よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サキャ南寺の妖怪

ここブタペストすっかり夏です。

毎日30度越え。ウレシイね。

さて、といえば、「妖怪」です。

(む、無理あります?この展開。。。)

それじゃあ、、、


先日、ここでの唯一の駐ツマ友・猫娘ちゃんの家で、「水木しげる短編集」を見つけてしまいました。読みたい。貸し出し許可交渉中。

さて、水木しげるサンと言えば、「妖怪」です。

(どうですか?自然?)


ハンガリー・オンリーでもネタが切れますし寂しいですし、

時々、旅先のネタも披露して宜しいでしょうか?

ジャンル「海外情報」ですから、「海外」からはずれない、ってことで許してください。


ということで、去年旅行したチベットよりお勧めスポットを。


サキャ南寺

sakya.jpg


サキャは ラサからエベレスト方面への途中にある、標高4200m、人口わずか2000人の小さな村。
(ものすごいおおざっぱな説明だ。)

そこにサキャ派の総本山サキャ南寺があります。

ラカン・チェンモと呼ばれる主殿も見ごたえありますが、

水木しげる氏ファン・妖怪ファンの方には、

主殿の左にある「望楼=遠くを見るための高い建物」(Protector chapel by Lonly planet)が最高におススメです。

こんな興味深いところを、なぜガイドブックに詳細に載せないのか、全くもって疑問。

では、どうぞ。


gate.jpg
gate1.jpg

ウェルカム。

ceiling.jpg
こういう方が天井に沢山。

black.jpg
見難いですが、黒いオニのような感じの方がいます。


主殿の2階にも同じようなコーナーありです。

お化け屋敷が苦手な方は、お友達とご一緒に♪

(でも、足もとからゴーッと風が吹いてきたりはしませんからご安心を。)

20050622115057.jpg
天井のミドリな方。

20050622115116.jpg
お参りにきた人たちから布(カタと呼ばれるシルク製のスカーフ)をかけられてます。


一体これらは、「ボン教の影響」なのでしょうか?
というところが短時間のネット検索では探し出せませんでした。
また時間のある時にゆっくり探してみます。
何かご存知の方は教えて頂けると嬉しいです。


あ、もしかして、このネタ、引いちゃいました?

大丈夫、ワタシ、ごく普通の人ですから。

明日は、普通のハンガリー・ネタに戻りますから!!

ミステナイデェェ。。。


ハンガリーネタじゃなきゃ、やはりコチラ↓駄目ですか?

人気blogランキングへ

8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif








紹介したところを、日本語でどう呼ぶかは
はっきり分かりませんでした。「望楼」と書いたのは、某ガイドブックによりますが、それがこの建物を指すかが自信ありません。

ごめんなさい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uszoda.blog12.fc2.com/tb.php/18-4f3fde85

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。