よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

張り紙はやっぱり読もう



今日は、ほんのうちわ小話です。

ハンガリーの言葉は、マジャール語といいます。
やけに難解な言語です。
ワタシ、一応マジャール語の学校に行っています。
が、まだまだまだなレベルです。

例えば、
20051107181208.jpg
こんな張り紙がエレベーターに貼ってあっても、分かりません。

今までに2回ありましたが、1回目は会社の人に聞いてもらい、
2回目は、なんとなく大丈夫だ、というオーラを感じ取り、無視。

が、無視はいかんよ、無視は、と思う小話が。


御近所の、オットの同僚さん(日本人)、
車お持ちなのに、今週から他の同僚さんの車に乗せてもらって会社に来ているらしい。

なぜかというと、
ある日朝会社に行こうと思ったら、
地下駐車場の出入り口がふさがれて出られない。

はっと回りを見たら、自分といつも動かない車が一台こっきり
後は、全員出払ってらっしゃった。

「やばい、閉じ込められた。」・・・・Σ( ̄□ ̄/)/

20051107175939.jpg
*注;これはイメージ画像です。

どうやら、しばらく前にエレベーターの中に張り紙があったらしいのですが、
分からないから無視した、とのこと。

おそらく、
「XX日からXX日まで、工事があるので、車出せなくなるよ、だから外に駐車してね♪」
という内容だったと思われます。
つまり、その部分の工事終了まで車使用不可、ということですね。
あちゃー。お気の毒。
(基本的に車通勤なので、車ないととても不便。)

あ、皆さん、
「自分の駐車場が使えなくなるなんて、ひどいじゃないか。」
と思われました?
ちちちっ、ここはブダペスト、
そんなまともな反応しても、かなりの確率で無駄なのざます。
なので、いかに面倒な事態を避けるかを考えた方が、
精神衛生上良いのです、たぶんね。

さて、Kさんの車軟禁、いつまで続くかよく分からない、とのこと。
ということで、とてもご近所なので見に行ってみました
ストーカーじゃないですよ、どちらかってと・・・・・野次馬?
(あ、言っちゃった。)

20051107175549.jpg
ほほー、確かに工事中ですね~。

20051107175915.jpg
どれどれ日にち確認してあげましょう。(←ものすごい大きなお世話)

20051107175925.jpg
なになに、9月28日から12月15日まで?

Σ( ̄□ ̄/)/

Kさんご愁傷様でございます。m(_ _)m
(断じて、ネタだうしし、なんて思っておりません、断じて!)


ああ、こんな時、あのヒトがいたら・・・・・・。

ほら、あのヒトよ・・・・・。

駄目駄目、あのカタ、今、

20051107180415.jpg
オフで温泉ですから♪

20051107180805.jpg
パパラッチbyきち@ゲッレールト温泉 (についての記事はすぐ下かコチラ。)
つまらんギャグでスミマセン。どうしてもこの写真使いたくて。m(_ _)m

ということで、正義の味方は当てにせず、自分の身は自分で!
気をつけよう!!としみじみ思った一件でした。

*とはいえ、10月中は大丈夫だったみたいですから、
12月15日までということはないと思います。
いつものようにネタですので、大げさです。m(_ _)m



ちなみに、地下駐車場のサンプル写真は、うちの地下なんですが、
この写真撮る時、誰もいないことを確認してささっとすませよう、と思いました。
で、パチリとやったら、
20051107182834.jpg
ヽ(゚Д゚;)ノ ウヒャア!!! 何か写っちゃった・・・・?



20051107180814.jpg
じゃなくて、誰かでした。

でも、こんな地下の駐車場撮るなんて、
とってもとっても怪しいヒト、と思われる?アワワ。
とはいえ、そのまま逃げるともっと怪しいので、
もう一枚撮って、悠然と退散しました、とさ。

こんなネタばかりを世界に発信(←大げさだ)してよいのかと、
若干不安がよぎる今日この頃。
なのに順位が~っ!!!本当に、アリガトウゴザイマス。でもいいんですの?
人気blogランキングへ
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


スポンサーサイト

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。