よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスツリー設置はこのように



このブログを少し読んで頂いた方は、きっとこう思ってらっしゃることでしょう。

この作者は、何事も斜に見てかわいげがない、と。

あらいやだ、誤解でございますことよ。
少なくとも、クリスマス、素直に喜ぶかわいいツマでございます。
雪はきらいだから、ホワイトクリスマスには興味ないけどね。

というワケで、12月に入るとわが家にはりきってクリスマスツリーが登場です。
せっかく素敵ヨーロッパにいるのですから、
もちろん、生のもみの木で。

こればっかりは、掃除があまり好きではないワタシでも、
葉っぱが落ちようとも、文句ひとついいませんことよ。

というワケで、本日は、オチ無しですが、

クリスマスツリーの出来るまでを、逆送りでどうぞ。


じゃ~ん。
20051205224709.jpg
できあがり~。
青+シルバーバージョンは好きなのですが、写真にすると地味なのが寂しい。


20051205224728.jpg
あと一歩。


20051205230154.jpg
ひものみ。


20051205224742.jpg
まずは、電気。


20051205224802.jpg
これが木。


20051205224826.jpg
こんなネットに入った状態で、


20051205224841.jpg
お店から買ってきます。


20051205224857.jpg
これが台座。


ちなみに、高さ2mくらいあるこの木、フランスで買ったときは、4000円近くしたのですが、
ここブダペストでは、同じ種類のもみの木(のはず)なのに、わずか、1700円!安い!

いや~、たまにはいいこと(←庶民規模)あるじゃーん。

あの台座が2900円もしたから結局同じなのだが。

ちなみに、大きさ比べのため、ミツカン酢しのびこませました。
お暇な人は、もう一度上に戻ってミツカン酢を探してくださいませ。
(そろそろミツカンさんから、「お礼にミツカン酢一年分」というお申し出頂いてもいいかしら。)

ミツカン酢見つけた方は、是非、その喜びをクリックで表現くださいませ。
あ、見つからない方も、全然問題ありませんから、是非クリックを♪
ブログランキングへ。

8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif

スポンサーサイト

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。