よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院デビュー@ブダペスト



今日はお食事前・中・後の方にはふさわしくない内容含まれています。
ご注意!



さて、日本に住んでいようと、海外に住んでいようと、健康は大切です。
ワタシは、今は小心者なので(昔は無謀なこともしました。)、
ここ数年は、とりあえず、定期健診に自主的に行くようにしています。

というワケで、病院デビュー@ブダペスト
(歯医者は行きましたが。)

こういう時は、わが身優先、ネタは二の次、ブロガー魂ほってしまうワタシです。
なので、数少ない知り合いに聞きまくって(お世話になりました。)、
評判の良い且つ、英語を話せるお医者様を教えて頂きました。

約束取って(*)、いざ、出陣。
(*)やはり、良いという評判のお医者様は、
電話しても、「じゃあ、翌日来て」というワケには行きません。(緊急なら別)
フランスでは、専門によって、1ヶ月から6ヶ月(これは目医者)待たされることもざらでした。
今回は、月曜日に電話して、金曜日の約束を取れましたので、ワタシにとっては、早い方でした。


さて、肝心の診察は、
ヒューグラント似で英語ペラペラでにこやか(極めてまれ@ブダペスト)な先生と、
フランスと比べても遜色ない綺麗な診察室で、さくさくと行われました。

全然ネタになりません。
(いや、それでいいんだ、それで。)

そして、血液検査とにょー検査の処方をして、違う日に、別の場所に行くように指示されました。
(開業医のところでは、出来ることが限られているので、
レントゲン、各種検査のためには、別のところへ行かなければならないことあり。)


「は~い。」と気分よく帰ってきたものの、何か足りない。

(゚Д゚;) ハッ、 にょー検査用の、ケースもらってない・・・・。

先生が言ったことを思い出してみれば、

「よく洗った入れ物を使って、持ってきてね♪」

って言っていたような(英語なので、時に意識が飛ぶ)。


Σ( ̄ロ ̄lll)


それは、例えば、ジャムの空き瓶とかを使えということでしょうか、ドクター?

・・・・・・糖尿病、って診断されるんじゃ?

そして、アンチョビの小瓶を使ったら、

・・・・・・塩分とりすぎ。高血圧の恐れアリ。とか言われるんじゃ?


危険すぎる・・・・。

というワケで、ワタクシ、知恵を絞って、

20051219223624.jpg
ミネラルウォーターのミニを使用することにしました。
中身は水だし、しっかり閉まるし♪
(ミニって言ってもね、330mlも入っちゃうけどね。)

もし、実はただ入れ物渡し忘れていただけだったら、
「なに考えてるんだ、アジアの小娘は。」
という、アジア人皆さまにご迷惑をおかけしてしまうかも、という恐れがあったので、
どきどきしながら、「あの、これ、持ってきました。」と渡しましたら、

「すばらしい♪」

と嬉しそうに持っていきました。
とりあえず、馬鹿にした形跡みじんもありませんでした、ε-(´▽`) ホッ。

つまり、ワタシがしたことは、非常に正しかったと思われます。


・・・・・・・・・・・・・本当だろうか。

ブダペスト病院事情に詳しい方、どうかご教示を・・・・・。

あー、しばらくミニのミネラルウォーター飲む気しないわ。
え、それは皆さまのセリフ?ほんと、ごめんなさい。m(_ _)mブログランキングへ。

8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。ブログランキングからやってきました。ハンガリーってスッゴク綺麗な所っていうイメージと旧東欧諸国で少し怖いイメージがあります。昔の秘密警察とか今は民主化でなくなちゃったんですかね?
聞いた話だと、外国の医療制度だと診療所のホームドクターがいてまず病院に行く人をふるいにかけて減らすみたいですね。病院は高度な医療に集中できるように。ハンガリーはどうなんですかね?きちさんの健康診断を見る限りは、検査は別のところですもんね。

早とちりして、によーをミツカン酢の瓶に入れて持ってたのかと思いましたよ。
マジでシビンだわ。色もね。^^
30年くらい前は、日本でもマッチ箱に検○ん入れてたような記憶が・・・。

ちぇっ、きちさんのことだからミツカン酢のビンに入れると思ったのに・・・・
・・・こぼれそう・・・
あーこぼれそう。バッグとかに入れておいて、こぼれるところ、想像してしまった私・・・
そして当分酢の物が食べられそうにない・・・自爆

すいません!URL間違ってました。訂正します。

すばらしいわ・・きち奥様・・
糖尿病や肝臓を疑われないための苦肉の作でございましたわね・・
が・・しかし、私も、前記の皆様のように・・ミツカン酢との比較はちょっと怪しい雰囲気でございますわね。もしかして・・中身はお酢ではなく・・と、色合いからも想像を逞しくしてしまいました。
・・・これから・・お酢を使うとき、一度、試してからじゃなければ使えなくなってしまった気も致しております。・・あぁ・・罪深いきち奥様!

ええ…ワタクシもミツカン酢のビンがそれかと…。
しかし~、適当な空きビンに入れて持ってきてねって、それがフツウなんでしょうか?学校の健康診断(身体測定?)とかは??子どもがたくさんいる家では、検査の日はビンを確保するのが大変だったりするんでしょうか。

●sorasukeさん。
初めまして!
秘密警察は、もうないと思います。全然怖いところではないと思いますが、そこかしこに、共産時代の名残を感じます。
確かに、ホームドクター制度はこちらもあるようです。ただ、必ずしもホームドクターを通さなければならないか、はまだ分かりません。お金をだせばなんとかなるような気も・・・。(笑)まだそういうところはあるようです。

●はなまげどんさん。
そ、そういえば。がーん。今までみつかん酢に貢献してきたのに、これでおじゃん?
マッチ箱の話は、親から聞いたことがありま~す。うふ。

●vivnyancoさん。
だって、酢の入れ物じゃ、酸性が妙に強くでて、なんかの病気に思われそうですって。
みつかん酢のイメージ悪くしちゃった、あわわ。

●ihokoさん。
ihokoさんまで!でも言われてみると同じ色かも、、、、、。
うわー、どうか忘れてくださいませ!

●mfさん。
mfさんまで。だって、みつかん酢の瓶の口はせますぎるでしょう!?(笑)
でも、びっくりしましたよ。ほんと一体何に入れろというのでしょう??

旧ソ連・中国に代表される共産主義の国って賄賂を使って当たり前っていうイメージがあります。ハンガリーもかつてはソ連の支配下にあったから、お金次第で診察してもらえるなんて、その名残なんですかね。
って日本でも金次第でいろいろ無理はきくかも・・・・・

●sorasukeさん。
そうみたいですねー。悪い習慣とは分かっていても、なかなか廃止には出来ませんよね、こういうことは。
でも、お金でなんとかなるのは、世界中多かれ少なかれあることかもしれませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uszoda.blog12.fc2.com/tb.php/167-f528429c

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。