よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイドブックに載せられない?迷所



唐突ですが、ご存知ですか?

イタリアはヴェローナにある
かの有名なロミオとジュリエットのジュリエッタの家にある、
ジュリエッタの像
この像の右胸に触ると幸せな結婚が出来るという言い伝え。

ワタシ?ええ、恥ずかしげもなく、触って参りましたよ。

20060524171924.jpg
皆に触られてぴかぴかの胸。いやん♪


もうひとつ、
ベルギーはブリュッセルのグランプラスにある、
セルクラースの像
この像の右手に触ると幸せになれるという言い伝え。

ワタシ?ええ、もちろん、並んで触ってきましたよ。

20060524172048.jpg
あれ?右手ではありませんでしたか?

Σ( ̄ロ ̄ll)ガーン ワタシ幸せ逃した?


こういうのって、世界各地にありません?
で、「幸せになれる」って言われてつい触っちゃうのは、
国を越えて万国のワタシ含めミーハーなヒトに共通の行動ですね。
幸せになりたいのは、皆の願いですね。(ノ_・。)ホロリ



さて、
ございましたよ、我らがブダペストにも。

ブダ王宮にある、アンドラーシュ ハディクの像
この方は、マリアテレジアのお気に入りの軽騎兵長だったそうです(1710-1790)。

で、地元の学生(工学系?)の間に伝わる言い伝えでは、
難しい試験の前日(当日の朝という情報もありました)に、
この像のある部分に触ると、試験が上手く行く、らしいですよ。

20060524171857.jpg
こちらね。

え?どの部分かって?

そんなの乙女のワタシからは言えませんわ、いやん♪
ま、見て頂ければ、その部分だけ金ぴかで、絶対分かりますのでご心配なく。

こりゃ、日本のガイドブックは載せないわね。
検閲に引っかかっちゃう♪

ちなみに、今回ばかりはワタシ、触りませんでした。
だって、とりあえず試験ないですから。
・・・・・・・・あれば触るかも。

あら、今日は未成年禁止の内容でした?もしかして?

どうどう?久しぶりにいいネタじゃないですか?え?
ポチっとブログランキングお願いします。
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


♪アンドラーシュ ハディクの像♪
The statue of Hussar general András Hadik
ブダ王宮の、Úri 通りと Szentháromság 通りが交差している所にあります。


どうしても知りたいヒトはこっそりと。




















20060524171911.jpg
ここ。

見てしまったからには、是非ポチっと。
ブログランキングへ♪
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


スポンサーサイト

コメント

未成年禁止ですね(笑)。
私も、ブラッセルのセルクラースの像は、触ってきました。
ところで、ブラッセルには、「ション○ン小僧」と「ション○ン小娘」があるって
ご存知でしたか?衝撃的でした(笑)。機会があれば紹介しますね。
ところで、突然ですが、私こと先週末に日本へ帰任しました。
(事後報告ですみません・・・)
日本で落ち着いたらブログ再開しますので、今後とも宜しくお願いしますね。

相変わらず面白いですね。笑わさせて頂きました。
いいネタ持ってるじゃないですか?
もし行く機会があれば是非触ってみたいと思います。
きちさんは、効果ありですね。
きちさんの子供はきちさん似なのかな?だから小さいのかも。
きちきちですね。

きちさん、お久しぶりです♪どうも、この手の18禁、もしくは笑いネタの時に反応してしまうみたい。。。笑いますね~~~。でも触るのも、結構恥ずかしいですよね。きっと。(私も乙女だし・・・) 
そうそう、イタリアには、ジュリエットの胸以外で思い出す所は、フィレンツェの「いのししの鼻」とか、フィレンツェのドゥオーモの扉に掘られた「トカゲ」とか、バチカンの「聖ペテロの足」とか・・いっぱいありますよ~。たしか、ブタペストの馬と同じ局部関連(笑)では、ミラノのドゥオーモの脇のアーケードの中のモザイクの牛の局部。(別に局部がモザイク処理されてるわけじゃないですよ♪)そこをかかとで踏んで一回転すると、何のご利益があるのかは忘れちゃったけれど、いいらしいです。(これは私も一応やりました♪)

補足説明

牛の局部がモザイク処理・・・なんていうクダラないことを書いていたら、肝心な説明を書くの忘れてしまいました。
アーケードに敷き詰められているタイルの一部に、(確か、アーケードの真ん中辺だったはず) タイルモザイクで描かれている牛ちゃんがいるのでした。
だから、簡単に、あんまり恥ずかしがらずに、踏みつけること可能です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

これは触ったこと無いわ~
ジュリエットをはじめ、バリエさんのおっしゃるイタリアのブツには、色々触りましたが。
でもこれって、台の上に乗って触るんですかね?

●Indyさん。
まあ、帰任されたのですね。ブダペストにお部屋確保したばかりだったのに大変でしたね・・。こちらこそ今後も宜しくお願いします。
で、しょ●べん少女見ましたよ~。賛否両論あるようですが。(笑)
小僧はよくて、なぜ、少女は駄目なのでしょう?

●はらだんさん。
触ってください。(笑)我々が写真撮ってるときにも触ってるヒトがいましたが、男性でもちょっと恥ずかしそうでした。うぷぷ。
ワタシ似だったら、小さすぎる・・・。もうちょっと大きくなれ~。(笑)

●バリエさん。
そーんなにイタリアにはあるんですか。イタリア人ったら、ミーハー♪
どの街も行ったのに、見逃した!ああ悔しい!(笑)
もうバリエさんも乙女ぶって、でも、ほんとは銅像ですから、恥ずかしくないですよね? ワタシは実は平気かも。(笑)

●vivnyancoさん。
そうそう、よいしょっと行かなければなりません。なので、学生(若いヒト)向けなのか?
それにしても、こういうのって、日本人観光客だけでなく、あらゆる国のヒトが触ってますよね。添乗員さんはお疲れさまと思います。(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uszoda.blog12.fc2.com/tb.php/248-08bdf83d

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。