よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きなカブ



むかーしむかし、あるところに、おじーさんとおばーさんがいました。

ある日、おじーさんは、カブを植えました。

「大きくなーれ」

20060209071055.jpg
へい。


「大きくなーれ。」

20060209071101.jpg
ほい。


「大きく大きくなーれ。」

20060209071109.jpg
てやんでい。

と言いながら・・・・。

で、始まる「大きなカブ」のお話ご存知ですか?(覚えてますか?)
これって、ロシア民話だったんですねー。
知りませんでした。

だって、カブってなんだかニホンの野菜っぽくありませんか?
とはいえ、そういえば、フランスでも、ハンガリーでも割りと簡単に手に入るな。
と思って調べてみると、(この野菜図鑑よく出来てます。)

ええっ?蕪って、アフガニスタンあたりか、地中海沿岸の南ヨーロッパあたりが原産なの!
そりゃー失礼しました。m(_ _)m


というワケで、冒頭の写真のカブに戻りますが、
ブダペストで買ったカブなんですけどね、
こちらで今まで見かけたカブは、2種類ありまして、

① 子どもの握りこぶしくらいのいわゆる普通の白いカブ
(関東海側人から見てです。)



② 冒頭の写真のカブがありました。赤白両方ありです。

20060209071047.jpg
ちょっとカブさん、大きくないですか?


で、この②の方のカブは・・・・・
ニホンかぼちゃ(カコ記事こちら)に続く
摩訶不思議ネーミング第2弾@ハンガリー


じゃん



20060209071040.jpg
その名も、ニホンかぶ~


ぶーぶーぶーこんな大きいカブ見たことなーい。
by 関東海側出身のワタシおよび関東海なし県出身(←あ、差別用語?)のオット。

でも、そういえば、このvivnyancoさんの記事によると、
どうやらニホンにもあるらしい?
その名も、

聖護院かぶ

ヨコですが、読めますか、この漢字?
どうやら、しょうごいんかぶって読むらしいです。(そのまんま?)


それで、さきほどの野菜図鑑見て頂くと非常に分かりやすくかいてありますが、

西日本側は殆ど、大きなカブなの?!?Σ( ̄□ ̄/)/

そして、それを「ニホン型」って呼ぶの?Σ( ̄□ ̄/)/
で、東ニホンで食べられてる小型版は西洋型なの?!?!Σ( ̄□ ̄/)/

つまり、ハンガリーのネーミングは

真に正しい?Σ( ̄□ ̄/)/

ひえええええええ、カルチャーショックぅぅぅぅぅ。
よかった、偉そうに、ハンガリー人にうんちくたれなくて。
よく考えたら、大好物だったべったら漬けもカブだったのね~~。

なんか、_| ̄|○ ガクーリ

今日もひとつオトナになったわ。
でも、この記事、こんなオチになるとは思ってなかったです。
(書きながら調べたもので。)
ハンガリーを笑ってもらおうと思ったのに、自分のアホさを披露してしまった。
嗚呼、はずかし。(←なんてあまり思ってない。

たかがカブ、されどカブ。カブで記事書いてしまいました。
そんな記事でも宜しければ、ポチりと押していって下さいませ。
ブログランキングへ

8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif

んまあ、ランキングが!!m(_ _)m アリガトウゴザイマス。

スポンサーサイト

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。