よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パサージュ@ブダペスト



お洒落おパリのルポルタージュなどに時々出てくる、
パサージュ(=アーケード(商店)街)。
古きよきおパリの香りむんむんで、さすが、おフランスの雰囲気です。
コチラなどご参照


実は、ブダペストにも、そんなパサージュが!
ただし「かつての」、いや、一応現役なのかもしれないが・・・・。

その名も、「パリの中庭(Parisi Udvar)」

・・・・・・大きく出たね、そのネーミング。


20060504143442.jpg
お洒落な入り口に惹かれて入ってみると、


20060504143357.jpg
がら~ん。。。。
すみません、日曜日でお店が休みでした。


20060504143429.jpg
写真に撮ると


20060504143155.jpg
いい感じ


20060504143307.jpg
なんですけれど

実際に見ると、寂れた感じがしないでもないのです。
ほこりっぽいというか。

ブダペストの残念、と思うところなのですが、
(アンタ残念ばっかりじゃん、っていうのは置いといて。)

かつて(共産主義時代以前)は、当時の文化的先進国だったのでは、と思わせる、
華やかなハプスブルグ時代の名残りがそこここに見られるのに、
それが野ざらし、崩壊しつつあっても、そのまま、であるものが多いことです。

一方で、近代的なビルやマンションはがんがん建っています。

20060504144244.jpg
例;近代的マンション

20060504144256.jpg
例;取り壊し中の古いマンション


古いものだけが良いとは言いませんが、
(現実、我々は新しいマンションに住んでいます。でも、一見便利に見えて、色々欠陥があります。)
崩壊寸前の古い建物を見ると、ああ、もったいない、と思うこともあります。

既に手の施しようがないものは、
とっとと壊しちゃえ、と思うこともある。


戦後のニホンと同じで(って、リアルタイムで経験してはいません。)、
すっかり荒れ果てた状態から一気に発展すると、
どーしても、近代的なものに惹かれてしまうものなのかもしれませんね。

でも、全て建替えてしまった後に後悔しても遅いのに。


先ほどのパサージュですが、

20060504143406.jpg
こんなですから。


20060504144658.jpg
お洒落電話ボックスも、


20060504144648.jpg
やっぱり落書き。

あちゃ~、って思いますよね。


以上、異邦人@ブダペストからのつぶやきでした。

ど、どうした、きち?あまりの痒さにおかしくなったか?

とお思いの皆さま、

ワタシだって、たまには真面目に考えているのでございますことよ。
ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ


連休真っ只中、皆さま如何お過ごしですか~?
ポチっとブログランキングへ~♪
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


*痒さは、気温が低いため、大分おさまってます。




スポンサーサイト

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。