よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おたふく



美容院に行ってきました。

とはいえ、これは、もはやネタにはなりません。

といいますのも、小さい美容院なのですが、
カタコトの英語をしゃべれる美容師さんで、
知り合いの紹介だったから、愛想もいいし、
お値段も良心的。


してます。


なので、今日は一歩踏み込んでみました。

駐ツマ・マダムだし、ここはひとつ大きく、

眉毛カットに挑戦。
(眉毛だけかいっ?
すみません、エステなんて高級なものに慣れてなくて。)


というのも、

ブダペストの美容院は、プチ・エステサロンを併設している所が多いようで、
脱毛、メーク、フェイスマッサージなどが出来、
ついでに、ネイルサロン(マネキュア・ペディキュア)も兼ねていたりします。


ワタシが行く美容室にも、エステ部(?)があり、
前回聞いたところによると、

なんと!


眉カットが、


たったの500フォリント(約280円)(+チップ少々)


んま~、奥さま、安いざます!


とはいえ、眉カットなんて、生まれて初めてですから、
相場は知らないワタシですが。


というワケで、頼んでみました。

突然頼んだにも関わらず、
「手があいたからどうぞ~」
とさわやかに呼んでくれ、
エステ部のある、美容室の2階(正しくは中2階といった風情)に登ってみましたら、
先客が一名。

スポーツ刈りのごっついハンガリー兄ちゃんが、

フェイシャル・ケア♪です・・・・・・か?
(エステ無知なもので、何をやっているか見当がつかないワタシ。
顔に白いクリームが乗ってました。)

ああ、びっくり。

今時のエステ@ニホンには男性客もいるって聞いたけど、
(と、新聞か雑誌で読んだ。)
まさか、ブダペストもとは・・・。


さて、ワタシの眉カット開始。

ワックスにする?ピンセットにする?と聞かれたので、
(家ではピンセットだし)
「ピンセットで」
とお願いしたところ、



・・・・・アイタタタタ。勝手に涙が・・・・。

こんなものでしょうか?



形は?と聞かれ、
(よく分からないし、何も考えていないし)
「アナタみたいにお願いします♪」
と、ものすごく安易にお願いしてみました。


「さあ、出来たわよ。

でも、この形にするためには、2週間くらいしたらまたきてね。

だから、今日は、第一段階ね。」



・・・・え?第一段階?


鏡を見てみれば、










おかめ?おたふく?

麻呂眉?
(眉間近くにちょん、ちょん、と残ってる感じです。)

20060422014945.jpg
こんなにかわいく(?)ありませんが。
(オタフクソースさま、画像加筆してお借りしました。)


・・・・・・・・・・・・・


Σ( ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄;)!! ひえええええええええ。


しかし、
「ここが生えて、次回ここをこう整えたら、
とってもビューティフルになるから♪」
と、かわいい笑顔で言われたら、何も言えない美人に弱いワタシ。


家までうつむき加減で、一目散に帰った
のは言うまでもありません。
(地下鉄も乗った。)


でも、家で、眉ペンでお姉さんが「予想」してくれたように描いてみましたら、
なるほど、今までよりすっきりした感じ?で結構嬉しい。
次回に期待です。
それまでは、せっせと描きます。


というワケで、

眉カット@ブダペストには、眉ペン持参がお勧めよ♪
(その場で眉描きも頼んだら、別料金だろうしね!多分高くはないと思うけど。
・・エセ・マダムっぷり、ばればれ。)


ホントは、ネタ取ろうと思ったのではないのですよ。
キレイになろうと思って・・・・・( ̄m ̄)ぷっ。
ポチっとおひとつ、ブログランキングへ
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


スポンサーサイト

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。