よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝日大国



20060428.jpg
とある教会。
今日の記事とは全く関係がありません。


ニホンでは、人によっては黄金週間に突入ですね。
どこかへ出かけようと出かけまいと、お休み嬉しいですね♪


さて、海外とやり取りをすることが多い仕事をしていると、
気になるのが、相手国の祝日。

ご存知でしょうか、ニホンは、祝日大国ってことを。
(ワタシが決めました。)

少なくともフランスに比べると、祝日は多いのです。
祝日の度に、「また休み~?怠け者め!」
ほざく言うフランス人同僚たち。

要は、自分らが働いている時に相手が休みなので、気になるワケでして、
夏のバカンスだ、春のバカンスだ、冬のバカンスだって、
年に数回、週単位で休む彼らに言われたくないです。

「じゃあさ、祝日が多いのと、バカンスがしっかり取れるのと、どっちがいいのさ?」
と迫ると、ほぼ100%のヒトが、「・・・・バカンス。」って答えてましたよ。
ふんっ。(言い負かしたけど、なんかくやしい。)


で、実際、どのくらい祝日があるかを調べてみました。


2006年の祝日

フランス

1月1日 元旦
4月16日(日曜日)復活祭
4月17日 翌日の月曜
5月1日 メーデー
5月8日 第2次大戦終戦記念日
5月25日 キリスト昇天祭
6月4日(日曜日)聖霊降臨の祝日
7月14日 革命記念日
8月15日 聖母被昇天祭
11月1日 諸聖人の祝日
11月11日 第1次大戦休戦記念日
12月25日 クリスマス

合計12日

うち、復活祭と聖霊降臨祭は必ず日曜日なので除き、
純粋祝日数 10日!


ハンガリー

1月1日 新年
3月15日 1848年の革命と自由戦争記念日
4月16日(日曜日)復活祭
4月17日 復活祭翌日の月曜日 
5月1日 メーデー
6月4日(日曜日)聖霊降臨祭
6月5日 聖霊降臨祭翌日の月曜日
8月20日 初代国王聖イシュトバーンの日
10月23日 1956年の革命と自由戦争記念日
11月1日 万聖節 11月1日
12月25日 クリスマス
12月26日 クリスマスの翌日

合計12日

うち、復活祭と聖霊降臨祭は必ず日曜日なので除き、
純粋祝日数 10日!


日本

1月1日 元旦 
1月2日 振替休日 
1月9日 成人の日 
2月11日 建国記念の日 
3月21日 春分の日 
4月29日 みどりの日
5月3日 憲法記念日
5月4日 国民の休日
5月5日 こどもの日
7月17日 海の日 
9月18日 敬老の日
9月23日 秋分の日
10月9日 体育の日
11月3日 文化の日
11月23日 勤労感謝の日
12月23日 天皇誕生日 

合計16日

うち、振り替えは除くと、
純粋祝日数 15日


ほ~ら!ニホンは5日も多いんですねえ。
・・・・ま、たった5日ですけどね。
夏のバカンス3週間(15日)きっちり取れるんだったら、絶対その方がいいですけどね。ええ。


また、ニホンが祝日の度に、
「今日は何の日?」と聞かれていましたが、
みどりの日やら、海の日やら、春の日やら、ご老人の日やら、子どもの日やら、
そのまま直訳すると、

「あんた達、なんでも祝うんだね。」

と言われたもんです。

ま、グリーン・デー、オーシャン・デー・・・
(ホントはフランス語)
って言ってて自分でもちょっと笑えましたけど。


上のそれぞれの祝日見て頂くと分かると思いますが、
フランスや、ハンガリーは、宗教か、歴史上の出来事の記念日ばかり。
それに比べると、日本は、祝日を作るために、
後から考えたネーミングも多いですから、そうなったのでしょうか。
でも、カッコいい理由を言いたくて、

「ニホンは、(元々が)自然信仰・アニミズムの国なのよっ。」

って説明しておきました。


あ、ニホン人代表発言として、何か間違ってました?


いいな~GW!って、毎日ホリデーのワタシに言われたくないですね。
ポチッとブログランキングへ~♪
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


スポンサーサイト

ヒルズ?@ブダペスト



ブダペストは歴史的街並み残る観光都市でもありますが、
EUにも加盟したハンガリーの首都ですから、
近代的な都会でもあります。
へえ、そうだったんだ。

ニホンで、少し前に話題になっていた、
表参道ヒルズに負けず劣らずのショッピングセンターだって、いくつかあります。


そのひとつの、ウェストエンド(名前も、いかしてる♪)

20060428045030.jpg
吹き抜けを囲み、3フロア(あれ、4フロアかな?)に、オシャレなお店がごっそり。


20060428045154.jpg
お、オシャレな店・・・・。
でもこういう格好のヒト、いるんだな。いいね、ナイスバデーで・・・・・え?


他には、我々ですら高い!買えん!と思うお店も多いです。
(我々の感覚がかなりの庶民レベルでもあるからなのですが。)
ハンガリーは、所得格差が大きいようですね。


とはいえ、現在バブリーだからか、皆さまの購買意欲はものすごく、
週末は特に賑わっています。


一番地下の階は、レストラン街(ああ、なんか、懐かしい響きだわ。)となっていて、

お昼時は、

20060428045045.jpg
そりゃすごいヒト。
(*とはいえ、これは、最も購買意欲が高まるクリスマス前の写真)


20060428045136.jpg
相変わらず、よくお食べになりますねー。


ちなみに、ハンガリー家庭料理のファーストフードも結構ありますから、
観光客の方にもお勧めかも?

全部、ガラスケースで見えますから、
「これと、あれ」と指させば良いですしね。

味は、イトー●ーカドー、●イエーなどの地下セルフ食堂レベルです。
(これをどう判断するかは、アナタ次第。)



また、館内には、映画館あり、ゲームセンター・カジノなんかもあり、
まさに、若者のデートスポット(死語?)ですね。

ちなみに、ゲームセンターの前を通りかかると、
ダンスダンスレボリューションでしたか?
あの、曲に合わせて踊るゲームが置いてあるんですが、

アジア人(中国人)が踊ってるのを見る率、70%。

やっぱり、ああいうのを器用にこなすのは、欧米人には難しいのか?
それとも、アホらしいのか?
あるいは、恥ずかしいのか?

なんて、ゲームセンターの前で、文化の違いに思いを馳せたりしてます。


また、フランスでもそうでしたが、ゲームセンターのゲーム機は、
ニホン製が圧倒的に多い気がします。

良いのか悪いのかは分かりませんね。
まあ、ビジネスとしては、良いんでしょうが、子どもの教育には・・?ですね。

とはいえ、たとえゲーム機でも、ニホン製が幅きかせてるのを見ると、ちょっと誇らしい気になったり。

海外に住むと、高まる愛国心です。
ニホンにいる時は文句ばっかりだったのに。

ですから、

20060428045207.jpg
こんな広告見ると、突っ込みますよ?

レモンってどうよ?
やっぱ、竹でしょ?こういう場合は?

それに、レモンの切れ方不自然よ?

それに、その服装はなによ?
シャツにジーンズで、刀?

ぷっ、笑わせないで。


なんて、ひとり力んでみても、
ハンガリー人にとっては、そんな詳細、
どうでもいいんでしょうね。
全体のイメージで見てるのでしょうから。


ま、どんな形でも、他の文化に興味を持つって良いってことで♪


ですよね?
ポチッとブログランキングへ~♪
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif

泥棒?



ガンガンガン、トントントン、キンキンキン


・・・・・・・うるさ~いっ!!!!


2度寝出来んわ!


不審に思い、廊下に出てみれば、


きゃ~~~~っ!


だ、誰かが、


我が家に


20060427050825.jpg
侵入しようとしている?


そして、一休み中?  いっきゅうさん?


やめときって、ウチなんかより、
金持ちハンガリー人の方が稼いでるケタが違うから、そっち行きなよ。


なんて、当然、泥棒でもなんでもないのですが、
これは、最近発覚した、「水漏れ」の修復工事。
下の階の隣人さんが、ある日、「天井から水が漏れてる」と苦情をよせてきました。

ウチのバスルームを確認したものの、その該当箇所には、
20060427050852.jpg
水源ありません。

よって、

床下の、配管に問題あり!

ってことで、冒頭の工事が始まっています。

管理人のR爺は、
「ああ、今頃になってこんなことが分かるなんて・・・」
と嘆いていましたが、

あの、このアパート、

ぴっかぴかの新築だったのでは?

我々が第一号の住人だったのでは?
(去年の4月から住んでいます。)


ま、そもそも色々怪しい点はあるんですけどね、
だって、入る時に、「未完成な部分もあるけど、(2005年の夏)までには終わるから。」
なんて言っていましたけど、

20060427050812.jpg
今でもこんなんだし。
セキュリティーシステムがつくって話だったのに。


この建物の地下および1F部分には、
なにやら怪しげな作業場が依然あり、年中工事中だし。
(目張りしてあり中は見えない)

仕事をしているようで、ちっとも物事が進まない、それがハンガリー。


なお、現在、バブリーなハンガリーは、建設ラッシュで、
あちこちで、ばんばん新築のマンションが建っているのですが、
あんな短期間で適当に建てて大丈夫なんだろうか・・・と素人ながら不安です。


まあ、あくまで私(素人)の推測でしかありませんが・・・・ね。

20060427052009.jpg
見難いですが、ウチのアパート内のひび。


とりあえず、冒頭の工事のお陰で、

昼寝出来ないのはもちろん、

突然水を止められるから、
(いちいち予告してくれたりなどしない。)

おちおちトイレにも行けません。


ま、ネタになったから、いいか・・。しかし、まだ工事は続く。
ポチッとブログランキングへ~♪
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


緑の手



皆さんは、植物育てるのお得意ですか?

フランス語で、「植物を育てるのが上手い」という形容をするのに、

「緑の手を持っている」

という表現があります。
河童でも、エイリアンでも、ありません。褒め言葉です。


いや~、いるんですね、本当に魔法のような緑の手を持っているヒトって。
そのヒトが世話をすると、植物がどんどん生き生きして、青々と育つ。
マジ びっくりしました。

反対に、緑の手ではないヒトが世話をする植物は、
なんとなくしおれて元気がない。


ちなみにワタシの手、

肌色です。

買ったばかりのハイビスカスに、栄養あげようと思い、
「大きくなれよ~」って、
肥料(液体)を原液でドボドボ注いだら、
なぜか、翌日には、憐れにも枯れていました。


緑の手のヒトに相談したら、

「アンタ、それ、ほんとは、何十倍にも薄めてあげるものよ。」って。


Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

(説明読めって>ワタシ)


そんな理由から、ウチの植物は、オット担当。
彼も、何度か枯らした経験もありますが、
最近は、黄緑の手くらいには昇格したようで。

そんなオットは、「部屋を熱帯にしたい」という野望があるらしいのですが、
ブダペストに来てからは、まだ植物を置いていませんでした。

で、先日の植物フェアに行きましたら、誘惑に負けて購入。


20060426040408.jpg
熱帯ジャングルには程遠いですが、


20060426040353.jpg
緑があると、途端に「部屋」っぽくなる気がします。


で、

緑の手を持たないワタシが、懲りずに、購入したのは、


20060426040340.jpg
これ。

・・・・・・・・だって美味しそうだったんですもの。

イチゴ、大好物ですから。


インドにお住まいのpatjal さんのブログによると、
インドでは、そう簡単にはイチゴ(果物として)が手に入らないそうですよ。
なんてお気の毒。
そんな彼女のニホン帰国時のレジャーは、イチゴ狩りだそう。
素敵なアイデアです。
ああ、イチゴ狩り。

イチゴついでですが、

ニホンのイチゴってどうしてあんなに美味しいの?

と思うのはワタシだけでしょうか?
果汁たっぷり、甘みばっちりの、あんなイチゴは海外ではそうそうお目にかかれないような。


で、話は戻り、
とりあえず、既になるべく多くなっているものを購入しましたから、
最低でもこれだけは食べられます。
その後を上手く育てる自信はないですが。


ちなみに、
前述の「緑の手」を持つ人々なんですが、
総じて、子育ても上手いように思えました。

あら?そういえば、ワタシ、
ペットの世話も下手だった・・・。
小鳥、金魚など、長生きしてくれた試しがない。
(犬は、16年生きてくれました、が、両親が世話してたし。)


・・・・・・・・・なぜ?


こんなんで、

子どもを無事に育てられるのだろうか。

今更、すごく不安になる妊婦きちでした。

なんとかなるさ!と思って下さるヒトはポチッと宜しく。
さあ、ブログランキングへ
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif

・・・全然押されなかったら、、、必死で今から子育て勉強します。


バブリーな?



快晴の日曜日、
有名な子ども鉄道でも見に行こう!と張り切って出かけたものの、
近づくにつれ、道はどんどんひどくなり、
ついに、地図上にはある道が、山道で車通れず、
目的地にたどり着く前に、
すっかりイヤになりました。
(短気なヒト)

よって、予定変更。
道すがら、偶然見かけた、

観賞植物フェア

に行ってみました。

ブダペストが都会で、現在バブリー(*)だなあ、としみじみ思うのは、
こういう催し物があちこちで開かれ、入場料は結構高いのに、

(*)非常に景気が良いこと。日本の1980年代くらいの経済状況形容によく使われましたね。


20060425052305.jpg
すんごいヒトが集まること。
ああ、バブリー。ああ、大都会。


さて、このフェア、普段は植物園(大学付属の)と思われる場所に、所狭しと、


20060425052255.jpg
観葉植物やら


20060425053803.jpg
鉢植えの花やら


20060425052339.jpg
サボテンやら

を売る屋台(?)が出ています。


天気が良い中、見て回るだけでも楽しいです。


また、
20060425052241.jpg
こんなオブジェも売られていました。
個人的には好きですが、
ヒトのウチに突然これがあったらびっくりするかもしれませんね。


20060425052126.jpg
ああ、こんなのが置ける家に住めたらねえ~・・うっとり♪
と夢見るワタシに、

「無理」

と速攻で水を差してくれました。>オット


・・・ちっ、夢見るくらいいいじゃん。


また、
20060425052406.jpg
ニホンのサクラも植わっていました。(非売品)

面白いことに、皆さん一様に、


20060425052328.jpg

サクラの花の匂いを嗅いでいました。

・・・・・これは目で見て楽しむものなんだ~!

と教えてあげたかったです。(ですよね?)

我々も、試しに、嗅いでみましたが、匂いませんね。


見て、嗅いで、ツッコミ入れて、
あ~、楽しかった♪

と気が付けば、


20060425052353.jpg
誰もが両手に山ほど買ってしまう、魅力的なフェアでした。


我々もつい買いました、、、、。(オットは植物が好き。)
今日は写真が多いので、それはまた、後日。

今日は初半袖、暑かった~。
だからって関係ないですが、ポチポチっと宜しくお願いします!
さあ、ブログランキングへ
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


またも、偶然見かけただけだったので、
事前にお知らせ出来ませんでしたが、
来年の情報がありましたので、参考までに。

観賞植物フェア2007
(Dísznövény 2007. Szakkiállítás és Vásár)
日時;2007年4月20~22日
場所;Budapesti Corvinus Egyetem
Budai Arborétum, XI. kerület Villányi út 29-43.

ワタシを含め、来年までは誰も覚えていないであろうこと確実な、この情報。


チャリ族の主張



ニホンにいる時は、チャリ通に始まり、
自転車をよく利用していました。

が、
ここブダペストでチャリンコ族になるには、ちょっと勇気が必要です。

何しろ、ものすごい自動車の量ですし、
その運転技術もひどすぎてレベルが高すぎて、
端をのそのそ(ワタシだけか?)走る自転車には非常に危険。
(歩行者も要注意よ!)

自転車専用道路も少ないですし、置き場所もあまりみかけません。


でも、
自転車は、排気ガスも振り撒かないし、
渋滞知らずだし、健康にも良い。

こんな素晴らしい交通手段は無い!

さあ、立ち上がれ、サイクリスト(チャリンコ族)達よ!



20060424051710.jpg
うおぉぉぉぉぉっ!


20060424052834.jpg
それ、いちにっ、いちにっ。


20060424051718.jpg
えー、それ、ホントに、交通手段になります?


20060424051729.jpg
ねえ、キミも?


20060424051753.jpg
・・・・必死だね。

懐かしい~とお思いのニホンの皆さま、
こちらでは、時々まだ見かけますよ、キックボード。



という具合に、
自転車族(一輪車、キックボードを含むかは?)の権利を主張するためのイベントである

Critical Mass Budapest
(参考サイト

が、この土曜日(22日)に行われました。
ブダペスト市内を12キロに渡り走りまくり、

20060424051745.jpg
自動車の流れを止めて余計な渋滞を引き起こし、

自転車の素晴らしさをアピールしていました。


まあ、参加者がどこまで趣旨を理解しているか分かりませんでしたけれどね。

20060424051803.jpg
皆さん、とっても楽しそうに走ってましたので、何よりです。


似たようなイベントにカーフリーデーがありましたけど、
それよりは、インパクトがあったかもです。

参加したくとも、自転車ないし、
ローラーブレードもキックボードも一輪車もどれも持ってなかったわ。
残念。結局、車しか使ってないじゃん。
ああ、非エコロジーなワタシ。
ポチっとおひとつ、ブログランキングへ
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif

しかも、偶然この自転車の行列に出くわしただけだし・・・。
運はいいけど、事前に情報をキャッチできないワタシでした。ちっ。


おたふく



美容院に行ってきました。

とはいえ、これは、もはやネタにはなりません。

といいますのも、小さい美容院なのですが、
カタコトの英語をしゃべれる美容師さんで、
知り合いの紹介だったから、愛想もいいし、
お値段も良心的。


してます。


なので、今日は一歩踏み込んでみました。

駐ツマ・マダムだし、ここはひとつ大きく、

眉毛カットに挑戦。
(眉毛だけかいっ?
すみません、エステなんて高級なものに慣れてなくて。)


というのも、

ブダペストの美容院は、プチ・エステサロンを併設している所が多いようで、
脱毛、メーク、フェイスマッサージなどが出来、
ついでに、ネイルサロン(マネキュア・ペディキュア)も兼ねていたりします。


ワタシが行く美容室にも、エステ部(?)があり、
前回聞いたところによると、

なんと!


眉カットが、


たったの500フォリント(約280円)(+チップ少々)


んま~、奥さま、安いざます!


とはいえ、眉カットなんて、生まれて初めてですから、
相場は知らないワタシですが。


というワケで、頼んでみました。

突然頼んだにも関わらず、
「手があいたからどうぞ~」
とさわやかに呼んでくれ、
エステ部のある、美容室の2階(正しくは中2階といった風情)に登ってみましたら、
先客が一名。

スポーツ刈りのごっついハンガリー兄ちゃんが、

フェイシャル・ケア♪です・・・・・・か?
(エステ無知なもので、何をやっているか見当がつかないワタシ。
顔に白いクリームが乗ってました。)

ああ、びっくり。

今時のエステ@ニホンには男性客もいるって聞いたけど、
(と、新聞か雑誌で読んだ。)
まさか、ブダペストもとは・・・。


さて、ワタシの眉カット開始。

ワックスにする?ピンセットにする?と聞かれたので、
(家ではピンセットだし)
「ピンセットで」
とお願いしたところ、



・・・・・アイタタタタ。勝手に涙が・・・・。

こんなものでしょうか?



形は?と聞かれ、
(よく分からないし、何も考えていないし)
「アナタみたいにお願いします♪」
と、ものすごく安易にお願いしてみました。


「さあ、出来たわよ。

でも、この形にするためには、2週間くらいしたらまたきてね。

だから、今日は、第一段階ね。」



・・・・え?第一段階?


鏡を見てみれば、










おかめ?おたふく?

麻呂眉?
(眉間近くにちょん、ちょん、と残ってる感じです。)

20060422014945.jpg
こんなにかわいく(?)ありませんが。
(オタフクソースさま、画像加筆してお借りしました。)


・・・・・・・・・・・・・


Σ( ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄;)!! ひえええええええええ。


しかし、
「ここが生えて、次回ここをこう整えたら、
とってもビューティフルになるから♪」
と、かわいい笑顔で言われたら、何も言えない美人に弱いワタシ。


家までうつむき加減で、一目散に帰った
のは言うまでもありません。
(地下鉄も乗った。)


でも、家で、眉ペンでお姉さんが「予想」してくれたように描いてみましたら、
なるほど、今までよりすっきりした感じ?で結構嬉しい。
次回に期待です。
それまでは、せっせと描きます。


というワケで、

眉カット@ブダペストには、眉ペン持参がお勧めよ♪
(その場で眉描きも頼んだら、別料金だろうしね!多分高くはないと思うけど。
・・エセ・マダムっぷり、ばればれ。)


ホントは、ネタ取ろうと思ったのではないのですよ。
キレイになろうと思って・・・・・( ̄m ̄)ぷっ。
ポチっとおひとつ、ブログランキングへ
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


飲まされた



うっぷ。


はあ・・・・胸焼けが・・・・。


飲まされてしまいました、


すきっ腹に・・・・












75gの砂糖入りドリンク。


はい、妊娠関連の検査です。

ニホンで人間ドックにも入ったことがなく、
幸いにも大きな病気もしたことのないワタシ。
色んな検査の全てがもの珍しい今日この頃。

今回は、
「当日は砂糖を持ってきてね。でも、家の砂糖じゃないよ♪
クスリ屋で買ってね♪」
と先生が出してくれた処方箋を持って、薬局で

20060420234027.jpg
白い粉購入。
これ持って飛行機乗ろうとしたら、別部屋に連れて行かれるかも?


医療用砂糖ってことで、
家庭用砂糖とは違うのかもしれませんが、


でも、


でもですよ?


75gって。。。。。。


20060420234019.jpg
こんな量よ? 大さじ5杯。
(家庭用砂糖による参考写真。)


こんなん接種したら、

即、糖尿病になるのでは?

ガクガクブルブル((((゜Д゜;))))


おののきつつ、朝食抜きでいざ病院へ。
まず、何もしない状態で、血液接種。
そして、カップに75gの砂糖が溶けたドリンク状のものが・・・。
看護士さん曰く、「レモンと、お茶で味付けしてあるから♪」って。
親切にありがとう。


ごくっ。


あら、レモンの味が思ったより美味しいじゃん。





・・・・・・でも激甘には変わりない。(T□T)


くらくらしながら、その液体を飲み干しました。

で、「2時間後にまた来てね」と言われたので、
家に帰ってみました。
安静にしていなくても良いらしい。

2時間後、再び病院へ行き、血液接種。

以上で終了。


で、ふと、先ほどネット検索してみたのですが(遅い・・)

これって、

まさに、

糖尿病の検査なんですね。(汗)


先に気づけよ!>ワタシ


ああ、検査によって、糖尿病になるかと思いました。



ちなみに、この検査、ニホンでは、
妊婦全員が受けるワケではないんですか?

Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン


そして、
ハンガリーの妊婦全員が受けるかも分かりません。
(次回検診の時確認しますが、
ご存知の方がいらしたら教えて下さいね。)

( ̄▽ ̄;)タラー


先生は特に、何も言っていなかったので、
すっかり全員が受けると思っていましたが、
もしや、今回のは、2次検査だったのだろうか。

一抹の不安が横切る今日このごろ。

はあ、今日はもう甘いもの要りません。
体中に、砂糖が駆け巡っている気がします。

激辛・激甘もネタ取り?いえいえ、ほんの偶然。
でも結果として、体張ってるわ。うふ。
だから、ポチっと宜しく~。m(_ _)m
ブログランキングへ
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


カレーはかれー



もはや食+妊娠ブログになりつつある今日この頃・・・。
ブログ・タイトル変えた方がいいのかしら?

でも、「ブダペストでスリル楽しい出産♪」

・・・・なんて、誰も興味ないと思うし。

「美味しいブダペスト♪」

・・・・なんて、ちょっとうそっぽいし。

無難に今のままでいいか・・。

そんなついでに今日もグルメ(かどうかはアナタ次第)情報。

ブダペストでインド料理♪

どこに出かける訳でもなかったイースター3連休。
せめて、外食しましょ、ってことで、選んだのが、
インド料理・・・・・・・・。
・・・・・も、ハンガリー料理はいいよってことで・・・。

行ってみました、

KAMA SUTRA(カーマ・スートラとでも読めば宜しいでしょうか?)


レストラン・ガイドによると、中級レベルのレストランらしい、

が、

20060419230741.jpg
入り口は・・・・・ボロイ・・・。

しかし!ブダペストの建物は、見かけで判断してはいけません。
アパートだって、見た目ぼろぼろ、中は改装して綺麗、なんてこともありますから。

20060419230748.jpg
ほーら、素敵でオシャレでしょ。

しかし、ワタシのイメージするインド料理屋は
もっと派手派手、ゴテゴテ、怪しい雰囲気であるのですが、
このレストランは、シンプル・小奇麗。
ちょっと物足りないなー。

ウェイターさんも、カフェー風でスマートだし。
(↑なにがいけない?)
都会だから仕方ないの?
ま、でも、料理しているヒトはインド人風でしたから良し。


お料理は

20060419230732.jpg
サモサは美味しかったのですが、


メインは・・・・・・・・

20060419230719.jpg
\(◎∇◎)/ かれ~! 

って寒いギャクではなく、

辛くて食べられない~!

ああ、すっかり忘れていました。

我々辛いものが大変苦手。

ということを。

・・・・っつうか、オットが全く食べられなかったので、
それに合わせているうちに、

ワタシの舌も退化してしまったのだー。(T□T)ダー


だって、我が家のカレールーは

20060419230755.jpg
当然甘口♪


麻婆豆腐の元も

20060419230804.jpg
やっぱり甘口♪


豆板醤を使う時は、レシピに小さじ1と書いてあろうとも、

20060419230827.jpg
これしか使わない。
(しかし、これでも、進歩した。最初はゴマ粒くらいだった。)

だから、一瓶使い切る前に消費期限が切れる。


鷹のつめだって、

20060419230811.jpg
これだけなの。
(同じく進歩済み。最初は消しゴムのカスくらい。)

鼻息荒いと飛んでいきます。ふんっ。

入れる意味あるのか?
ええ、我々にはね♪
でも、我々以外のヒトには、唐辛子が入っているとは気づかれない隠し味に!


昔は、キムチが大好物だったワタシ。
モリモリ食べていましたが、今は食べられるか不明です。
ちくしょー、ワタシの舌を返せー。


というワケで、インド料理屋のメイン(マサラ)が食べられなかったワタシです。
(オットが頼んだのはそれほど辛くありませんでした。)


フランスで頼んだ時はそんなに辛くなかったのに・・。
フランス人は、辛いの得意ではないらしい。

一方、ハンガリーは、パプリカの国ですから、結構辛いのいける口。
(カコに、激辛パプリカ(カコ記事コチラ)で失敗したワタシ。)


と、いうワケで、

ハンガリーで辛い系料理を食べる時は、ご注意を♪


嗚呼、我々だけ?
夫婦は歩み寄り♪。。。。  _| ̄|○ ガクーリ


いつもご声援ありがとう!(←選挙モード)
今日も何卒お願いします。m(_ _)m
ブログランキングへ
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


Kama Sutra
1051 Budapest
October 6 u.19
www.kamasutrarestaurant.hu

大聖堂から歩いて5分程度。
英語OK.
サモサ;600フォリント
タンドーリチキン(ハーフ);1750フォリント
チキンカレー;1350フォリント
チキンマサラ;1900フォリント など。

個人的お勧め;サモサ。辛くないから。


飲んで食べて幸せ



ブダペストのヒト達は屋台好きなようです。
クリスマス市、スプリングフェスティバルに続き、

ワイン・フェア開催!

元取ってるね♪>屋台業者さん。


ブダペスト繁華街の中心・デアーク広場のすぐ横で行われていたワインフェア。
最終日にようやく気がついて行ってみました。

20060418145131.jpg
屋台が並び、


20060418145111.jpg
こんな感じで、ワインの試飲が出来、


真昼間からほろ酔いいい気分♪


が、お昼時だったせいか、ヒトが群がっているのは、

20060418145054.jpg
パン屋とか


20060418145121.jpg
パイ屋とか、


20060418145043.jpg
ソーセージ屋とか。
・・・・お姉さんっ、椅子からお尻がはみ出してるよ・・・・。


っとによく食うなあ>ハンガリー人。
・・・・だから・・・・以下自粛。


食欲の春です@ブダペスト
・・・てか一年中だね。


という我々も、
20060418145102.jpg
パン・オ・ショコラ(おフランス風チョコレートパン)を頂きました。


以上、ワイン・フェアでした♪


どうも最近食べ物ネタが多くてすみません。
やはり妊婦は思考回路がそっちへ向くのか?
でも宜しかったら、お願いです ↓。
ブログランキングへ
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


春も来たし、これからがいい季節のブダペスト。
観光客もがんがん増えてきました。
ゴールデンウィークのご予定がまだでしたら、如何です?

・・・・なんて、無責任に勧めてみました♪


うる覚え



皆さんは、外国人が、日本語をしゃべっていて、
その中に間違いがあったらどうしますか?

ワタシは、親しさの度合いにもよりますが、
なるべく間違いを指摘するようにしています。

なぜなら、自分が外国語を話している時、
指摘してもらえると有り難いと思うからです。
間違いにも気がつくし、
相手もワタシが何を言いたいのか正しく聞こうとしてくれている

と思うからです。

困るのは、ワタシの言った単語が分からないのに、
「指摘するの悪いから。」と、
意味の分からないまま、分かったような顔をされること。

下手な外国語を使うワタシが悪いのかもしれませんが、
とっても寂しい気分になります。

例えば、フランスでは、人にもよるのかもしれませんが、
ああ見えて、結構気を使う人達なのか、
あるいは面倒くさいのか、
言ってくれないヒトもとっても多かったです。


というワケで、ワタシはなるべく、指摘する派。


それがワタシの親切(の押し売り)。


ですから、


オットが、

「今日の気温はスコヤカだ。」

と言ったりしたら、当然、

速攻訂正。 (っ`Д´)っ・:∴ゴルァ!!!!!!


健やか(すこやか)
病気をせず、からだの丈夫なさま。健康。(広辞苑より)



申し遅れましたが、ワタシのオットは
ニホン生まれのニホン育ち、100%純ニホン人です。


海外に出て数年とかそんなのはいい訳にすぎん!
(厳しい?いんや、いいのだ。)

なぜなら、彼のニホン語は常々、アヤシイのです。

お神酒(おみき)も読めなかったし、
「うる覚え」(正;うろ覚え)と言っていたし。


さらに、メールでは、

「・・・・ですのね。」

というオンナ言葉が混じっていたこともありました。


正しい日本語を使おう!キャンペーン実施中@きち家


きちにやられっぱなしのオットに同情票?でポチっと宜しく。
ブログランキングへ
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif

でも、オットは自分の話題が出てるとなんでもウレシイらしく、
くすっと笑いながら、「この記事は面白い」って言います。・・・・M?



先日のアーモンドに続き、今度こそ、サクラ?

20060417053707.jpg
ですか?


20060417053718.jpg
サクラ並木も。


ぶどうパン



イースター(復活祭)休暇に突入~。
と言っても、ハンガリーは3連休のみ。
国によっては、4連休のところも。いいですね。
なんて、主婦のワタシは毎日がホリデーですが。

20060416050452.jpg
イースター用の花屋のディスプレー。
昨日の記事のお願いウサ子もここから。

右上の
20060416051857.jpg
分身ウサ子もかわいいでしょ。



さて、イースターといえば、チョコレート♪

・・・・というか、聖ニコラも、クリスマスもチョコだし、
なにかってと、チョコが出てくるような。
要は、チョコ食べるいい訳じゃ?


で、イースターには、
タマゴ型、ウサギ型のチョコが出回ります。
20060416050426.jpg
ウサギはこんなです。中は空洞。

20060416050438.jpg
大きさ比べ。

大分前より売られていましたが、
今日のスーパーでは、そこかしこで、山盛りになって売られていました。
そして、ラストミニッツで買うヒトが群がっていました。

美味しそうだな~と思っても、
それを山盛り買っているヒトを見ると、若干買う気がうせたり・・・。

・・・・・・あんな体(おデ●)になっちゃうのね(汗)・・・・と。

購買欲・食欲にブレーキをかけるには、うってつけの生きるサンプル・・。
(誤解の無い様に付け加えますが、この場合の大きなヒトとは、
ニホン人が「ワタシ、太めだし・・・。」なんていうのを遥かに越えていますから。
明らかに健康によく無さそうに大きなヒト達のことですから。)


ただ、一方では、
彼らの巨体ぶり見てると、
ニホンの指針に従って(*)、妊娠中の体重増加をコントロールするのが、

非常に馬鹿馬鹿しくなります。

別にワタシが20キロ太ったところで、
全然問題ないんじゃ?って思えてしかたありません。

(*)ハンガリーでも一応、一ヶ月一キロ、らしいですが、
ワタシの先生は全くうるさくいいません。楽だ、楽だ。



さて、本日のお写真コーナー。

イースター休暇の為、いつも行くパン屋が明日あさってと2連休になるので、
スーパーのパンを買ってみました。

20060416052429.jpg
久々のブトウパン♪

20060416050940.jpg
ちゃんと、ラベルもブドウパンとなっています。


葡萄ぶどう~♪


では早速いただきま~す。
(美味しそうで明日まで待てませんでした。)


・・・・・・・・・・・・・・・・・


ぶどうは・・・・・




20060416050358.jpg

これだけかいっ? (ノ`△´)ノ キイッ

いくらなんでも、この密度はあんまりだ。
こんなんブドウパンじゃなーい。
ああ、ヤマザキのブドウパンが懐かしい。(←スーパー庶民。)

*ネタですよ。ブドウパン空輸して頂かなくて大丈夫ですよ。>実家の母へ。


では、イースター休暇のある皆さまは、よい連休を!
ニホンの皆さまは、よい日曜日を!

週末も頑張りました。だから、どうか宜しく ↓。
ブログランキングへ
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


運のツキ



くじ運、金運、天気運、恋愛運、「うん」にも色々ありますが、
ワタシはどの運も並みか並み以下のツキです。

くじ運などは最も悪く、
懸賞は小3の時に応募した、なかよしの全プレ以外は当たったことないし、
しかも、あれは、全プレだから、正確には「当たった」では全然ないし。
(意味の分からない方は、問題ないので、聞き流してくださいね。)

もちろん、ロトも末等以外は当たったことないし、
ガラガラ回す福引なんか、大好きなのにいつもティッシュ。


天気運(なんてあるのか?)もよくなく、
入籍の日は雨だし、結婚式も曇り。
とはいえ、入籍の時は、かろうじて、役所に向かう徒歩の時だけ雨があがったし、
結婚式は、写真取り終わったら雨が降り出したので、
見放されてはいない、かもしれない、のが救い。


恋愛運は、数も少ないけど、いまいちでした。
これは、運ばかりでなく、努力も足りなかったか?
ま、でも、結婚運で挽回したかな♪
すりごま製造中。これから色々手伝ってもらわないといけないし。


で、今日の本題は、「有名人遭遇運」

いや~、これも、ないないない!
限りなくに近いところにいること間違いなし!のきちです。


ま、それでも、それがニホン(東京)でのことだったら、
1千万人都市だし、可能性も少ないし、って状況のせいに出来ますけれど、

ブダペストなんか、200万人都市。
そこに、有名人だって住んでる筈ですから、
確率的には東京よりは高いはず、

・・・・・・・・・あ、そもそもテレビまともに見てないし、
ハンガリアン有名人、興味ない知らないのでした。
(首相殿の顔さえ、つい最近しりました。)


ですから、ブダペストで見かけたのは、


住んでる地区の、選挙立候補者くらいかな。

近所のスーパー前で、宣伝活動していたのを見かけました♪

・・・・・全然有名人じゃないし。


ちなみにね、このヒトね、
外国人は選挙権がないからかなんだか知りませんが、
笑顔なし、目もくれない、と
最高にいやな感じの態度でした♪
へへん、ばらしてやったわ。
どこの地区かはナイショ。

話がそれました。


ところで、なぜこんなネタを思いついたかといいますと、
旅行業界お勤めのvivnyancoさんの記事を見たからです。
いいな~、仕事で有名人(超ではなくとも)に遭遇出来るなんて。


というワケで、今までにワタシが出会った有名人を思い出してみましたのです

@フランス

働いていた会社に選挙活動に来た結構大物政治家。
(のくせに、名前も思い出せない。)


@ニホン

西田ひかるさん。


・・・ ( ̄- ̄;) ・・・・少ない。


で、とっておき☆は、
有名人度は低いかもしれませんが、
飛行機でお隣になった方

ニホンからフランスへ戻ってくる飛行機でのこと。

ヨーロッパ行きの、若いお姉さんとか、中高年のおばさまとか、おじさまとか、
観光に行くのよ、うきうきわくわく、なヒト達でいっぱいの中、
お隣さんは、サラリーマンでもないけど、観光にしては、浮かれてない男性が2人

観光ですか?と聞いてみると、

「いえ、スペインでプレーしているサッカー選手の様子を見に行くんです。」

まあ、もしかして、ご自身もサッカー選手?

「ええまあ、大阪のチームでやらせてもらってます。」

わあ、そうなんですか~?
(・・・・・・・・・・・・・・・大阪にJリーグのチームってどこよどこよどこよ?

*すみません。ワタシニホンを出た時にはいくつかのチームはまだ無く、
そこで情報が止まっていました。


と分からないワタシは、それ以上突っ込んで聞けず、
当たり障りのない話を2-3しただけでした。

飛行機を降りる際、「じゃ。」って握手して去っていかれたのは、
さすがスポーツマンの爽やかさでした。

家に着き、ネットで調べましたら、
一軍メンバーにも二軍メンバーにもいない・・・。
で、「スタッフ」を見てみたら、

セレッ●大阪の監督さん&コーチでした。

・・・・・・・・・失礼なこと言わないでよかった。(;´o`)


これが最大の有名人体験でした。はい。


会ったからって、なんだってワケではありませんが、
やっぱり、会ってみたい、それがミーハー根性。
でもワタシのツキからすると、今後もあまり会えることはないのかしら。

とりあえず、神様にお願いしておこう。


お願いっ♪

あ、かわいくしても駄目ですか?

とりあえず、皆さまには、クリックをお願いっ♪
ブログランキングへ
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


ちょっとブルジョワ@ブダペスト



今日は非常に珍しく普段のように
とっても駐ツママダム@ブダペストな日でした。

ランチは、駐ツマ友とランチ&かふぇー

あーんど

夜はサロン・コンサート

こんな優雅に過ごして、一生懸命働いているオットに申し訳ない・・・・・
と、10秒くらい思いました。


さて、サロン・コンサート

普段のワタシの生活と言えば、
音楽を愛するヒトにはご理解不能かと思いますが、
非常に音楽からほど遠いものです。
音楽無くても、全く余裕で生きていけます、ワタシ。

とはいえ、今は、胎教用に買った大量の(すごく安いのです。)クラシックCDを
無理やり聞くようにしています。
聴くうちに悪くないと思えるようになりました、ハイ。

ですが、例えばネットに集中し始めると、
例えCDが一回り終わってもぜーんぜん気がつきません。
2時間くらいして、はっと気がづいて、慌ててCD取り替えたり。
(ウチはCDラジカセしかありませんから。勝手に次いってくれませんから。)
そんな程度の音楽鑑賞です。

こんなワタシですから、
音楽の都ブダペストに越してきまして早一年たちますが、
ただの一度もコンサートに行っておりません。
ニホンに比べたら破格のお値段で見に行けるのに。

豚に真珠、ネコに小判、ウマの耳に念仏です。

いかーん、これじゃーいかん!と持ち前のもったいない精神もありまして、
行ってみましたサロン・コンサート


普通のコンサートと違い、個人のお宅で行われるこのコンサートは、
演奏時間も約1時間と、忍耐のない初心者のワタシに持ってこい。
加えて、「他人のお宅はいけーん」のオマケ付き。
好奇心そそられます。

ほら、見てくださいよ。
20060414061623.jpg
これ、一個人のお宅よ?(手が震えて、ピントずれました。)
博物館でも、アンティークショップでもありません。。



・・・・・・はあ♪このブルジョワな雰囲気だけで既にワタシ満足。
もう、おいとましても宜しくてよ。


で、コンサートは、そのお宅の「居間(=サロン)」で。
20060414061616.jpg
客層もブルジョワ~な感じ。


くどいようですが、一個人のお宅の「居間で」
20060414061609.jpg
こんなでっかいハープ+フルート+オーボエの3重奏(っていうのですか?)。


ハープをこんな間近で見るのは初めてなので、
もうその演奏する姿が珍しくって。


・・・・・・・・・・・おーい、ちゃんと音楽聴いてるの?>きち


はいはい、ちゃんと聞いてます。

でも、つい、
「オーボエの、マウスピースって竹製かしら。」とか、
「ハンガリー人といえど、音楽やってるヒトは細いわねー。
練習に集中して食べるの忘れるのかしら。」
なんて、全然関係ないことに思い馳せたり。

・・・・・・ウマの耳に念仏・・きちの耳に音楽・・・。
少なくとも、お腹の中の小きちは聴いてくれたことを祈ろう。


雰囲気だけで十分ご満悦なワタシは、
20060414061630.jpg
演奏後のこんなカクテルパーティーで、更に大満足。


コンサートって楽しいかも?
と、好 印 象♪ なコンサートデビューでした。
(いいのです、たとえ楽しみ方が間違っていても。)


よし、次は、ホンモノのコンサートに行くかな・・・・。
でも、2-3時間だしな。起きていられるかな・・。

音楽の都ブダペストよりの、コンサートレポート、
いつかはお送り出来ますように・・・・。
お気を長く持たれて、どうぞお楽しみに。


今日は、いつもより優雅なブダペストをお楽しみ頂けました・・・・・?
ブログランキングへ
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif

音楽を愛する方、ごめんなさい。別に嫌いじゃないのです。
そういう習慣が身についてないのです。
音楽鑑賞さらりとこなすヒトは憧れです。



何気ない街の風景



ブログ記事を振り返ってみれば、ワタシってば、
ブダペストの ホントの姿 奇異な姿ばかりご紹介していていますね。
あ~、ちょっと反省だわ。

ということで、今日は、ごくごく普通のブダペストのスナップを少し。


20060413051813.jpg
ヨーヨーしながら学校からの帰路につくガキ・・・お子さまたち。


20060413051823.jpg
地下鉄の構内。ラッシュ時はかなりの混雑です。


20060413051834.jpg
昼下がりの路面電車(トラム)の中。こちらも通勤時は混んでます。


20060413052028.jpg
目指せロッキー・トレーニング中のお子さま。


20060413051846.jpg
とある路上。あ、なんか眼がチカチカする?


20060413051904.jpg
カラフルな人達が、


20060413051856.jpg
さりげなく集団で去って行きました。


春ですね♪


と、これがブダペストの日常です。

ようこそ、ブダペストへ♪

・・・・・内容がないよう。m(_ _)m
ブログランキングへ?
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


クール宅配人来る



事あるごとに、ブダペストのサカナ事情を嘆いているワタシ。
その効果もあり、たまにニホンから救援物資が届いたりします。

昨日は、フランスから出張に来た元同僚と久しぶりに会いました。


「サカナ持ってきたよ~♪」


ヽ(゚∇゚)ノ!! きゃあ、


まじ?



瞬時に、サカナを持って、飛行機に乗り込む元同僚の姿が思い浮かぶ。


・・・・・苦労かけたねえ。(ノ∇`。)ホロリ。




で、サカナサカナ、何のサカナかな?(←もはやそれで頭が一杯)


20060412043111.jpg
アジ?(←実はアジはあまり好きではないので、ちょっとがっかり。)


などでは全然なく、


20060412043120.jpg
チョコレートでした。

まー、よく考えたら、生のサカナなんて無理よね。
(いや、無理ではないと思うが、没収の危険は伴うかも。)
でも、一瞬、期待しちゃったわ。


とはいえ、おフランスのチョコ屋のチョコだ!
これはこれですごく嬉しい♪



・・・・・いや、ハンガリーのチョコがどうとかそういうワケ
・・・・・でもあるけど。
チョコはフランスの方が断然美味しゅうございます。
あくまで私見でございますが。

とはいえ、ブダペストでは輸入物も手に入りますし、
ミルカシリーズは手ごろで美味しいです。我慢できます。


お安い中では、
20060412043127.jpg
こちらなどまあまあ美味しいのではと思います。
ちょっと、ポソっとしていますけど。

ちなみに、ドイツ語の読めない・きち家では、
「しょーぐん(将軍)チョコ」と呼ばれてます・・。
(「しょ」しか合ってませんが。)


また、若干お高いですが、オーストリア銘菓(?)の

20060412043134.jpg
モーツァルトチョコ(正式名称ではないけど)はお気に入りです。
オーストリア近隣諸国なら、空港でも買えるはず。
今年は、モーツァルトの生誕250周年だしね。
(ハンガリーの宣伝になってないし。)

と、ハンガリーのチョコ事情をフォローしつつ(?)、
締めくくりたいと思います。


・・・じゃ、ありがたく、フランス・チョコを頂こう。


聞いた話によると、妊娠中は、脳みそが縮むとか?
あ~、道理でネタも思いつかないワケだわ・・・・。え?
ポチっと応援して頂けたら、縮んだ脳みそで頑張りますから。
ブログランキングへ~♪
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif




黒眼の主張



週末にフランスに居た頃より知っている、
フランス人カップル(現在ブダペスト在)に招待されました。

非常に社会的活動の少ない我々夫婦ですが、
フランスに居るときは、ぽつぽつフランス人宅にご招待頂く機会もありました。

お洒落で名高いおフランス人のお宅拝見!

なワケですが、
期待を裏切られることなく、大抵の場合、
くやしいくらいにオシャレにまとめられているんですよ~。

インテリアがそこかしこに飾られ、
壁にポスターや絵が飾ってあり、

は~、素敵~♪

普段は皮肉屋のワタシも素直に感心してしまいます。


ですが、(はい、お約束)


いつも思うんですけどね、


どうして、


フランス人の家って、


ああも、





薄暗いのよ?

20060411050301.jpg
こんなに暗くはないけれど。


もちろん、夜お招き頂いた場合のことですが、
照明がとっても暗い。
いや・・・・分かってます。
それがオシャレ道ってもんで、
素敵な間接照明や、蝋燭(あ、キャンドルって言え?)を駆使されているワケなんですが、

ばりばりに蛍光灯の元で育ったワタシの黒目からすれば、

単に薄暗い

って思う時もしばしばありまして、

はい、こっち照明くださーい!

と叫びたくなったり。


ちなみに、
フランスで働いていました時も、
オフィスの電気を最初に点けるのはいつもワタシでした。

フランス人の皆さんは
外がどんより雲ってようが、薄暗かろうが、気にしない。
ほっとけば、

暗闇の中、PCの明かりのみで仕事してます。
アナタ苦学生?!

(いや、それは大げさですが。)

しまいには、ちょっと外が明るくなれば、
「ねえ、電気消していい?」って言い出しますから。
ワタシ以外は満場一致のOUI(賛成!)ですから、
2回に1回くらいしか、反対の意を述べられませんでした。
(途中から図々しくなりましたので、
一人だろうと、反対の時は反対と言えるようになりました。
Noと言えるニホン人もいるんだぞ。やい。)


で、誰かが言っていたのですが、どうやら、

黒眼は青眼よりも、光が必要だとか?

逆に、

ガイジンさんがいつでもどこでもサングラスをかけるのは、
必ずしもオシャレばかりではなく、

青眼は眩しさに弱いから、とか?

科学的データは持ち合わせておりませんが、
なんとなく実感して、そうかも、と思っています、コレ。


20060411045752.jpg
フランスはネコも青眼。(ウソ、たぶんフラッシュのせい)


というワケで、

これでアナタのお部屋もヨーロッパ風♪のためのテクニックは・・・

・テーブルにはキャンドルを。
・そこかしこに、オブジェ(飾り物)を。
・トイレの壁にはポスターを。
・オシャレなバックミュージックを。


以上はもちろんですが、なんたって、

・間接照明で薄暗く(蛍光灯は使うべからず)

というのが、ワタシの観察によるお勧めです。
ようは薄暗ければ、雰囲気で大体の部屋はオシャレに見えると思われ。


といいつつ、きち家は、

いつまでたってもモノマネの域を出られません。

・・・・・なにか間違ってるのかも?


だから、お部屋の写真なんて公開できないのさ~。
ポチっと、ブログランキングへ~♪
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif



桜もどき@ブダペスト



更新は滞りましたが、それはドナウの洪水のせいではなく
単に怠けた週末のせいです。

ワタシのてるてるぼーずのナイス仕事ぶりで、
大雨が降らず、ドナウ川は溢れずに済みました。

いやー、よかったよかった。
まだ、川沿いの道路は沈没したままですが、少しずつ水位は下がっているようです。
(あくまで、ワタシの目測。)


さて、先日、フランスで見たサクラの記事を書きました際(記事コチラ)、
「ブダペストにもサクラ(あるいは桜もどき)があるのかなー。」とつぶやきましたら、
コメントにて、「アーモンドが咲くわよ!」と教えて頂きました。


で、本日ゲッレールトの丘を散歩していましたら、発見!
(って、目立っているので、誰にでも見つかります。)


20060410050942.jpg
これですよね。


20060410050959.jpg
実からしても、アーモンド・・・・・?
(初めて木になっているのを見たので、判断つかず。)


20060410051011.jpg
ニホンのサクラに比べましたら、豪華さには欠けますが、
春だな~、という気分は十分に味わえます。


20060410051035.jpg
ゲッレールト温泉の建物をバックに。(温泉のレポートはコチラ


20060410051044.jpg
ああ、太陽も眩しいわ♪





でも、





ふと足元見ると




20060410051021.jpg
ごみが・・・。
(お見苦しいので小さめの画像にしました。)


自然は大切に!


・・・・・ま、街中にもゴミけっこう落ちてるけどね。


爽やかな月曜日から、なんてオチだ・・・・。m(_ _)m
その不満は、ポチっと押すことで、抗議の意をご表明くださいませ。
ブログランキングへ♪
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


てるてるぼーず



てるてるぼーずてるぼーず
20060406221110.jpg
あ~した・・・・・・

てか、今日も絶対雨降らせないで、お願い。

そんな願いむなしく、背後に広がる不吉な空・・・・・。


先日、ブダペストの町の中心を流れるドナウ川の増水について報告致しました。
(カコ記事コチラ

ワタシ、あんな増水なんて、
2-3日でさ~っと収まるものと思っておりました。








甘いね、きちくん。

以後も順調に増水を続けているそうで、かなり危険な状態らしい。
(もももさんのブログで知る、他力本願なワタシ。)

実はドナウ川からわずか数百メートルの所にある我が家。

ま、でも、ウチのアパートは、3Fだし~。(こちらで言う2F)

万が一溢れても、大丈夫かな。



・・・・・



あ・・・・でも・・・・



地下に置いてある、マイ愛車は、




沈没?



Σ( ̄□ ̄/)/



あわわわわ。イヤダイヤダ、それは絶対に困る。



というワケで、
突如、この危機が深刻に(?)わが身にも降りかかってきました。


そんじゃ、川見物偵察に れっつGO.
やはり、物見遊山じゃ?


20060406221330.jpg
ごうごう。


20060406221258.jpg
決壊まであと20cm。


20060406221306.jpg
ひえー。



これは、本当にマズイんじゃないの?



・・・・・しかし、




20060406221314.jpg
はい、ちーず♪

にわかに、新観光名所となりつつある感が。
耳済ませてみましたが、写真取ってるのは、外国人だけにあらず。
地元民もでした。

ちょっと、この深刻な危機が分かってんの?

とは自分にも言いたいが、でも、実は心配なきちさん。

家の近くの川沿いから、

もしや、我が家のあるところは、少しでも小高くなっていないだろうか。

と、前後左右にキョロキョロしながら帰ってきましたが、
(大工さんが持ってる、水平か分かる道具が欲しかったね。)

どう贔屓目に見ても、平坦。

溢れたら、ヤツ(水)は絶対来る。どうしよどうしよ。
とそこへ、アパートで管理人のR爺に会ったので、
「ドナウみました~?溢れるかなあ?」と聞いてみました。


「そーだねー。もし溢れたら、

即座に7~80cmの水だね。

だって、ここは、ドナウの川面より低いから。」



・・・・・・・・・・・・じゃ、地下駐車場は?



「もちろん、即水の下だね!」


ざっぱ~ん。


・・・・・・・・・Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン、とおののくワタシに、


「ま、でも大丈夫だよ。溢れないでしょ。」
と、どこからくるのか分からない保証をしてくれました。

そして、
「この先の、XXXX付近なんか、ここより低いから、大変だよ。

明日の散歩で見てきなよ♪」

って、教えてくれました。


・・・・・・・・・ネタご提供、ありがとう☆。


もしブログの更新が途絶えたら、
洪水で電話回線が切断された、と思ってくださいね。


頼むよ、てるてるぼーず・・・。
と思ったら、降り出しましたよ、雨。あわわ。
ポチっと応援(なんの?)宜しくです。
ブログランキングへ♪
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


オマケ。
ドナウに浮かぶ船上レストランは、


20060406221323.jpg
営業中♪(推定)

帰り道がなくなったら、ボートが待ってます♪
(*普段は、こんなアスレチックみたいな道を通らずとも行けますよ。)


追記;なんて焦っていたら、実は5日の未明が最高水位で、
それ以降は少しずつ下がっているらしいです。あーよかった。
って、安心するのはまだ早い?



歯医者に行った・・・



どちらかというと、虫歯になりやすい体質(?)のワタシ、
なのに、治療がめっぽう恐い小心者のワタシは、
高校生の頃から歯医者での定期健診をかかしたことがありません。
そして、歯磨き大魔王。

そんなワタシの密かな自信は、

高校生の時以来虫歯がひとつもない!

ということでした。


ブダペストに越してきて以来では、1回検診に行ったのですが、
いまいちその歯医者とウマがあわず、ここ半年以上検診してません。
高まる歯医者行きたい欲。

とはいえ、歯医者は評判が命ですから(と思ってる)、
やみくもに行くのも恐い。
で、知り合いに聞くも、
「ニホンに行った時に検診してもらうし~。」
なんて優雅な返事頂いたりして。

それも捨てがたい魅力なのですが、ワタシは、
「・・・むむ?虫歯か?」と思った時に即座に行けないなんて、気が狂います。
ですので、現地主義です。


というワケで、前回の妊婦検診の際、産婦人科の先生に、
「この時期(安定期)に歯科検診行きたいんですけどね~。」
と話ふってみましたところ、

「それはいいね。かかりつけの歯医者はいるの?いないなら、

僕のツマが歯医者だから。」

と、紹介してくれました。

・・・・評判いいか悪いか判断出来ないし、かなりビミョーな紹介では?
と思ったのですが、なにぶん、この産婦人科の先生が良い先生(腕も、対応も)なので、
似たもの夫婦って言うし。」と行ってみることにしました。

・・・・・・まともなヒトはこのような判断基準は真似しないように。

心配なのは、「英語は勉強中だから♪」とのことでしたが、
・・・なんとかなる? byきち・ハンガリー語習得ほぼ放棄状態


で、月曜日行って参りましたところ、

最新機器完備・清潔・愛想良し・
診察室がオレンジで統一されていてかわいい♪

(歯医者のよしあしには関係ない?)

と第一印象で問題はありませんでした。

が、問題があったのは、ワタシの歯・・・・・

虫歯発覚  (T□T)ガーン  


ご丁寧にも、モニターで虫歯を見せてくれました。
(きちんとしていますね。)
で、恐怖の治療ですが、
麻酔の注射がほんの少し痛かったくらいで、
それ以降は、痛くなかった。。。。

虫歯の治療が痛くないなんて♪
(↑時代遅れの歯科治療のイメージしか持ち合わせてなかったヒト)
と、虫歯治療の技術進歩をかみしめました次第です。


ちなみに、ハンガリーは、あくまでうわさですが、
「歯科治療のレベル」は悪くないらしいです。
その割に治療費が安いので、西側の国から、
「東欧の歯医者へ行こう♪ツアー」
なるものが組まれるらしいですから。

イメージでは、ハンガリーの医療に不安があったワタシですが、
今のところ、(まあ、病気はしていませんが。)
ネタになるような恐ろしい目には遭っていません。

ハンガリー万歳。

この調子でどうかよろしく・・・。
たまには褒めておかないとね。


ちなみに、歯医者の先生がしゃべってくれた英語は、
「It's OK?」と「You don't need to wait. You can eat.」くらいでしたが、
まあ、とりあえず治療にはさしつかえなかったです。
一応、「虫歯」「歯垢取って」「ワタシ妊婦」のハンガリー語は調べておきました。

海外での歯医者行きの参考になれば♪











・・・・・・・・ならない?
やはり、言葉は通じた方が安心ですね。
でも通じなくてもなんとかなることもあるってことで。

ポチッと、ブログランキングへ♪
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


今日の一枚。

日曜日、ある政党の公開選挙演説が行われたのですが、
それに向かう応援団ご一行さまのバスを見かけました。

20060405182641.jpg
観光客(ワタシ)にアピールするハンガリー地元民。

ハンガリーの未来は、明るいかも・・・・・・・?



異文化ショック



皆さま、カルチャーショックの経験はござますか?
そう、異文化に出会ってびっくりしちゃったわ、ってあれです。

ワタシも一応外国に住んでいますから、
小さなカルチャーショックの日々です。
「カルチャーショック体験 すなわち ネタ。」むふ。

さて、
そんなワタシの初めてのカルチャーショック体験はというと、

「ムス●ム以外は、地獄に行くんだぞ。
悪いこと言わんから、改宗しろって。」
と初めてあったエジプト人に言われたこと@カイロ

ではなくて、

ニホン行きの飛行機チケットを予約して、
諸事情で2-3回日程の変更をお願いしたら、
カウンターのおば・・お姉さんに逆切れされ、
大声でどなりちらされたことたこと@お客様は神様ではない・フランス

でもなくて、

実はニホンでのことでした。

ここブダペストで駐ツマ・えせマダムを気取っておりますワタクシですが、
実は、小中高と公立育ちの、ばりばりスーパー庶民でございます。

例えて言えば、高校の仲間たちは、皆、国産工場大量生産製チョコレートでして、
その中での「XXちゃんはお嬢さんだね~。」なんて、実は、
チロルチョコレートと、森永ミルクチョコレートの違いくらいでした。
つまり、違いはあれど、彼女らは「ゴディバ」ではありませんでした。

*ワタシにとって高級チョコは、ゴディバで・・・
新宿の「ジャン=ポール・エヴァン」とかそういうのよく知りません。m(_ _)m


で、その後、ワタシは、都内の私立大学に行きました。
そこ自体は、共学でしたし、お嬢様学校ではなかったのですが、
ワタシの学科は文学部の中でも、女子が多い学科で、
さらに、なんと、学科60人のうち、
半分以上が主に私立高校からの推薦入学のヒトでした。

そう、そんな推薦組は・・・・・

全国から集まる、お嬢様たち(高級チョコレートたち)なのです。

中でも、東京の、某お花学園ご出身の子はもう、ゴディバ級のお嬢様。
(とはいえ、今思うと、ジャン=ポール・エヴァン級あるいは、宮内庁御用達級ではないと思われ。)

だって、彼女らの挨拶「ごきげんよう」だし、「お母さま、お父さま」だし、
仲間内の会話で、ワタシが、「XX先生がそう言ってたよー。」というところを、
「XX先生がそうおっしゃっておられた。」とさらりと言ってましたからね。
それだけでも、ちゃきちゃき公立あがりのワタシは仰天の世界。
なに気取ってんだよーって思ってました。ええ。


さて、
そんなある日、授業かセミナーの際、話の流れは忘れてしまいましたが、
その某お花学園の子が、発言されました。

「だって、この世界は、神様がおつくりになったのですから。」

って。



Σ( ̄□ ̄/)/


・・・・・・・・・・・・・・・・


この


20世紀(当時)の


ハイテクニホンで


ダーウィンの進化説も習ったはずの


同じハタチそこそこの若者が



そんな非科学的なことを信じているのか?!


ものすごいショックでした。
彼女が宇宙人に見えました。


その後、海外で生活して、各宗教それぞれの世界にちょっぴり触れた今は、
そういう考えもあるんだな、と理解(あくまで、理解です。実感ではなく。)出来ます。

でも、当時のワタシはそれまで、
狭い「日本製工場大量生産チョコレート」の中でのほほんと生きてきたワケでして、
なーんにも知らなかったのです。
なので、その考えを批判する、とかそういうレベルではなくて、
純粋に、ただただびっくりしたのです。

というワケで、これがワタシの最初で最大のカルチャーショック体験でした。

これに比べたら、ハンガリーでの文化の違いなんて、
「所詮外国でのこと」ですから、ぜーんぜんびっくりしませんって。

カルチャーショックは案外身近に潜んでます♪



・・・・・ワタシだけ?

今日は、話だけでお疲れさまでした。
決して出不精の手抜きじゃなくってよ。だからどうか宜しく、
ポチッと、ブログランキングへ♪
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif

20060404210716.jpg
春を通り越し、初夏の日差しのブダペストです。いやはやウレシイね。



水上標識@ドナウ川



ブダペストの象徴でもある、美しき蒼きドナウ川

さて、他の河川はどうか存じませんが、
ドナウ川には、標識があります。


20060403190924.jpg
「止まれ」があったら、船は止まらなければなりませんし、


20060403190917.jpg
並走はいけません。


20060403191033.jpg
また、水上「タクシー」はここで拾えますし、


20060403191038.jpg
3.8m以上の船は、右の支流(?)に行かなければなりません。


こう見えても、きっちりしてますね、ハンガリーってば。




















・・・・・・・・なんてことはあるワケありません。


気づかぬうちに、上流のどこかで、大雨が降ったようです。

そう、

道路が浸水(沈没)してしまったのです。


20060403191102.jpg
雑ですみませんが、青で示した部分が浸水した模様。



なんだって!災害をネタにするなんて、なんて不謹慎だ!!!

ニホン人の恥だ!


というご非難・批判ごうごうの声が聞こえそうです。
ごもっとも、ごめんなさい。m(_ _)m

言い訳がましいですが、
確認出来た範囲では、道路だけの浸水のようです。よかったです。



オマケ。

20060403191053.jpg
それに・・・・仲間いました。
仲間がいればいいってものでもないです、はい。すみません。m(_ _)m


やっぱり、ちょっとまずいかしら、この記事?
ポチッと、ブログランキングへ・・・・?
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


というワケで、ひとつ前の記事へ頂いた
フィンランドおたくのmfさんからコメントにありましたように、
ドナウも氾濫(?)していました。
ニュースはチェックしていませんが(すみません)、
目で確認できたブダペストの町の範囲では、
道路以外の被害はなさそうです。
もし、他の地域で被害が起こっていましたら、
不適切な記事、お詫びいたします。


ドミニカ・・・


今日は、とっても珍しくお呼ばれです。
ですので、手抜き♪

カコ写真から、こんなところに旅したのよシリーズ♪
つまり、あれだな、自慢だな。

あまりニホンでは知られてないかも?、ドミニカ共和国


20060401013743.jpg
ビーチと


20060401013716.jpg
やどかりと


20060401013730.jpg
いぐあな@動物園。
その辺にあるいているワケではないです。ご心配なく。


ドミニカ共和国の雰囲気が伝われば幸いです。


*ドミニカ共和国は、カリブ海に浮かぶ島の国。ハイチの隣。
それ以上詳しくは聞かないで。

では、また♪


こんなんでも、押してくだサル?
ポチッと、ブログランキングへ♪
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。