よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買えないもの



あれこれ文句は言いつつも、
ブダペストはやっぱり都会なワケでして、
生活に必要なものは、おおかた買えます。

そりゃーさ・・・
20060330043626.jpg
品質的に若干の疑問があったりするものがあったり(カコ記事コチラ


20060330043635.jpg
読めない言語の表示だったり(カコ記事コチラ

なんてこともありますが、
使用する際し、大変困るということはありません。

また、食品については、気候、習慣、の違いがありますから、
ニホンにあって、ハンガリーにないものがあるのは、仕方ありません。
くっ。。。。。。(T∇T)ウウウ あ、泣いてますけど。

で、この食習慣の違いが、
台所用品の違いにもつながってくることがあります。

例えば、お弁当

お弁当がこんなに普及(?)している国って他にあるかしら、と思うくらい、
ニホンは弁当の社会的地位が高いように思います。

さて、他の国ではどうでしょう?
ワタシの狭い経験からですが、
フランスも、ハンガリーも、自家製お弁当を持参することはあります。

でも、弁当の国から来たワタシとしましては、コホン、
弁当度、30点!(100点満点中)
と言いたいようなものである確率、かなり高いです。
(注;自分の作る弁当は、100mの棚の上で見えません。)

写真無しに説明するのは難しいのですが、

① タッパーが中身に対して大きい
② ゆえにスカスカ
③ 昨日の残りのパスタをつめただけ
④ 残りではなくとも、とにかく、一品(せいぜい2品)と単品志向

などという特徴がありますね。byえせ弁当評論家・きち

とはいえ、ワタシが見かけた弁当は、
作った本人が食べるという物(しかも大人用)が多かったので、
若干の手抜きもあったと思います。
(はい、白状します。弁当の国からきたワタシも自分用だとすごく適当に作ります。)

となると、子どもさん用・旦那さん用弁当はどんな弁当なのでしょう。
興味ありますがお目にかかる機会がありません!

さて、このような弁当事情ですから、
当然、弁当グッズがちいとも充実していません。

なぜ、こんなことに気がついたかというと、
ええ、ワタクシ、オットの弁当作ってますのよ。( ̄⌒ ̄)エヘンッ!

・・・・・・あれ、当然?
そ、そういえば、ワタシ、ここでの任務は専業主婦だっだ?
しかも、ここ最近始めた ば か り。
偉そうにしてすみません。

というワケで、(長い前置きでした。)

ブダペストにないお弁当グッズ・ベスト3の発表~!
(代用が困難な順です)


3位。

カップ~。

20060330043407.jpg
日本製 vs ハンガリー購入品

ハンガリー品は、お菓子用で、耐水性ではないのです!ブ~ブ~。


2位。

たれケース~。
20060330043535.jpg
日本製たれケース vs アルミホイルで作った入れ物

日本製は、弁当箱の外に付属できますが、
アルミホイルで作った入れ物は、お弁当箱のスペースを占領します。
無駄スペースですね。
しかも、あふれて、他のおかずに迷惑がかかる危険アリ。


そして、

堂々の1位。

お箸入れ~。

20060330043603.jpg
ニホン製 vs むき出し

これだけは、買えない・・・と思います。
あ、今考えれば、ラップなり、アルミホイルなりで包んであげればよかったですね。
ごめん、オット、むき出しは、つらかったね。


というワケで、以上3点をニホンから送ってもらいました。


20060330043618.jpg
その他の救援物資もろもろとね♪ああ、幸せ~。ありがとう~。
今日の晩御飯は、サンマの缶詰だわ。
(↑最高レベルのご馳走@ブダペスト・きち家)



ちなみに、頼んではいないのですが、
20060330043308.jpg
こんなの入ってました。

ワタシったら・・・三十路にして、


・・・・・・・三角におにぎり握れないと思われている?


_| ̄|○ ガクーリ


このブログで、堕落主婦ぶりを強調しすぎたかしら。
事実に基づくネタですよ~。
それなりに、ちゃんとやってますよ~。

ちょっぴりブログの方針に不安なワタシに励ましのポチを!
ブログランキングへ♪
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


スポンサーサイト

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。