よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きなカブ



むかーしむかし、あるところに、おじーさんとおばーさんがいました。

ある日、おじーさんは、カブを植えました。

「大きくなーれ」

20060209071055.jpg
へい。


「大きくなーれ。」

20060209071101.jpg
ほい。


「大きく大きくなーれ。」

20060209071109.jpg
てやんでい。

と言いながら・・・・。

で、始まる「大きなカブ」のお話ご存知ですか?(覚えてますか?)
これって、ロシア民話だったんですねー。
知りませんでした。

だって、カブってなんだかニホンの野菜っぽくありませんか?
とはいえ、そういえば、フランスでも、ハンガリーでも割りと簡単に手に入るな。
と思って調べてみると、(この野菜図鑑よく出来てます。)

ええっ?蕪って、アフガニスタンあたりか、地中海沿岸の南ヨーロッパあたりが原産なの!
そりゃー失礼しました。m(_ _)m


というワケで、冒頭の写真のカブに戻りますが、
ブダペストで買ったカブなんですけどね、
こちらで今まで見かけたカブは、2種類ありまして、

① 子どもの握りこぶしくらいのいわゆる普通の白いカブ
(関東海側人から見てです。)



② 冒頭の写真のカブがありました。赤白両方ありです。

20060209071047.jpg
ちょっとカブさん、大きくないですか?


で、この②の方のカブは・・・・・
ニホンかぼちゃ(カコ記事こちら)に続く
摩訶不思議ネーミング第2弾@ハンガリー


じゃん



20060209071040.jpg
その名も、ニホンかぶ~


ぶーぶーぶーこんな大きいカブ見たことなーい。
by 関東海側出身のワタシおよび関東海なし県出身(←あ、差別用語?)のオット。

でも、そういえば、このvivnyancoさんの記事によると、
どうやらニホンにもあるらしい?
その名も、

聖護院かぶ

ヨコですが、読めますか、この漢字?
どうやら、しょうごいんかぶって読むらしいです。(そのまんま?)


それで、さきほどの野菜図鑑見て頂くと非常に分かりやすくかいてありますが、

西日本側は殆ど、大きなカブなの?!?Σ( ̄□ ̄/)/

そして、それを「ニホン型」って呼ぶの?Σ( ̄□ ̄/)/
で、東ニホンで食べられてる小型版は西洋型なの?!?!Σ( ̄□ ̄/)/

つまり、ハンガリーのネーミングは

真に正しい?Σ( ̄□ ̄/)/

ひえええええええ、カルチャーショックぅぅぅぅぅ。
よかった、偉そうに、ハンガリー人にうんちくたれなくて。
よく考えたら、大好物だったべったら漬けもカブだったのね~~。

なんか、_| ̄|○ ガクーリ

今日もひとつオトナになったわ。
でも、この記事、こんなオチになるとは思ってなかったです。
(書きながら調べたもので。)
ハンガリーを笑ってもらおうと思ったのに、自分のアホさを披露してしまった。
嗚呼、はずかし。(←なんてあまり思ってない。

たかがカブ、されどカブ。カブで記事書いてしまいました。
そんな記事でも宜しければ、ポチりと押していって下さいませ。
ブログランキングへ

8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif

んまあ、ランキングが!!m(_ _)m アリガトウゴザイマス。

スポンサーサイト

コメント

きちさん、はじめまして。
復活楽しみにしていました♪
短いですが中欧旅行に出かけていて昨日ブダペストから帰って来ました。
ブログが復活されていて嬉しかったです。
旅行前にくまなく読み漁り、ブダペストのフリータイムの過ごし方の参考に利用させていただきました♪
氷がプカプカ浮いてるドナウ川のクルーズもして来ました。凄く寒かったですが、キレイでした♪
それから2つ下の記事の「なぜどこからどう見てもアジアンな人に道や時間を尋ねるか」という件について、たまたま添乗員さんが説明してくれました。「ハンガリーは人種のるつぼなので、東洋顔だとか西洋顔だとかぜ~んぜん考えないで話しかけてくる」のだそうです。ヨーロッパは全体的にそういうところがあるのかもしれませんね・・・。皆さんもおっしゃっていましたが、詐欺の手口にも「道を尋ねる」ところからスタートするものがはやっているそうですね。でも現地の言葉で答えると、詐欺はそそくさと消えていくそうですよ(笑)
これからも楽しみにしていますので、無理のない範囲でがんばってくださいませm(__)m

そーそー、そーですよ。私も関東出身なので、かぶっちゅーのは手のひらサイズの物だと思ってたんですけどね・・・
うちの姑は西日本の出身なんですよ。
彼女の中では、大きなカブが当たり前だったんですよ、きっと。
多分彼女はハンガリーに行ってもカブに違和感を覚えないタイプですね。

きゃぁ~~~。千枚漬け!
きち奥様・・”猫に小判”になっていつような感じでございましたわね。
漬物にして下さい!漬物に!
あ~~~。羨ましい。
いかがでしょう??鯛とひらめを投げつけるので、イタリアめがけて・・砲丸投げのように、聖護院かぶを投げていただくというのは・・?

私全然違和感感じません・・・(笑)
西日本出身だから!?
カブって大きいイメージがあるんですよね。
おじいちゃんが作る千枚付けもかなり大きめサイズだし。。。
地域によって違うんですね。

聖護院かぶといえば千枚漬ですね♪
食べたくなってきました。
この赤かぶ、どう見てもでっかいラディッシュ・・・あれもかぶの仲間ですか(^-^;
ちなみに、関西でもスーパーでは普通の手のひらサイズで売ってます。
大きなのは漬物になったものくらいしか、あんまり見かけない気がします。

(・0・。) ほほーっ
こんな大きなかぶあるんですねー。そういえばフィンランドではかぶって春と夏ぐらいしかみなかったなあ。赤いやつじゃなくて白いやつですが。茎と一緒にしょうゆとみりんでひき肉と一緒に煮るとおいしいんですよねー。

ネーミングといえば、こちらに「なし」って売っていますが、フィンランド語でも「Nashi」です。別に「paaryna」って単語もありますが、「Nashi」は21世紀みたいな味、[paaryna」は西洋梨って感じでしょうか。

なんか千枚漬け食べたくなってきたヽ(`Д´)ノウワァァァン

大きなかぶっ。
白いこれぐらいのカブなら、見たことがありますが、赤いのは、はじめてです。カブ漬けにすると、たくさん
できそうですね。笑
これで、赤ちゃんも、すくすくです。

きちさん。昔ながらのハイペースブログ。嬉しいですね。体調も良さそうで何よりです。
西日本出身の者としては、大かぶも珍しくありません。昔は、おばあちゃんの家で収穫したかぶを洗うのを手伝わされたものです。ちなみにおばあちゃんの家(中国地方在住)では子かぶも大かぶも両方栽培しています。
どちらも白色ですが。。。
きちさんは千枚漬けは食べたことございません???すっぱいのが苦手な人は嫌いかも知れませんが。。。中には、かなり甘めなものもあります。
しかし、なぜあれが、日本かぶなんでしょうかね?

では、また。

PS.ランキングかなり上がってきましたね。きちさんの本領発揮って所かな?もちろん、今日もポチリと押しておきましたよ。

久しぶりのミツカン酢。しかし小さく見えます。
白いかぶならデカイの売ってますが、赤カブは珍しいかな。
ミツカン酢よ、やっておしまい! 酢でしめるのよ!

●えりさん。
初めまして、コメントありがとうございます!
ブダペスト楽しかったようで何よりです! 寒かった・・・ですよね。(笑)
冬の東欧満喫ってことで!
ハンガリーは人種のるつぼ・・・・かなあ?パリやロンドンに比べたら・・・。いや、添乗員さんにケチつけるワケでは決してありません。(笑)
でも、起源はアジア系なのにヨーロッパにいるっていう国の形成の歴史そのものは確かにるつぼ的ですよね。
またぽつぽつ更新して行きますので、よかったらいらして下さいね!

●vivnyancoさん。
なるほど、そういうワケだったんですね。あれを普通に煮物にするなんて!ってちょっとびっくりしてたもんで。(笑)
けど、お姑さんが煮物にしたってことは、関東でも普通に買えるんですね?

●ihokoさん。
そーだ!ワタシが好きなのは、べったら漬けではなくて、千枚漬けたった!
でも・・・・あれって自宅で作れるんですか? ihokoさん目がけて砲丸投げしますから、千枚漬けにしておすそ分けしてください。 (笑)で、鯛とひらめも一緒に・・・。

●あみさん。
やっぱり違和感ないんですね!知らなかった・・・。
おじいちゃんが作る千枚漬け?やっぱり家庭で作れるんですね。レシピを検索するべし、ですね。

●Lottaさん。
あれ?小さいのも関西では売ってるんですね。大きいのだけ、というワケではないのか。小さい方が料理には簡単そうですしね。

●まーらいおんさん。
煮物もお手の物ですか。さすがです、師匠。ウチ昨日は、味噌煮込みうどんにしました。

「なし」ってフランスでも「なし」と言われてるのは、日本の梨でした!!で、いわゆる「ラ・フランス」って日本で呼ばれているのが、「poire」っていわれていて、「西洋梨」ですね。同じですねー。ワタシは、日本のなしの方が好き・・・。

●もも太郎侍さん。
そうなんですよ。2人だけだと1回に使いきれなくて、余った分は、即席漬けにしますが、山盛り出来ます。(笑)

●はらだんさん。
やっぱり、西日本では大きなカブが普通にあるんですね。ふむふむ。
千枚漬け、大好物でした!(べったら漬けも好きですが、千枚漬けのことを言いたかったんです。笑)おいしいです!でも関東で買うと高いんです。
ポチッと押して下さり感謝です~。

●はなまげどんさん。
そういえば!カブに酢はナイス組み合わせでしたね。(笑)
そっか、赤い大きいものは珍しいのですね~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uszoda.blog12.fc2.com/tb.php/178-bf535265

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。