よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンガリー農業博物館



皆さま、とても沢山のとても暖かいコメント本当にどうもありがとうございました。m(_ _)m
もう、涙なしには読めませんでした。
しまったわ、あの記事にランキングボタン、置くんだったわ。

これからも、ひっそりこっそり、当たり障りのないブログを目指して精進したいと思います。

でも、ワタクシ、残念ながら、ウルトラマンでもスパイダーマンでもキャッツアイ
(図々しいぞワタシ)でもございませんから、
もし、「あ、あの人に違いない」と思われた方、宜しければ、
町ですれ違った際にでもお気軽に声を掛けてくださいませ。

そんなワケで、今日は、久しぶりに観光紹介です。
しかも、なんだか、超マイナーな響き、

ハンガリー農業博物館。

あらいやだ、誰が行く?なんておっしゃらず。
この農業博物館、建物だけでも、一見の価値ありなのです。

20051210233702.jpg
ほら、寄せ集めのお城みたいでしょう?

しかも、前に登場して頂いたことのある、素敵な像たちの、

20051210233716.jpg
この方とか(記事はコチラ

20051210233726.jpg
この方なども、(記事はコチラ

ここの博物館目指すともれなくご覧頂けます。

しかも、この博物館ったら、

入場無料。 奥さんまあ大変!

ただし、カメラ撮影には一台500フォリントです。
払うことないかも、あまり撮るものないですし。

この博物館どちらかと言うと、小中学生の社会科見学にお勧め、で、
日本からいらした日本人の方が見て興味深いかは、正直あやしいですので、
ほんのさわりだけご紹介します。


まず一階、共産主義時代の、農業の様子などが説明してありまして、

20051210233753.jpg
きらりと光る白い歯。


20051210233740.jpg
さあお嬢さん、トラクターに乗らないかい?
(意訳)

なんて、プロパガンダぷんぷん?な、さわやか過ぎるポスターなどがあったりします。

さて、2階に行きますと、もう少し身近な農業の様子などが展示されています。

ハンガリーは実ははちみつが特産だったりするのですが、

20051210233806.jpg
その様子の模型とか、


20051210233820.jpg
はち塚(?造語です。)とかもありますし、


20051210233902.jpg
わら人形もあったり♪
(注;はちみつとは無関係。ワタシの深層心理とも無関係。)


さらに、剥製コーナーもありまして、

20051210233837.jpg
もう展示というより、ツノ倉庫。


20051210233931.jpg
なんかK●Kあたりの儀式でもはじまりそうです。


さらに地下におりますと、ハンガリーワインの歴史が垣間見られます。

20051210233851.jpg
貸切りでどぞ。


生まれて初めてみたのですが、

20051210233915.jpg
ブドウのホルマリン漬けなんかもあります。
ブドウさえもおどろおどろしく見せる、ホルマリン・マジックを是非。

という、非常にまとまりのない、あらゆる方面を網羅する興味深い博物館でございます。

無料なので是非。


誰です?立ち直りが早すぎる、ネタだったのか?なんておっしゃるのは?
いやですわ、この慎ましい記事ぶりを見てくださいよ。ねえ?
てことで、3日ぶりに、是非クリックを~!ブログランキングへ。

8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


♪ハンガリー農業博物館♪
英雄広場裏右手方面に300mほど。
入場料;無料(2005年12月現在)
写真撮影;500フォリント
休館日;月曜日

スポンサーサイト

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。