よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフェへのいざない NO.1



今日は、「女性の日」でした。
ハンガリーでは結構盛んなようで(オットの会社のみか?)、
会社中の女性にカーネーションが贈られたそう。

・・・・だから、何?って感じの日なんですが。


さて、このブログのここ最近の内容ったら・・・・
「観光案内」からずざざ~っと、1万光年くらい遠ざかっていて、ちょっと心痛めてます。
ま、ブダペスト「生活記」だからいいのでしょうけど、
所詮、ブログだから私の権限で(?)何を書いてもいいんでしょうけど、
(ほんとは、全然気にしていない。)

というワケで、最近外食してないし、ケーキ食べてないし、
とりあえず、目の保養のために、(結局は自己満足のため?)

お洒落カフェへのいざない@ブダペスト ~NO.1~

記念すべきこのコーナー(忘れなかったらNO.2やります。)のNO.1を飾るのは、

そりゃ、文句なく、

老舗カフェ・ジェルボー

ブタペストの銀座通りと称されるヴァーチ通りの突き当たりにある
ヴェレシュマルティ広場に面し、ひときわ目立つ、白亜の壁が眩しいゴージャスな建物。

それが、カフェ・ジェルボー

ジェルボーのサイトによりますと、このカフェは、Henrik Kuglerによって、1858年に創業、
Emil Gerbeaud(多分フランス人)に引き継がれ、今日に至るまで、
ブダペスト、いや、世界中に(・・・・・HPによると)、その名をはせてきました。

1997年には改装され、過去の華やかな時代へのノスタルジーそのままにグレードアップ。
豪華な漆喰をあしらい、輝くようなシャンデリア、大理石のテーブル、
美しい木の内装、壁は豪華な錦で覆われて、
豊かな伝統をそのままに快適な雰囲気をかもし出す・・・。(趣味悪いんじゃ?

そして、素晴らしいケーキ、アイスクリーム、焼き菓子、などがアナタをお待ちしております。

というワケで、実際に行ってみましょう。

20060309055923.jpg
白亜の建物。きらーん。


20060309055935.jpg
優雅な内装。じゃらーん。

看板に偽りなし。

しかも、観光客も沢山なので、気後れすることなく入れます。
アナタも、ワタシも、さあウェルカム♪

非常に混んでいました(実は12月撮影。目の前にクリスマス市がたっていた)ので、
サービスは若干遅かったのですが、ウェイターの愛想はまあまあ。
(注。ブダペスト基準による)


さて、お楽しみの、
20060309055838.jpg
け~き。きゃ~美味しそう♪(←あ、ワタシの柄じゃない?)


20060309055749.jpg
カプチーノ。ん~、いい香り♪

至福の瞬間でございます。
ケーキのお味も、おいしゅうございました。
(注。同じくブダペスト基準。
そして、ワタシは、実は、ケーキの達人ではないので、普通に美味しければよし、とする。
ちなみに、コー●ーコーナーのモンブランも同じくらい美味しいと思われ。)

なんたって、クリームが、バタークリームでなく、生クリームなのよっ。
レベル低し?

以上、カフェへのいざない@ブダペスト~ジェルボー編~でした。


ちなみに、カフェ部だけでなく、
20060309055900.jpg
レストランもありますよ。

で、左のかわいこちゃんが持ってる
20060309055910.jpg
この料理はなんだろう・・・・。
サカナの骨?

どうでしょう?ちょっとマダムブログっぽかったですか?
・・同意の方も、非同意の方も、是非ブログランキングへ。
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif

スポンサーサイト

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。