よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(注;ホラー気味)葬儀博物館@ブダペスト 



ガイドブックに載っていない観光紹介シリーズ・その④

葬儀博物館@ブダペスト 

(その①中華市場はコチラ、その②洞窟教会はコチラ、その③空港チャペルはコチラ

今日は、ワタシなりにはホラー系です。

苦手な方。ゴメンナサイ。m(_ _)m
いつもは、極めて「さわやか」ブログですから、
どうぞ明日以降またいらしてくださいませ。



さて、無知なワタクシ
ヴァンパイア(吸血鬼)は、ルーマニアさんの専売特許かと思っていました
が、どうやら、

ハンガリーにもドラキュラのモデルとなった人物が存在した!

ということが、yukimomo日記のIhokoさんのコメントで判明。
アリガトウIhokoさん。

その人物とは、エリザベート・バートリー夫人
(1560~1614)。

小説「吸血鬼カーミラ」のモデルにもなったこの女性。

彼女は、ハンガリーのトランシルヴァニア地方にある名門のバートリー家に生まれ、
15歳のときにハンガリーの名家であるナダスディ家のフェレンツと結婚。
戦争に出かけるため留守の多い夫。
退屈な結婚生活が彼女を変えてしまったのでしょうか。

ふとしたきっかけで、侍女を虐待。その返り血を浴びた自分の手の部分につやが出たと思い込み、その時から彼女の血を求める生活が。

エリザベートが44歳のときに夫フェレンツが亡くなり、彼女の残虐行為は一気に加速。
600人以上の若い娘から血をしぼりとったと言われているそうです。

最終的に、彼女は捕まり、食物や水を渡すための小さな窓以外の、全ての窓がふさがれた地下室で、3年半生き続けた後、1614年に54歳で亡くなったそうです。
参考、コチラ。)


うひゃー、怖い怖い怖い。

自分で書いていて恐ろしくなってしまいました。
しかも、今日ひとりです、ワタシ。


ガチャッ。



Σ(;゜▽゜)ギクッ!



なんだ、、、洗った食器が崩れただけか。。。



ウフフフフフッ。



ヽ(゚Д゚;)ノ!! うひゃ~~~



あ、、、外にヒトがいるだけか。


ああ、とっとと書きます。
というワケで、吸血鬼にちなみ(?)
葬儀博物館@ブダペスト へ れっつGO。


*そんなに怖くはないですけれど、やっぱり不気味です。
怖いの苦手な方は、夜中に見るのはお勧めしません。



続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。