごく綺麗ですのでぜひ一度行ってみて下さい♪

*********

という「ドナウの真珠の謎」解読に重要な手がかりを頂きました。
アリガトウゴザイマス。m(_ _)m


というワケで、今回は、この情報を元に、検証しました。

20050914133223.jpg
こちらは偶然蒼い昼間のドナウです。
最初に写真がないと寂しいので載せました。


続きを読む »

鍾乳洞その②



先日パール峡谷鍾乳洞についてご紹介しましたが、
(記事はコチラ
同じく某日本語ガイド載っているもうひとつの、

セムレー山鍾乳洞

について、簡単に。

このセムレー山鍾乳洞は
パール峡谷鍾乳洞からおそらく歩いて15分くらいのところにあります。

20050926150007.jpg
こちら入り口

写真撮り忘れましたが、入り口ホールにある、
ハンガリー内の鍾乳洞紹介コーナーがなかなか面白いです。
鍾乳洞内にある結晶の説明など、サンプルも置いてあり分かりやすいです。

鍾乳洞内へは、ガイドツアーのみ。
残念ながらガイドさんは、マジャール語オンリーですので、
受付で、英語の説明をもらっておきます。

さて、この鍾乳洞、
某英語ガイドブックには、パール峡谷鍾乳洞より美しいとありますし、
受付でもらったパンフレットには、

「ブダペストの、地下フラワーガーデン」

と書いてあります。出たよ、過剰形容


期待大


注)鍾乳洞独特のグロテスクな映像です~。
個人的には、見るだけでもぞぞぞっとします。
ぶつぶつなモノが苦手な方は、ここまでにして頂き、
どうぞ、また明日いらしてください。m(_ _)m



続きを読む »

一攫千金@ハンガリー



とはいえ、

ブダの鍾乳洞(カコ記事コチラ)に金鉱脈がある、とか、
美しき蒼きドナウにハプスブルグの財宝が沈んでいる、とか、
ロマンのある話でもありませんし、

また、

ハンガリー名物のパプリカパウダーを日本に輸出の会社起業、とか、
四虎市場(カコ記事コチラ)で華僑に負けずに店を出す、とか、
役に立つ堅実な話でもありません。


とはいえ、

誰でも、今すぐ、元金100円(から)で参加保証。


そんな一攫千金@ブダペストは、


ロ ト♪(Lottó)


あ?そんなことだと思われました?アイタタタ。

ええ、ワタシにご紹介出来る一攫千金なんてそんなものです。
ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ


以下、How toロトの買い方@ハンガリーです。
かなり細かいですが、興味のある方はどうぞ。


続きを読む »

期待に沿うレストラン@ブダペスト



某日本語ガイドブックにも紹介されている、

ブーシュロー・ユーハース・レストラン(Búsuló Juhász Étterem)に行ってきました。


ゲッレールトの丘中腹にあるこのレストランの最大の魅力は、

「すばらしい眺めとともにお食事」

です。

20050924174807.jpg



注)以下、やや長めになってしまいました。m(_ _)m



続きを読む »

比べてみよう、サランラップ



今までのワタシの記事を少し読んで頂くとすぐにお分かりになるかと思いますが、

ワタシ、ニホン盲目愛国者でもありませんし、
また、反ハンガリー・スパイでもなんでもございません。
どんな国でもいいところはありますし、悪いところもあります。

ハンガリー万歳、ニホン万歳。

偽善得意ですから。


でも、


これだけはやらせて頂きます。


サランラップ対決


ハンガリー VS ニホン



かーん。(試合開始の音。)



注)以前ハンガリー選手単独演技をしてもらいました。
先に読んで頂くといいかもしれません。
記事はコチラ。



続きを読む »

バブルなハンガリー



我々の住んでいるペスト側(*)のある地区は、
現在、市を挙げて大改造の進んでいる地区でして、
古い建物をがんがんぶっ壊し、新築キャンペーン(?)が繰り広げられています。

*ブダペストは、西側(王宮側)のブダと東側(国会議事堂側)のペストと2つの街があわさった街の名前です。

ハンガリー、とってもバブルなんですね~。

フランス辺りからは、どんどん工場が東欧に流れてますし。
ニホン企業も結構入ってますし。
いつまで続くか分かりませんけれどね。


我々の住んでるアパートも、新築ですし、お向かいは、

20050922225258.jpg
こんなですし。
(壊し中。1週間くらい前からこんな感じ。なぜ、さっさとやらぬ?)


以下、今日も小話です。


続きを読む »

マジャール語の進歩具合



ヒマそうにしているワタシですが、
一応、マジャール語(=ハンガリー語)の語学学校など行っておりまして、
先週から、第3レベルが始まりました。

まあ、第3レベルったって、アレです。

テレフォンセールスが掛かってきて、

「アローJó napot kívánok, Mit "#$%&'()IU(&TG%$E&#HE'#%"GE'"HR()), vagy('&%$##))(JDE''#($H, informátió '&%$#'()(' valamit &'&%$&()) ?」

と文字化けの合間に、わずかな単語が聞き取れて、
その1分くらいに渡ってまくし立てられるセールストークの後に、

「Nem beszélek magyarul(ハンガリー語話せないよーだ。)」

とがつーんと言ってやるくらいしか出来ません。
敵は、
「う、、、、、。Van valaki aki beszél magyarul?(誰かハンガリー語が出来るヒトいますか?)」
と尚もマジャール語で食い下がってくるのが常ですから、

「Nincs(誰もいないよーん。)」

と高らかに答えてあげることくらいは出来ます。

大抵の敵はこれで玉砕して、
「分かりました。さようなら」
と言ってくれますね。


第3レベルなのに、、、ワタシったら、、、、。

_| ̄|○ ガクーリ


以下、いつにも増して実のない話です。ネタキレタ?


続きを読む »

かぼちゃハンター@ブダペスト



ここブダペストの野菜事情について。

期待に反して一応、基本の野菜は手に入ります。

tomate.jpg
トマトはニホンと変わりないですし。

aubergine.jpg
味はナスなので、問題なし。

poivron.jpg
ニホンの緑の小さいピーマンはありませんが、
パプリカは、庶民の味方、ハンガリー野菜の救世主
もう、バナナの叩き売りも真っ青の安さで手に入ります。

*ミツカン酢スタンダード、好評でしたので、気をよくして再登場。
めざせ、大きさ比べの座獲得byミツカン酢。


他にも、にんじん、大根、白菜、レタス、きゅうり、玉ねぎ、ジャガイモ、キャベツ、ズッキーニなど、
普通のスーパーで夏の間は常時買えます。
(冬になると、野菜が激減するというウワサ。これから確かめます。)


が、


どこをどう探しても(というほど探していない。)、
野菜の王様(ワタシ定義)のかぼちゃが見当たらないのです。
もちろん、探しているのは、ほくほくおいしい西洋かぼちゃ

ご存知かもしれませんが、実は、

西洋には西洋かぼちゃが無い

のです。

(注)少なくともフランスおよびハンガリーでは一般には見かけません。
でも、ドイツではそっくりなのが売ってるらしい。ウラヤマシイ。
(コチラ、ドイツ在住のはっちゃんさんのブログ。)


誰だ、えらく紛らわしいネーミングつけたのは!
(ノ`△´)ノ キイッ


でも、落胆するのは早いです、そこのアナタ。(誰?)


続きを読む »

鍾乳洞@ブダペスト



僭越ながら、
ガイドブックに小さく載ってるところを大きく紹介してみます。

それは、

鍾乳洞@ブダペスト

です。

既に、王宮地下迷路洞窟教会地下めいたものをご紹介してきましたが、
何もワタシのあやしい趣味というワケではありません。(ホントよ。)

というのも、ブダペストのブダ側(*)の石灰岩質の地形のため、
ブダペストには洞窟がいくつかあるのです。
(*)ブダペストは、ブダ(西側=王宮側)とペスト(東側=国会議事堂側)という二つの街が合わさった街の名前です。

で、そのうち、某日本語ガイドブックにも小さく紹介されている
鍾乳洞は下記の二つ。

セムレー山鍾乳洞
パール峡谷鍾乳洞

まずは、パール峡谷鍾乳洞に行ってみました。

(ちなみに、ブダだけでなく、ハンガリー内、いくつか洞窟あるようです。)

20050919154951.jpg
コチラにチケット売り場あり。

20050919155004.jpg
コチラ、洞窟への入り口~。ドロドロドロ~。

注)以下、ただの鍾乳洞ですが、ややグロテスクな映像ありです。



続きを読む »

目を引く広告@ブダペスト


ここブダペストも、都市の多分にもれず、広告の洪水です。

うざったいと言えばそうなのですが、
ブログを始めた今は、格好のネタ探しの場所となりました。

ちょっと見方を変えるだけで、広告さえありがたく見えるこのマジック。
不思議です。


さて、
少なくとも、我ら夫婦の目をがっちり引いた広告をひとつご紹介。

まずは、その一部をどうぞ。

20050918224924.jpg


いや~、どう見ても、アノ映画に見えますけど?
コチラ。DVDレンタルのサイトですが、今のところ(?)なんのアフィリエイトにもなっていませんからお気楽にどうぞ。)


ねえ?そう思いませんか?


で、なんの広告だと思いますか、コレ?


当たったら、すごいです。
その想像力に乾杯♪

続きを読む »

土産くらべ



ここはブダペストのブログですが、
ネタがつきた時には
たまには目先を変えるのもいいかもしれないと、
独断で、時々関係ないネタを入れされて頂いています。

多分明日からは、ハンガリーネタに戻りますので、
そちらを目当てにいらした方は、
お手数ですが、また明日以降いらしてくださいませ。
m(_ _)m

(とはいえ、ハンガリーネタも、生活にも観光にも全くお役に立ちませんし、読んでほのぼの、、するわけでもありませんが、宜しければまた是非お寄り下さい。)


さて、
vivnyancoさんのジャスミンティーの記事を拝見していて思い出しました、

せっかく買ったのに、

全然飲んでいないお土産のお茶たちを。

旅の盛り上がり気分のまま買ってしまった、

20050916231148.jpg
お茶たちを。

先ほどのブログのvivnyancoさんもおっしゃっています、

「やはりその土地ではその土地のお茶を飲みたいもの」と。

ええええ、分かってます。
食べ物の飲み物も、「その土地で頂くのが一番おいしい。」ということは。

でも、買っちゃうんですねえ~。
持って帰っちゃうんですね~。

で、飲まないんですね~、これが。
朝はコーヒーだし。
午後だって優雅にお茶するより、待ちきれないから水飲んじゃうし。

そして、あんなに貯まってしまいました。
(しかも全部未開封)

なにが哀しいかって、

未開封のまま、消費期限切れてた

のを発見した時ですよ。

ちなみに、今回確認しまして、
このうち消費期限が切れていないのは、

20050916231200.jpg
わずか、これだけでした。(うち、ひとつは、今月で切れます。)

あ~あ~。もったいない~。
食べ物を大事にしないといけませんよねえ。

まあ、お茶ですからね、期限切れたって、
味が少し落ちる程度で飲めますからね、飲んじゃいますよ。
全然余裕。
我々消費期限に対して、

とっても寛大ですから♪

どのくらい寛容かは、皆さまお引きになるといけないので、内 緒
ちなみに貴重な日本食さまなどは、もう、
VIP扱いの寛容でお迎えしております。


食べ物は大事にしましょうね♪

ワタシに言われたくはないと思いますが。

*生ものにつきましては、厳しく取り締まっておりますから、ご心配なく。
**食べ物以上に体も大切です。期限切れあんこ食べて熱出してお腹壊した友人おりますから、皆さまも十分ご注意を。



さて、
お茶撮影などしておりましたら、
「この際、他のお土産も、デビューさせてやりたい」
(=見せびらかして自慢したい。)という邪心がむくむくと。

お暇で「見てやるか」と思われた方は、宜しければお付き合いください。


続きを読む »

ワイン・フェア@ブダペスト


そろそろワイン・フェアの季節です。

といっても、スーパーワイン・フェアのことです。
要は、バレンタインとかクリスマスとか、お歳暮(こちらにはないのだが)とか、なんの行事もない時期に、スーパーのイベントスペースを盛り上げるため開催される、商魂ぎっちりの、

お買い得セール的なアレです。

スーパー入ってすぐにダダーンと繰り広げられていて、
もう、

「買わなきゃ、今買わなきゃ、絶対買わなきゃ。」

と呪文にかけられたかのように買いに走ってしまう、
という魔の空間なアレです。

まあ、怖い。(え?ワタシだけ?)

特に9月のワインフェアは、ブドウの収穫が終わる頃で、
「ああ、ワインの時期ね~♪」
なんて思うのですが、

ちょっと考えますと、
ワインは、ブドウ収穫直後に出来るワケではない(*)でしょうから、
売り場にあるのは、当然、昨年以前に収穫されたものでしょうから、

単に、

まんまと商戦に乗せられて

いるだけだったりします。

だって、年3回(**)くらいあるのです、このフェア。
ワインの時期もへったくれもございませんでしょう、多分。

*たまーに、その年のブドウから出来る「新酒」がワイン産地の地方のスーパーには出ていたりします。(9月)
これ、ジュースみたいですが、結構おいしい。

**少なくともフランスでは。ハンガリーでは未確認。


なんていいつつ、いつもあっさり踊らされてしまう我らなのです。

でも、いいんです。(開き直り)

安いものから高いものまで、
いつもの倍以上の種類のワインが大量に売り出されるので、
お買い得には間違いない、と信じて買うと、

スーパーのワインフェアさえ楽しくなるからまあ不思議。

お試しあれ。


さて、そんな我々、
ブダペストで初めてのワイン・フェアに出くわしました。


おおお。
20050915210407.jpg
BOR VáSáR = ワイン・フェア


続きを読む »

ゲッレールトの丘から眺めるドナウの真珠



昨日ご紹介の洞窟教会の(記事はコチラ)裏山をどんどん登ると
(って15分程度です。)、
*人が少ない夜間や冬場は避けよう、とガイドブックに書いてあります。

途中、
slide.jpg
きゃーきゃー子どもがわめいている遊んでいる
滑り台コーナーなどあったりしますが、
誘惑に負けずにどんどん登り続けると、

ゲッレールトの丘の頂上にたどり着きます。

丘にそびえ立つ自由の象徴の像。
20050914133258.jpg
青空に映えて美しい。
あふれる躍動感

この頂上には、
20050914133055.jpg
ツィタデッラ(=シタデル=要塞)もあったりしますが、
今回は中に入らず。m(_ _)m

さて、今回の目的は、
ここから眺めるブダペストの風景

なんたって、この風景が、
例の人々をして
「ブダペストはドナウの真珠」
と言わしめているソレらしいんですよ。
by某日本語ガイドブック

そりゃー聞き捨てなりません。
by勝手に小さな親善大使きち

誰にも頼まれていないし、大きなお世話ながら、

勝手に検証。


続きを読む »

洞窟教会@ブダペスト



ご好評?

ガイドブックに載っていないブダペスト・シリーズ第2弾。
第一弾は中華市場。
*某日本語(バックパッカー向き)ガイドブックには載っていないです。
某英語のガイドブックには載っています。


でも、今日はすごくまとも。

それはコチラ。
20050913185005.jpg

ゲッレールトの丘の南側麓にある、洞窟教会

いや~、なんかとってもそそられる外見じゃないですか?

さあ、見た目に騙されてしまうヒト、集まれ♪

続きを読む »

電球チェッカー



電球が切れて、新しい電球を買ってきて、取替えて、
さあ、点けよう♪

ぱちっ。

、、、、、、。


真っ暗。


なんて経験はありませんか?


私はあります@フランス。
すぐに店に帰って文句言うには遠すぎた距離だったので、
泣く泣くあきらめました。
(省エネ電球とかなんとかで、高かったのに、ったく。)


なんと、
そーんな悩みを一気に解決な装置を、
まさかのブダペストで発見!

コチラ。
20050912073439.jpg
電球チェッカー(?)

*もし、これならニホンでもあるよ♪でしたら、大変すみません。
以下、記事読むまでもありません。m(_ _)m。



続きを読む »

ローズヒップ追加情報と、、、。



先日のローズヒップの追加情報です。

たまには、かわいい(?)記事も書かないと。(汗)

前回はローズヒップ・ジャムをブダペストに発見!、という話でしたが、
記事はコチラ御参照

20050910213915.jpg

続きを読む »

アジアなお食事処@ブダペスト



さて、中華市場の話の続きです。

この記事中の中華市場とはブダペストにある、
殆どの部分が中国人によって運営される、巨大市場のことです。

コチラ昨日の記事

既に門からして、中国オーラで、異彩を放つこの四虎市場
20050908175907.jpg


でも、もっとも「アジアン」な部分は、市場の最も奥に潜んでいるのです。

さて、それは、コチラ。
20050909122928.jpg


屋台食堂。


以下、長めです。
また、ほんの少しお食事中の方にはそぐわない内容が含まれていますので、ご注意を。

*実はワタシ、中国は、成都と西蔵しか訪れたことがありません。
よって、ワタシの中の「中国のイメージ」は半分は畏敬の念(?)による妄想です。
m(_ _)m 



続きを読む »

中華市場@ブダペスト



今日は、ガイドブックには載っていないのが非常に不思議な、

ディープなブタペストをご紹介しましょう。

それは、コチラ。
gate.jpg


続きを読む »

有言実行@ブダペスト



注;本日の記事は、
お食事前、最中、直後、および、想像力豊かな方は、
お避け頂くとよろしいかと、、、。


で、また明日以降にどうぞいらしてくださいませ。
m(_ _)m



そんな今日の話題は、コチラ ↓。

20050907181517.jpg


続きを読む »

ハンガリー高級磁器ブランド



ハンガリーには世界的に有名な磁器ブランドが2つあります。


さあさあ、皆様、ご存知ですか?(挑発的?)


ヒント。「へ」「ジョ」で始まる名前。
(このヒントで分かったらスゴイ。)

これが、「へ」の方。
20050906223710.jpg



続きを読む »

コレは何のジャムでしょう。



先日のクロアチアの道中、こんなジャムに遭遇しました。

20050905232608.jpg

さて、これは何のジャムでしょう。


( ̄□ ̄;)エエッ?そんな即答しないで、ちょっとは悩んだフリして下さいよ。




続きを読む »

コイン洗車@ブダペスト



オトナになって初めて気がついたんですけれどね、
車っていうのは、自分で洗車しないと綺麗にならない、ものなんですねえ。

だって、実家の車はいつ乗っても、新車なみのぴかぴかさだったんですよ。
「ああ、そういえば父が毎週掃除していたなあ。」と、今頃父のマメさに気づいたり。

でもね、

はっきり言って、不可能ですよ、ココで車をぴかぴかに保っておくのは。

だって、

ドナウの真珠ブダペストは、ホコリだらけですからねえ。あ、言っちゃった。

自分たちがナマケモノのせいでもある。

とりわけ、オットの通勤路、一週間も走れば、
メタリック・シルバーが、ただのねずみ色になります。


さて、そんな時は、ブダペストでもコイン洗車場

続きを読む »

くさり橋のライオンの後ろ脚



スイスの種のkaoriffyさんにご依頼(?)頂いた、

「くさり橋のライオンの後ろ脚がおかしいのではないか。」
について確認して参りました。

まず、くさり橋とは、
1849年に完成した、ドナウ川に掛けられた最初の橋
ブダペスト最大の観光地のひとつ王宮に行くのに通る橋ですが、
橋自体も、見どころの一つとなっています。

20050902152131.jpg


くさり橋はマジャール語(ハンガリー語)で
Széchenyi Lánchíd (セーチェニ ランツヒードゥ)

セーチェニは、橋建設提唱者のセーチェニ伯爵の名前
ランツは、鎖
ヒードゥは、橋
(たまには役に立ちそうなことも書かないと。)

英語では、Chain Bridge(チェーンブリッジ)と言います。
(そのまんまだって。)

続きを読む »

ブダペストで美容院・その②



昨日ブダペストで2回目の「散髪」してきました。

(初めての「散髪」の記事はコチラ

何気にちょっと面倒な、海外での「散髪」
とはいえ、髪がある限り行かずにほって置くワケにもいかないし、
いつかは行かねばなりません。

とはいえ、伸ばして、束ねて、ほっておく、という裏ワザもあり。

そんな、海外で「髪切るかな~」と思った時、に心に浮かぶ心配は主に3つ
(もちろん国によりけりで、心配ない国もあると思います。イイナ。)


----以下やや長めです。----


続きを読む »

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。