よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニホンでもこんなですか?



妊娠ネタです。

先週からCTGです。

CTGとは、
臨月(妊娠10ヶ月)に行われる検査で、
子どもの心拍数と、子宮の収縮具合をモニターする、というものです。


さて、この検査は、お腹の中の子どもが時々動いて、
心拍数が上がるのが重要らしい。

小きち、夜はがんがん動くのですが、
朝は静かなことが多い。(いきなり夜型かよ!)

検査は朝8時半から。
どうやら寝ている小きち。
検査開始後、しばらくたっても動かない。


看護師さん、「・・・・・・・・」



なんだかご不満そう。



「寝てるようね。」とつぶやいた後、



ぐにぐに、ぐいぐい、と、


お腹を押して、子どもを起こしにかかりました。



ヽ(゚Д゚;)ノ!!



だ、大丈夫なのか?



ばくばくばくと一気に上がる小きちの心拍数。


す、すまないねえ。(;´o`)
つい代わりに謝りたくなるニホン人なワタシ。


その後、小きちは、数分置きに動いていました。


しばらくして様子を見に来た看護師さん、
データを見て、





「うん、パーフェクト♪」




( ̄- ̄;)



・・・・・・・・・・・そりゃ、意のままにあやつったデータだし。



大丈夫なのか?と思えど、
なにぶん何もかも初めてな経験なので、


日本でもきっとこうに違いない♪


と信じるワタシです。



また、最初のころ、
分娩室(お産をする部屋。妊婦がぎゃーとか叫ぶ部屋。)を
見学させてもらったのですが、

大きな部屋に、



分娩台(分娩用に装置がついたりしているベット)が3つ仲良く並んでいました。



つまり、ワタシ頑張ってる最中に、

お隣さんも頑張ってるかもってこと?

ややびっくりしたのですが、
これまた、初めて足を踏み入れる分娩室。
もしかしたら、どこもこんなものかも?
と思い、とりあえず、



仕切りのカーテンあるからいっか♪



と前向きに評価したのでした。


ところが、
後日、色々話を聞いてみると、どうやら、


ブダペストの公立病院でさえ、
綺麗な個室の分娩室があるらしい
、ことが発覚。
音楽♪なんかも流れちゃってるようよ。

こりゃ、ニホンでは言うまでもありませんな。



・・・・・・・・・・・・・・・し、しまった?


と思えど後の祭り。


ま、万が一、お仲間がいたら、
ハンガリー人のお産レポートも出来るから一石二鳥、ってことで♪

それも一興♪

前向きに前向きに。

とは言え、絶対そんな余裕はないと思われますが。


20060719055338.jpg
こちら、3泊(あるいは4泊)の入院に持っていく荷物♪
紙コップから、トイレットペーパー、洗剤・スポンジまで、
ちょっとしたキャンプにも行けてしまうセットです。

・・・・・・・お産に行くだけなんですけどね。

ブログランキングどうぞ宜しくです。m(_ _)m
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif

スポンサーサイト

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。