よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あのアンデスのヒトたち



皆さん、どこかで一度は出会ったことありませんか?
街角で、アンデスの格好して、アンデスの曲を演奏している、
4ー5人組みのアンデス風なグループ。
うちひとりは、CD販売担当のこと多し。
大概は「コンドルは飛んでいく」を演奏している。

ほら、一度はお聞きになったことあるでしょう!

ちゃらららちゃらららら~、らら~ら~、ら~ら~ら~

って、なつかしげで、飄々としたあの曲ですよ。
(イメージ沸かない方はコチラでどぞ。)

ワタシは、ニホンの実家でも、フランスでも、ドイツでも、クロアチアでも見たことあります。
しかも、「まさか、同じヒトたちじゃ?」、と思うくらい、
いつもいつも同様の雰囲気をかもし出しています。

ただ、場所に関係なく、時がたつにつれて、だんだんと変化が。
むかーし、ニホンで見た時は、生の楽器で、素朴に演奏していたような気がするのですが、
次第に、CDラジカセがお供になり、スピーカーを手に入れたりとパワーアップ

そんな彼ら、ブダペストでももちろん見かけるのですが、

今日は、こんな感じでした。
20051203235121.jpg
スタンディングマイクにスピーカーに照明

これじゃあ、

大道芸というより、プロのステージ?

しょば代はらっとるんやろな?byハンガリー・マフィア。

アンデスにも近代化の波が、すっかり届いているようです。

しかも、今日は、クリスマスに合わせてか、やけにノリノリな曲でした。
20051203235107.jpg

アンデスも、どんどん変わっているんですね。

ちなみに、あまりのに「オレ達儲かってるぜ」オーラが出ていたためか、
お金入れていくヒトは少なかったです。
財布のヒモを緩めるには、微妙な作戦も必要ですね。(成功例

アンデス風グループ見たことあるかたも、ない方も、是非ぽちっとブログランキングへ。
素敵ヨーロッパ都市ブログはやっぱり強いので、ひそかに、方向転換しようかと思ったり。(ウソ)

8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif

スポンサーサイト

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。