よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイススケートは如何?


ガイドブックに載ってないのは仕方ないけど、
地元民に人気な冬のスポット。

それは、「手をつなぎたいけどきっかけがない♪」なんてフレッシュカップルにお勧めの、

そう、

20051216224119.jpg
アイススケート場。

英雄広場の裏手にあるこのスケート場、地元若者で賑わってます。

ワタシのスケートの思い出といえば、
小学生の頃、(もちろんニホンの)遊園地の夏は流れるプールが、
冬はスケート場というところで滑ったくらいです。

ブダペストのスケート場と何が違うかといえば、

皆が一定方向に向かって、車のサーキットレースのようにくるくる回ること、でした。

一方、ブダペストの皆さんは、

20051216224108.jpg
「自由形」のごとく、勝手にお好きに滑ってらっしゃいます。


もう一点の違いは、

ワタシがよく行ったスケート場には、周りに壁があるので、
「きゃー♪」とかわいく壁につかまることも可能でした。

がブダペストのこのスケート場では、

20051216224128.jpg
そういった、甘えは許されません

なので、

20051216224054.jpg
カラダ張る。

ちなみに、

20051216224034.jpg
この幼児の彼の方はとっても器用に滑ってました。

以上、ブダペスト冬の風物詩からでした。

ところで、昨日の記事へのコメントでオーストラリアのyukiさんより
「ごんた君がいる?!」とご指摘がありましたのは、

20051216231219.jpg
このヒトです。
帽子といい、茶色具合といい、確かに「ごんたくん」を彷彿させます。


が、残念ながら、

20051216231211.jpg
ごんた君ではありませんでした~。おしい!
なんか、できるかな、が見たくなっちゃった。


どうかランキングは滑りませんように。
おひとつクリック頂けましたら、大感謝♪ブログランキングへ。

8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif
スポンサーサイト

コメント

きちさん、わざわざ“ごんた報告”ありがとうございます!
やっぱ違ったかぁ。しかしこう見ると思いっきり違いますね。
あ~、一瞬期待した「ゴンタ君世界進出」の希望がはかなく消えました。(T-T)
そういえばきちさんご存知?
最近あの「のっぽさん」が、71歳でCDデビューしたらしいですよ。(こっちの日系新聞情報)
すごいね~。当時は一言も喋らなかったのに、歌っちゃうなんて♪

スケートは私、二桁年以上行ってないから絶対滑れないわ。
上の子のような股裂け状態でしか前に進めなさそう…(^_^;)

ずいぶんと大きなスケート場ですね。周りの建物も素敵。私はスキー派なのでスケートは人生で2回しか滑ったことがないけれど、ブダペストのスケート場は雰囲気を味わうだけでも楽しそうですね。夜はライトアップして、ますますロマンチックになりそうな感じがします(^ ^)。
 それにしても、のっぽさんって71歳になるんですね...。びっくりしてしまいました。

ドイツのスケート場もこんなカンジです。
夜は少しライトアップされて、音楽なんかも流れちゃってます。
みなさんマイシューズを持っててかついで歩いてる姿もよく見かけます。
私は全然できないので・・・ただ眺めるだけ(笑)

●yukiさん。
いえいえ、yukiさんの目のつけどころはするどかったです!(笑)
ええ!のっぽさんが歌っちゃうんですか?しかも71歳・・・・・・。そりゃーワタシが見ていたのは、XX年前ですからねえ。しみじみ。

●マーヴィーさん。
確かに雰囲気はなかなかいいかもしれませんね。
でも残念ながら、昼間だけっぽいんですよ。なぜか分かりませんけれど。
ワタシものっぽさんの歳にはびっくりです。(笑)

●あみさん。
かかってました!音楽。結構みなさんスケート好きなんですねえ。ワタシも昔にやったことしかないので、出来るかあまり自信ないです。

今更ですが・・・スケート大好きサリーちゃんです。こちらチェコでは日本では考えられないほどスケート靴がやすいんですよ。フィギュアスケートやホッケー用でもカルフールなんかでは1500円くらいで売っています。
子供の頃、ほしくてほしくてたまらなかったスケート靴を、今年のクリスマスにサンタさんにお願いする予定です(笑・・・というか、年齢を考えると脱力です)。失礼いたしました。アイスホッケーの国で、私もこちらのキッズに負けじとがんばって滑っております。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uszoda.blog12.fc2.com/tb.php/164-a0cf7ecc

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。