よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしゃれなIKEA



ヨーロッパで非常に売れている(と思う)家具屋、IKEA。
スウェーデンの企業です。フィンランドのノキアといい、優秀ですね、北欧の企業。

さて、IKEA、ここ、ブダペストでも、爆発的に売れてます。

どのくら爆発的か、といいますと、
我々、ブダペストで家探しをしていた時、30軒近くアパート見たのですが、
新しいアパートの、ほぼ、95%はIKEA製家具で統一されていた
と言っても過言ではありませんでした。
(いや、ちょっと大げさだな。)

照明も、たんすも、ベットも、いすも、テーブルも、WC器も(あ、これはウソ)、IKEA.
あたかも、「IKEA製で統一するのが、アパート経営の鍵ですよ、ダンナ。」
どこかで教えているのではないかと、疑いたくなりました。


というワケで、そんな「もっともホットな店」IKEAに行ってみました。

20051201215952.jpg
週末はすごいヒト。


IKEAの家具は、シンプル、機能的、オシャレ(好みによります。)で、
それなのに、思ったより高くない、ところが、いいな、と思います。
(*ブダペストのIKEAはこちらの生活水準からすると、高めになると思いますが。)


そして、何よりのポイントは、

20051201220819.jpg
あたかも、他人の家を覗き込むような錯覚におちいる、ディスプレー。
「これを参考に、スタイリッシュな家に仕立て上げるわ♪」
という意欲をかきたてるディスプレー。
(そして、購買欲をかきたてるのよ♪)


さて、我々フランスでもIKEAにお世話になったのですが、
おフランスIKEAと、ハンガリーIKEAの微妙な違いを発見しました。


この写真はハンガリーのものですが、フランスのIKEAは、例えば、

20051201220116.jpg
こんな感じに、非常にスキなく、


20051201220128.jpg
完璧な感じです。さすがおフランス~という感じでした。
(*これらは、ブダペストのIKEAの写真です。)


さて一方、

ハンガリーIKEAは、「他人の家」というよりも「マイホーム」

20051201220046.jpg
従業員寝泊りしてる?まるで、ワタシのベット。

20051201221120.jpg
ここまで詰込む必要がどこに?コンセプトはリアリティー。

これら家具を自分の家に置いた様子がしっかりイメージ出来ますね。
まあ、素晴らしい!


さらに、今流行のアジア風を

20051201220006.jpg
ハンガリー風にアレンジ、という前衛的スタイルにも意欲的に挑戦。


20051201220019.jpg
こそこそ。正座できないんだろうねえ。
おわんが皿に乗ってるねえ。 
学は上下逆さになってない、よし。

 ↑ 大きなお世話なアジア人気取り(アジア人だけど)の突っ込み。


また、ちなみに、こんなのもありました。

20051201220140.jpg
コンセプトは。(注。英語にしないこと。)
この組み合わせで、ご自宅に如何?
(よく分からない良き奥さま、いつものようにスルーして下さいませ。)


これで終わるのもなんなので、

20051201220034.jpg
ゲロゲログウェッ。

ちなみに、IKEAの特徴のひとつとして、

20051201221649.jpg
この在庫倉庫のような所から、自分でひっぱりだして、運んで持って帰る、というのがあります。
ウチのオットのように、ぎっくり腰気味のヒトは、非常に注意が必要です。

ちょっとつめが甘いかしら?
でも、採点も甘くして頂いて、ぽちりとおひとつお願いしますよ~。
ブログランキングへ。

8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif
スポンサーサイト

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。