よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンヌ・ダルクの生家@フランス




某日本語ガイドブックに載ってない(*)観光地ご紹介シリーズ番外編。


「番外編」なのはハンガリーではなくフランスだから。


(*)手元にあるのは2001-2002版。最新版未確認。m(_ _)m
もし、載っているというようであれば、タイトル変更しますので、
ご一報ください。



それは、


じゃん。


ジャンヌ・ダルクの生家@フランス


え~?ジャンヌ・ダルクご存知ない?
自分もフランス来るまで殆ど知らなかったくせにえらそう。

ジャンヌ・ダルクは、
仏英の100年戦争の際、オルレアン解放に貢献し、
フランスを勝利に寄与したと言われる女性。
しかしながら、権力争いに翻弄され、
最終的に英軍の捕虜となり、
魔女と宣告されて、火あぶりとなってしまう、
聖女から一転して不幸な最後を遂げた女性です。
(しかも、この説明書くのに検索して調べました。コチラご参考。)

数年前に、リュック・ベッソン監督、ミラ・ジョヴォヴィッチ(サッカーの中田選手とうわさがあったりなかったりのあのヒト。)主演で映画化されたので、ご覧になった方もいらっしゃるかと。
コチラがその映画


そんなジャンヌ・ダルクの生家が、
ロレーヌの田舎に埋もれて、ひっそりと観光地になっています。

場所はDomrémy-la-Pucelle。(ドンレミ・ラ・ピュセル)
フランス東部・アールヌーボーの街・ナンシーから車で1時間ほどのところにあります。
公共の交通手段での行き方は分からないのですが、おそらく大変不便と思われます。

ジャンヌを愛してやまないアナタ、レンタカーでれっつGO。


今日は真面目一辺倒。
ほとんどオチのない観光紹介です。
そんな日もあります、ワタシにも。


続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。