よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛いのやだし。



あちーあちー、結局暑い7月になりそうな予感。


今日はまたまた妊娠ネタなんですが、
もしかして、日本の皆様に発信するのはタブーかもしれない?
分娩の形態について。


分娩(出産)には超大雑把に分けて、

自然分娩



無痛分娩



帝王切開

がありますよね。

数年前まで分娩の「ぶ」の字も知らなかった(は大げさだが)ワタシなので、
お仲間がいるといけないので簡単にご説明しますと、

自然分娩は「何も手を加えず、体の摂理に従い、痛みを乗り越えて産む分娩。」
無痛分娩は「麻酔を打って、痛みをなくす分娩。ただしいきむ(赤ちゃんを出すよう踏ん張ること)ことは出来る。」
帝王切開は「お腹を切って赤ちゃんを取り出す方法。」

です。


ご存知かもしれませんが、フランスでは、無痛分娩が主流
正確な統計は分かりませんが、8割から9割の出産が無痛分娩で行われているようです。


そんなフランスで、フランス人に、日本では自然分娩が主流だと説明すると、

なんで?!

という反応。それに対し、

「・・・・・・痛みを乗り越えてこそ、母になる喜びが・・・。」としどろもどろに説明した記憶が。

すると、フランス人たちは、

「( ̄m ̄)ぷ。ナンセンス!
フランスでも10数年前まではそう言ってたわ。」


と一笑。


いつもなら、
「ざけんな!なにもかもフランスのやることが上だと思うなよ!」
とヤマト魂擁護で反撃に回るワタシでしたが、
(とりあえず反論するのがフランス流(?)なので)


この時ばかりは、









そうよね♪痛いのやだし。ウンウン。

と一瞬で寝返ってしまいました。
ニホンの皆様ごめんなさい。m(_ _)m


そんなワケで、「自分の時は無痛がいいな♪」とすっかり思っていましたが、

ここハンガリーでは、












自然分娩が主流 らしい。


_| ̄|○ ガクーリ


*ちなみに、フランスのお隣のドイツは自然分娩が主流とのことなので、
ヨーロッパといえど、様々のようです。


ハンガリー人ってば、体もデカイし、痛みには強いのね。
「我慢・忍耐という言葉は我輩の辞書には無い」おフランス人とは違うのね。


というワケで、里帰り出産@ニホンを選ぼうが、現地出産@ハンガリーを選ぼうが、


自然分娩☆


という選択肢しかなくなってしまったワタシ。
チクショー、フランスでとっとと産んでおけばよかったよ、
と思えど後の祭り。


しかし!
聞いてみると、ニホンと同様にここハンガリーでも、
無痛分娩が出来ることは出来るらしいことが判明。
多分ニホンほどタブー視はされてない模様。

まあ、無痛分娩も出来る、という希望が♪

しかし、そう言われると、
ものすごい痛い自然分娩をまったく経験しないのも、
なんだか惜しい?
と思うアマノジャクなきち。

というワケで今のところ、

「ダメそうだったら、その時点で、麻酔打ってくれとお願いする。」

という優柔不断なワタシにはぴったりの折衷案をお願いしています。


はてさてどうなることやら。。。。。


え?一兎を追うものは二兎を得ず?どういう意味です、それ?

えー、ワタシには自然と無痛「どちらが良い!」ということは分かりません。
(帝王切開は必須の状況で行われるのは当然と思ってます。)
いつものように、お気楽に、「へー、そうなんだ!」と読んで頂ければ幸いです。
ブログランキングどうぞ宜しく。m(_ _)m
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif




スポンサーサイト

コメント

どちらが良いのか私も知りませ~んw
無痛分娩でなんのリスクも無いのなら、なるべく無痛がいいかも…
でも、もし産んでいる実感が(出てくるのが分からない)状態になるのだとしたら自然分娩を選ぶ可能性もあるかなぁ…やっぱり分かりません(笑
出てくる感覚がありつつ、ほぼ無痛が希望ですwダメですかね、出産経験者から総突込みくらいそうですかね?(笑
私のまわりは何故か帝王切開が多かったです、いろいろな理由からですけど、母子ともに安全第一ですよね
どちらにしても、本当にもうすぐなんですねぇ、あっという間ですね~

自然分娩の痛みは、強度で換算すると、上唇を引き伸ばしておでこに当てる際の痛みと同等だそうで。男性には耐えられないそうです。

私のような軟弱者だと耐えられないわけですね。

女性の強さに感服いたしました。

がんばって下さいねー。

ではまた。

こんにちは~。

自分では出産経験がないのでドイツのはわかりませんが、
お隣のオランダは病院でなく「自宅出産」!!!が主流だそうです。 (汗)
助産婦さんが家まで来てくれるとか…だけど、間に合わず玄関で
産んじゃった人とか、パンツの中に産まれちゃった…などという世にも
恐ろしい話を聞いております。

そう考えると、勇気出てきませんか? (出てこないって? 笑)

初めてコメントします♪楽しく読ませていただいています。

私も最近妊娠がわかったので、他人事とは思えず、真剣に?読みました。

今デンマーク在住なんですが、こちらでは自然分娩だけど、生まれる間際に?麻酔をしてくれる、とかいう、何ともよくわからない噂だけ聞いたことがあります。それって普通なんでしょうか?よくわからないのですが、私も痛いことは避けたい方なので、フランスがいーなーと思ったりしました。

私も出産するまで知らなかったのですが、日本の無痛分娩は陣痛を体験した後に、まさに産む瞬間に無痛になるだけで、陣痛の痛みはやはり体験するものです(少なくとも4年前まではそう)。フランスは陣痛から体験しなくていいのかしら?

無痛の注射の乳児に対する影響の有り無の議論から、日本ではあまりすすめていませんよね。ナンセンスかもしれませんが・・。ただ、本来は女性は出産を乗り越えられる力を持っているので、本当ならそんなに痛みを感じないはずが、色々知識があって、恐怖から痛みを感じすぎているのだと何かの本で読みました。それを信じて、出産は痛くない、と自分に言い聞かせてリラックスして望みました。
そうしたら見事に痛くなかったですよ。本当に普通の生理痛くらいでした。看護婦さんにも「あら!こんな痛みで出産が始まるの?(痛みをはかる機械をおなかに付けるんですよ(笑))」と驚かれました。2度目も同じく痛くなかったです。私にとってお産の痛みとは「いきんだ時に体が硬くて足がつってしまった」その痛みです。

ということで・・・。出産は色々です。きっと、きちさんなら自己暗示もばっちりかかって、きっといたくないことと・・・。

ただこの話を何人もの知り合い、友人に言いましたが、誰も信じていないようです。出産は痛くなかった、という人は自然分娩した人で私以外にあったことがないです・・・。まあ、詐欺師みたいなものですね。だまされたとおもって、一応聞いておいてやってください。今、3人目を少し検討しています。本当にあの「いいきかせ」が効いたのか、もう一度、トライしてみようかとも思っています。ただ確認するだけでは、ずいぶんリスクの伴う実験だなと・・・(笑)その後、一生ですからね。少し考えています。やっぱり大変だからやめようかな(その後の育児が(笑))





こんにちは^^出産もうすぐなんですね。。がんばってくださいね^^私も2人日本で出産しました。私の通っていた病院はラマーズ法を取り入れていてこれを実践したところホントに痛みが逃げましたよ^^(ヒーヒーフーです^^;)私の陣痛の痛みを表現すると腰をハンマーでたたかれる。。。みたいな感じでした。。でもその痛みがやってきた時、ヒーヒー(吸って吸って)フー(吐く)をすると痛みが和らぎました^^もしよかったら使ってみてくださいね^^(今から少し練習しておくといいかも^^)

妊娠ネタだとすぐ出てきてしまいます。
わたしは、陣痛が痛いから、無痛に切り替えてくれと頼んだら、もう、いまさら、麻酔は効かないと却下されましたよ。
うちの母は、無痛で、わたしを産みました。しかも、本当に寝てて、いつ生まれたかも、どう生まれたかもわからないそうで・・・。昔の無痛ってこんなだったらしいです。
安産お祈りしてますよ。

きちさん、ぞうさん!
前も書きましたが、香港では帝王切開が主流…というか、かなーり多いです。
推測ではありますが、多分、帝王切開と無痛を選ばなかった残りの人が自然分娩なんじゃないかと。(経済的理由も関わってきそうですが)
中華系(中国人・香港人などのChinese)に帝王切開が多いそうですが、何故かと言うと、平たく言って「病院・患者の双方に良いから」です。
つまり、「時は金なり」を自で行く香港社会では、日付と時間をあらかじめ決めて遂行できる予定帝王切開がとても重宝されると。
あと、とてもホンコン的な理由ですが、風水的に運の良い日にちと時間を選んで、それぴったりに産むことができるのも帝王切開が多い理由だそうです。なるほどねー。ところ変われば…ですわ。

テレビでやってましたが、自然分娩の場合は、四つん這いになって産むのが、妊婦にとっては楽だそうですよ~。これは、病院側の方針にもよりそうですけれどもね。
母子ともに健康なら、どれが一番!ってこともないんじゃないかな~。理想は人それぞれですものね。

お久しぶりです。
陣痛&出産はかなり痛いらしいですね~。もし同じ痛みを男性に与えると「死亡する」そうですよ。 けっ!軟弱者達めっ!
私の友人が先週出産しました。彼女も初出産だったのですが、赤ちゃんのかわいい~お顔を見た瞬間痛みは吹っ飛ぶらしいですから大丈夫ですよ!

全然参考にならないけどマレーシア版(笑)
molisさんも書かれてましたけど、無痛にしたい場合は最初から計画練って陣痛が始まる直前に麻酔打たないとダメなんです。
んで、こらえ性のない私の場合、自然分娩でいきましたけど、途中でドクターが「あんまり痛がるからペインリリーフ(鎮痛剤?)打つね~」と言って、そんなもんを点滴されました。結果、頭がボーーーっとして陣痛の合間に眠りに落ちる<(睡眠不足もあり、出産前日とか当日まで出勤してたりしましたから)、けど、陣痛は点滴前と代わらず痛い、という出産でした。ですので、出産後、感動のご対面!も、早く寝かせてください後で見ますから(爆)状態でした。
後産ってのがあるんですけど、どうやったかもう覚えてないです。3人が3人ともこんな感じでした。
きちさんの「我慢できなくなったら打ってください」ってのは、私と同じペインリリーフだと思いますよ。ではご健闘を祈ります

私は以前に子宮の手術しているから、最初から帝王切開に決定です。まだまだ先の話ですが、今からもう、ここでの手術と入院生活にビビッています。
そうそう、話は変わりますが、こないだニーレジのブレンダンに行ってきました。品数豊富で店員親切でいい感じでした。きちさんの情報、いろいろ参考になってありがたいです。

こんにちは~
私は自然分娩で出産しましたよ~。

痛みは想像していたほどはひどくなかったです。
陣痛が始まっても最初は軽い腰痛・・というような感じでした。
子宮口が8センチから全開大するところはきついですが。

私はソフロロジーで出産しましたが、二人目もまた
ソフロで産もう思ってます。

おすすめでーす!

●ペコさん。
日本の医療レベルを持ってすれば、ペコ さんが言うような無痛も可能なんじゃないかと思うのですが、無痛がタブーのような風潮がある限りはダメなんでしょうねえ。うう。(涙)ワタシも次があるとしたら、日本なので、是非その頃には変わっていて欲しいと密かに思ってます。(笑)
ヒトの妊娠は早いと感じるんですが、自分の時は結構長いですよ~。お楽しみに。(笑)

●んにゃさん。
男性には耐えられないってよく聞きますよね。でも、それって、絶対確かめられないからそう言うだけで、実は、そう言って、女性を持ち上げて、男性が楽してる(?)ことをごまかそうって魂胆なんじゃ?って思ったり。(笑)
でも、ここはひとつ、乗せられて、その気になって、ふんばってきます。

●はっちゃんさん。
そ、その、「パンツの中で産んじゃった。」ってワタシの狭い見聞の中ですが、最強です!!!(笑)それと比べたら、病院で産むなんて、平凡すぎてネタにもならないかも。(笑)
お陰で、ハンガリーの出産がとても普通に見えてきました。恐るべし、オランダ・・・・。

●さわぐりさん。
初めまして!妊娠おめでとうございます。お仲間ですね~。デンマークなら、なーんの問題もないような気がしますが、どうでしょう?間際の麻酔って、つばささんがコメントしている、鎮痛剤なのかもしれませんね?でも陣痛は感じるらしいし、それじゃ意味ないですよね。(涙)要確認ですね~!海外では主張したもん勝ちなので、じゃんじゃん聞くのがいいですよね。
お体には十分気をつけて!

●Junjunさん。
信じる信じる、信じます!そっか、痛くないと思えばいいんですね。信じるものは救われるってことで。
単純なので暗示かかりやすいですが、小心者なので、びびって痛み増すのでプラマイゼロになりそう。(笑)
ある友人に、「出産は色々だから、楽だった人の話を沢山聞いて、気楽に挑め。」と言われたので、Junjunさんの話をトップにリストしておきます。(笑)
是非3人目でも実験してみてください!

●hihimamaさん。
やってますやってます、ヒーヒーフーって。とりあえず、楽になる方法は全てチェックです。(笑)でもパニクッて忘れそうなので、その説明が書いてある本のページをコピーして行こうと思ってます。(笑)果たして見る余裕はあるのか・・・・。

●molisさん。
おー、その時代に無痛って、とっても最先端だったんじゃないですか?でも、間際じゃ手遅れなんですね?やっぱり最初に決めとけってことですね・・・。
molisさんのブログ拝見して、「飛び降りたくなるほど、痛いんだ・・・ガクガク。」とかなりびびりました。(笑)

●ぞうさん、bonbonさん!
なるほどおおおおお!そういう理由で帝王切開が多いんですね@香港。とっても合理的なヒト達なんですね~。同じアジア人とひと括りに出来ない面白さですね。でも、それならそれでもいいような気がします。なんだか割り切ってて好きだわ、そういう考えも。(笑)
ワタシの病院では、4つん這いになれるようなフリースタイルは臨めないかも・・・。残念!色々試せたら面白いですよね~。なんて言ってられるのは、今のうちでしょうけど。本番では・・・。(汗)

●チャピトニー さん。
よく、「赤ちゃんの顔みたらふっとぶ」って言いますよね~。ひねくれモノなワタシは疑心暗鬼なんですが。(笑)そんだけ痛いもんをなかったことに出来るわきゃない!って。でも、そう信じてふんばります。(笑)

●つばさ@KULさん。
いろんなお国の事情が聞けてとっても興味深いですよ!
それにしても、当日まで働いていたんですか!それはマレーシアでは普通?それともつばさ@KULさんの趣味?(笑)
ペインフリーで、陣痛は痛いって、全然フリーになってないじゃないですか!(笑)感動のご対面のその感想、素敵です。ヒト臭くって好きだわ。(笑)
それにしても、マレーシア出産はハンガリーよりも色々ネタがありそうですね~!

●cicaさん。
決まっちゃってるのもすっきりしていていいですよね。迷う必要ないし。(笑)
まあ、早速ブレンダン行かれたんですね。そうなんですよ!店員が親切で愛想が良いのが、ポイント高いですよね。だから、ついつい行っちゃう。
こんなブログでもたまにはお役に立ててよかった~。

●Michelleさん。
ソフロロジー?初耳(恥・・・)早速調べてみます。軽い腰痛で済むなんて!
もう、なんでもすがっちゃいますよ。(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お久しぶりです

きちさん、もうすぐなんですね~。
韓国は、帝王切開が主流だそうです。 なんか世界一の帝王切開率だとか。
体を切りたくない私にとっては、恐ろしい話です。
しかも、その理由というのが、韓国は出産には保険が適応するけれど、
帝王切開は保険が適応されないので、病院にとってはお金になる、というものだとか。 コワーイ!!

無痛分娩、私も憧れます。

自然分娩・無痛分娩どちらが良いんでしょうねー。
男には、どう頑張っても体験できませんねー。そう考えると、女の人はすごいと思うし、だから母は偉大なんでしょうね。
出産の痛さを男が経験すると失神するなんて話も聞いたことありますからね。
今回のネタは反響も大きかったですね。
ところで、出産には旦那さんは立ち会う予定でしたっけ?

●べるさん。
お久しぶり!韓国は如何ですか~?
え、香港に負けず劣らずの帝王切開派なんですね!
しかも、恐ろしい理由で。。。。文句言わないのかしら?お医者さまの言うことは絶対とか?
でも、その理由、似たようなことがこちらでも言われてます。帝王切開にすると、病院に政府からの援助が増えるから、帝王切開も結構多いとかなんとか。(汗)
べるさんは、フランスで、という選択があるじゃないですか!!素敵。

●はらだんさん。
いや~、ワタシは、別に体験しなくてもいいので、男のヒトが羨ましいです。はい。(笑)とりあえず、子どもを持つためには、体験するのが手っ取り早いので仕方なく。(笑)
立会いするらしいです。えらい・・・。ワタシが男だったらしないかも。(汗)

きちさん、旦那さんえらいですね。
男性は立ち会うと2通りに分かれるらしいです。子供を産む女の人は凄い、神様みたく思えてそれ以上子供を作れなくなる人と、もっと作りたいと思う人。
まぁ、あくまでも聞いた話なので信憑性ありません。俺も、まだ体験したこと無いので、わかりませんし。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

●はらだんさん。
パートナーさんが妊娠すると、出産までに9ヶ月ありますから、その間に、心の準備(覚悟?)も出来るようですよ。。9ヶ月って長いですが、よく出来てますね。

なるほど、そうですか。勉強になりました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uszoda.blog12.fc2.com/tb.php/280-32c87c4d

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。