よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比べてみよう、ちり紙編



これが普通と思って使っている日常雑貨も、
国が変わればちょっと形を変えていたりします。
例えば、前に記事にしましたサランラップなどは、良い例です。(カコ記事コチラ
というワケで、身近な雑貨@ハンガリー第2弾は、

ティッシュ

ティッシュなんて、日本じゃ、必ず5箱セットで売られていますよね。
でも、例えば、フランスでは、せいぜい特売で2箱セットが限度です。
大抵は、ちまちまと1箱ずつ買うのです。しかも、結構高かった。
トイレットペーパーもしかりで、結構高い。
資源は大切に!ってことかしら。

20060308055428.jpg

さて、ハンガリーのスーパーで、この「箱ティッシュ」を探しますと、
隅っこで、申し訳程度1-2種類が売られているのみ。
しかも、1箱150円から200円くらい。
高い、高いよ!

ハンガリー人は、箱ティッシュ使わないのか?
と疑問に思いつつ、横を見ると、
だ~~~っと景気よく並んでいるのが、

20060308055435.jpg
これら。

最初は、日本でも一昔前(ふた昔?)に使用されてた、
四角いトイレットペーパー(分かります?)の変形版?
かと思ったのですが、どうやら、これが箱ティッシュの代わりらしい。
折りたたまれたティッシュがそのまま袋詰め。


Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン


ティッシュは箱に入っているもの、という思い込みがガラガラと崩れた瞬間でした。
(大げさな・・。)

しかし、

ティッシュにくらべ、この袋入りティッシュは、


半額以下・・・・・( ̄□ ̄;)。


・・・・・これでよし!

以来、主に袋入りティッシュを愛用する我々です。
(オットは最初イヤそうだったような気もしたが、決定権はツマにあり。)

郷に入らば郷に従え。(ヒロミじゃないよ・・・・さむっ。)

都合のいい時ばかり郷に従うワタシ。


でも、

20060308055450.jpg
ほーら、大きさも殆ど変わらないし、


20060308055458.jpg
ほーら、3枚重ねも同じ、


20060308055505.jpg
あえて言うなら、微妙に箱ティッシュのがやわらかいってことくらいかしら。

でも、問題ないない。ノープロブレム。

ということで、

袋ティッシュ万歳、大いに活用しましょう。



ほら、
20060308055419.jpg
こんな風にすれば、す て き♪

・・・貧乏くさい・・のかしら。

オチがなくてすみません。でもよかったら、ブログランキングへ。

8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


スポンサーサイト

コメント

エジプトでは、500枚(250組)のティッシュが5ポンド(100円)です。これって、こっちの感覚では500円です。高いです! ポケットティシュが折ったそのままのものです。ただじゃないなんて・・・いやです。トイレットペーパーに至っては、日本にもあるスコッティの柔らかーくて、香りがついてて、バラの模様なんてついたシャレたものを発見したんですが、8ロールで54ポンド(約1000円)!! こっちの感覚で5000円。恐ろしくってお尻拭けません。
一体どうしてこうなるのか? 金銭感覚おかしくなります。
きちさんは、堅実な妻をしていて偉いです。私は・・・どこかが狂ってます。

うちの姑さんなんて、ホテルや旅館に置いてあるティッシュを、箱からごっそり抜き出して持ってきて、家で空いたティッシュの箱に詰めて使っています(泣)
そうです。空き箱は全部とってあります。
きちさんがよろしければ、空き箱を送りますので、詰めてお使いになります?ほほほ・・・・

さすがでございましたわ・・紙まで持ち出してのブログ根性!・・諸事情は色々とございますでしょうが・・ここはやはり是非ともハンガリーに留まって頂いて、そちらで分娩いたして頂き、私を含めた読者を喜ばせて頂きたいものでございますわ・・

そうそう、こっちに来てまず驚いたのが紙の高さ。
うちも袋入りのティッシュ、愛用です(^^;)
それようの箱(・・・だと思って入れている)に入れて普通に使ってます。
タダ、風邪を引いて鼻水が沢山出るときは特別!箱入りティッシュ。
袋入りのヤツだと鼻の下が真っ赤になるんです。。。ちょっと硬くて。
あと、子供がトイレで日本感覚でトイレットペーパーをグルグル使う何て事したら
激怒!←大人気ない。。。
ソレくらい貴重ですよねぇぇ。
きちさんなら分かってくれるかしら?

ですよね?
俺も、年末にブダペストに行ったときに驚きました。彼女が出してくれたティッシュはその袋詰のやつで、日本のティッシュに比べて、堅く、紙ナプキンを少し柔らかくした感じでした。しかも、日本の箱ティッシュは2枚組みなのに対し、その袋入りティッシュは、3枚組みでした。
行った時、ちょうど風邪を引いていたので、鼻をかむのに水分の吸収が悪く、日本のティッシュに比べて噛み心地は悪かったです。最初は、日本の空港で買ったポケットティッシュを使っていたのですが、無くなったら、そちらの袋入りティッシュを使ってました。でも、もったいないので、3枚を2枚にはがして使ってました。
きちさんはどうしてます?

あと、HP見てくれました?感想あれば聞かせてください。
では、また。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

袋ティッシュ、画期的だけどすんごいごっついですね~。でも安いならOKです。
こっちも紙類はめっちゃ高いんですよ。「カサカサ2枚重ね300枚入り箱ティッシュ」が
200円くらいでしょうか。もちろん一箱売りです。面倒くさい…。
クリネックスの高級ティッシュも売ってはいますが、高くて手が出ませ~ん。
日本のティッシュは柔らかくて今思えば本当にありがたいですよね。

先日の道路の記事、妊婦に車の振動ってダメなんですか!?初めて知りました。
私ほぼ毎日運転してます。しかもこっちも結構道路ガタガタ・・・。
丁度タイヤが通る場所にわざわざ小さいマンホールみたいなんがあったり、
細い道に減速の為に作られている山もいたる所にあるので
いっつもガッタンゴットンいってます。大丈夫かしら??(^_^;)

紙って高級品なのですね~(ノД`)
ポケットティッシュがタダで配られてるなんて、幸せ者~。
(そういえば四角いガサガサしたトイレットペーパー最近見かけないかも…。
絶滅してしまったのか!?)

それにしてもvivnyancoさんのお義母様。さすがです!!!

私がチェコに住み始めた頃、同じことしました。やっぱり箱のやつを最初に捜し求めるんですよねー。そしてやっぱり高い(笑)。んで、上のポケットタイプが安いので、これに落ち着くんですが、これすぐにかばんに入れられるし便利ですよね(´ー`)

きちさんのレポートは、チェコに住み始めた頃の思い出を掻き立てるものが多くて、いつも共感します(´ー`)

やっぱりヨーロッパはどこも同じ状態なんですね~。ラップの時も同じようなコメント書いたような…。
我が家では、箱ティッシュは来客の時だけ登場ですよ!日常では、『特製節約ティッシュ』を使ってるんですよ!これは粉ミルクの缶を使うんです。フタの中心部を丸~く切り取って、取り出し口にして芯を抜いたトイレットペーパーを入れて出来上がり~♪お鼻が出たらスルスル~っと必要な分だけ引き抜く♪
キチ家にも粉ミルクが必要になるでしょ?是非お試しあれ!!

●monaさん。
そ~いえば、カイロも高かった記憶が・・。でも、そりゃ高すぎ!とはいえ、安いトイレットペーパーは、巻きが甘いからすーぐになくなっちゃうんですよね。(ハンガリーもしかり。)
でも、ワタシも気にしないところは気にしないです。(笑)

●vivnyancoさん。
す、すごい。さすがですね。(?)
箱頂こうかしら?(笑)
でも、折りたたんであるのを広げなきゃいけないしな~。(笑)

●ihokoさん。
外に出てないもんでねえ。手じかなところでネタひねり出してます、はい。
日本の妊娠ライフは厳しいみたいですしねえ。なんか、最近すごい勢いで体重増えてますし、日本だったら、怒られるらしいです。そんなんで怒られたら、ワタシ逆ぎれしそうです。(笑)

●ミランジェロさん。
ですよね~!!高い高い。でも、最近はちょっと麻痺してきました。トイレットペーパーはぴんきりで沢山ありますよね。最初は安めの使っていたんですが、すぐになくなっちゃうんで、少し高いのにしてみました。減りが遅いから、結局同じかも。安さだけに騙されても危険ですね。(笑)
でも、あのティッシュやっぱり愛用してるんですね、安心しました。

●はらだんさん。
分かります~、その3枚組みをはがして使う感覚。(笑)今はやってませんが、昔はやってました!でもそうしたいくらい、立派なティッシュですよね。でも確かにごわっとしてますね。鼻かぜには向きませんね。
素敵なHPですね。お雛様には詳しくないので、なんとも言えませんが(笑)お客さんが沢山来るといいですね。

●yukiさん。
オーストラリアもそんなんですか。紙が安いのって、日本くらいなのかなあ。資源節約のためには、少し高い方がいいかもしれませんね。
振動がよくないのは、初期らしいです。でも、あまり気にすることないのかも。
こういうことって、あれこれ知りすぎるといやですよね。ワタシなんか小心者なので、もう、妊娠中なんにも出来なくなりそうなので、これ以上知りたくないです。(笑)

●ぽんちさん。
そうそう、ティッシュただで配るなんて、ありえないです!最初、ポケットティッシュ買うのにめちゃくちゃ抵抗ありましたよ~。なんで、こんなの買わなきゃならないんだ!って。●富士でもなんでも、くれるのはありがたいです。(笑)

●まーらいおんさん。
でも、チェコってどうやら、ブダペストより頑張ってるらしい(=発達度)ですよ。そのうち差がつくかもです。(笑)
それにしても、皆、やっぱり同じこと思うんですね。面白い~。

●rindaさん。
なるほど、そうすれば、卓上トイレットペーパーむき出しは避けられますもんね。でも、ブダペストでは、トイレットペーパーの方が、袋ティッシュより高い気もするので、駄目か・・・。(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uszoda.blog12.fc2.com/tb.php/187-d4862344

ちり紙ちり紙(ちりがみ、ちりし、塵紙)は、汚れを拭き取って捨てることを目的として作られた、薄手の安価で粗末な紙。普通、20cm四方前後の手頃な大きさに裁断されている。主たる用途は、鼻をかむことと、便所|用便の後始末であるが、日本では、前者はティッシュペーパー

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。