よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガクブル病院事情 その②



ガクブル病院事情 その②


この週末、救急で病院に行ってきました。






と言いましても、ワタシも小きちも無事です。
小きちは、まだお腹の中だし。




はい、急患は オットでした。

ご心配頂くと申し訳ないので、
先に怪我の程度を説明しますと、怪我は指先。
指の爪が根元からはがれかけて、数針縫ったものの、
骨折無しでしたから、大怪我重症の範囲ではありません。

でも、本人は、とても痛かったと思います。

それも、かなり長い時間

ガクガクブルブル(((( ;゚Д゚)))



*以下、かなりの長編です。お時間のある時にどうぞ。


******

土曜日の夕暮れ、夕食の支度をし終え、
ちょっと失礼と、トイレから戻ってみると、
オットが「指怪我した。病院行かなきゃ!」
血まみれでうめいています。




ヽ(゚Д゚;)ノ!! うひゃー



小心者きち、心臓バクバク。
どうしようどうしようどうしよう。
しかも、忘れちゃいけません、

ここはハンガリー


とりあえず、震える手でニホンに119にあたる104に電話するも、
ワタシがハンガリー語が出来ないと分かると、






ガチャリと電話切られる。


Σ( ̄□ ̄/)/


119ですよ!(104だけど)
救急だからかけてんですよ!
それなのに、何の手助けもしようとせず、


ガチャ切りってどういうことよ!
(ガクブル事情 ポイント①)


と今となっては、怒りもありますが、
その時は、なんとかしなければならないので、
怒ってる余裕はありません。

で、英語が通じる私立の病院の救急番号に電話するも、
救急部門はないとのことで、公立の病院を紹介されました。
とりあえず、救急車で行く怪我ではないと判断し、
タクシーで行くことに。


20060710160827.jpg
お前にはもう頼らん。


タクシーを待つ間に
辞書や携帯、パスポートなど準備するきち。


その時、











デジカメ持って行こうかしら?


という悪魔のブロガー魂がささやいた!


ごめんオット!。・゚・(ノД`)・゚・。
でも、「なに言ってるの!やめなさい。」という、天使の説得で、
ブログに魂を売ったオニ妻にならずにすみました。

あぶないあぶない。ε=( ̄。 ̄;)フゥ
一瞬でも考えた時点でよき妻大失格だが。


で、タクシーで病院に着くも、
入り口から、急患の受け入れ病棟まで







徒歩10分。


「歩くの?遠いよ?」
と説明してくれた入り口の警備員さんには言われましたが、

歩く以外に方法があるなら、教えてくれ!
(ガクブル事情 ポイント②)


で、怪我人と、臨月妊婦は、
渡された地図を見ながら、必死に歩いたのでした。
そして、ようやく、救急受け入れ病棟に着くも、






急患が縦横無尽にあふれかえって大混乱。
受付無し。



(((( ;゚Д゚)))
どうしていいか分からない。

病院のヒトっぽい人に聞くも、
ある扉を指して、「あそこよ。」というのみ。
扉の前には、すでに5-6人の人だかり。

扉が開いたので、なんとか話を聞いてもらおうとするも、
「座って待て!」という医者だか誰だか分からないヒトの指示のみ。


名前聞かれるワケでもなく、
症状聞かれるワケでもなく、
緊急度を聞かれるワケでもない。
そんな状態で、怪我を抱えて待つ。

(ガクブル事情 ③)


オットは辛そう。


どうする?きち?


もはや自力では無理、と、
夜遅くに迷惑とは思いましたが、
友人・オットの会社のヒトに電話かけ、
「急患なのに先生までたどり着けないって、普通?」と聞きまくるも、


得られた情報は、いずれも、




「週末に怪我して、病院に行った友人(知人)は、





4(あるいは、6、とにかく、数)時間放置状態で待たされた。



だから、





とにかく待つしかない。



というものばかり。
(ガクブル事情 ポイント④)




Σ( ̄□ ̄/)/





こんな情報、




どうやって、痛くて辛そうなオットに説明しろと?
ガクガクブルブル(((( ;゚Д゚)))




そうこうするウチに、
友人の日洪カップルが駆けつけてくれました。
もう、後光さしてました。心から感謝。(T∇T)ウウウ


そして、待つ。


ひたすた待つ。


扉が開くたびに、期待で立ち上がるオット。
でも、違うヒトが呼ばれたり、同じヒトが入ったり、
がっくりすること数回。


痛みを抱えたまま、いつくるか分からない順番を待つなんて。
。・゚・(ノД`)・゚・。


そして、






2時間後


ようやくオットの番。

ちなみに、順番は、
無秩序混乱状態にあると思われた人々により、

お互いに誰が誰の次かを把握していて、
急患自ら、自主管理


でした。


我々はパニックで把握していなかったのですが、
前後のヒトが指摘してくれたことにより、
前から4番目ということが分かりました。


無秩序のなかの秩序。


とにかく治療を受けに入ってくれたので、ほっとしました。
しかも、友人が通訳でついてくれました。ああ、感謝。

その後、レントゲンなど含めて、
さらに2時間くらいかかりましたが、
もう、


治療受けられただけで、よかった♪


という基本中の基本に感謝したワタシ。


なんていうか、
要求レベルが極めて低下してるからか、
ニホンじゃ当たり前かもしれないことで、
心から感謝出来る@ハンガリー。
ありがたいのかなんなのか微妙。

*お医者様はオットによると、「腕はよかった。治療はまともだった。」だそうです。

しかしながら、
急患なのに、数時間待たされるというこのシステム(?)には、
駆けつけてくれたハンガリー人の友人も、かなり憤慨していました。
将来的に改善されてくれることを切に願います。


また、ハンガリーでは、
お医者さま、看護婦さんに、チップをあげるという習慣があります。
(ガクブル事情 ポイント⑤)


悪習といわれていますが、
医者の仕事内容にくらべ、給料が非常に低い、
という点で、なかなか改善されないそうです。

でも、
「ちゃんと治療してくれるんなら、それくらいの額どうでもいい。
額増やせば、早く見てくれるんなら、払う。」
とすら思ってしまった、というのが本音です。
(改善されないワケですよね。)

*今回、お医者さまには、3000円程度のチップ。
(場合により増減すると思います。)
治療費は、もちろん別。


ちなみに、週末の夜だったというのも、
待ち時間の長さに災いしたようです。
普段の日なら、もう少し対応も早かった筈とのこと。
ホントかよ。


というワケで、
ガクブル医療事情@ハンガリー ポイントまとめ。

①救急車を呼ぶにはハンガリー語が必要。(*)
②タクシーで病院についても、救急の入り口を確認するまで、タクシー待ってもらおう!
③受付は混乱している恐れあり。びびらないよう!
④救急でも数時間待つ覚悟で。(特に週末)
⑤チップ用のお金を準備。

(*)調べてみたところ、ブダペスト市内からなら、
311-1666に掛けると英語で対応してくれる・・・・・・らしい。
あくまでも、「らしい」です。
試してないので、確かではありません。




で、教訓。



週末は急患にならないこと!@ハンガリー



いや、時間選べないから急患なんだけどね。


*もちろん本当に重症ならなんとしてでも救急車を呼んだ方がいいです。
その方が確実に早く診てもらえる・・・・・・筈。



それにしても、痛かったね、オット・・・。



今回は、かなり本気でガクブルでした。
子どもが急患になったら、どうするんだろう。。。。。
ブログランキングどうぞ宜しく。m(_ _)m
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


*ガクブル病院事情その①はコチラ
これは、まだかわいらしかった・・・。



スポンサーサイト

コメント

大変な目に逢われましたね…
最終的には診てもらえてよかったですが、ご主人も、付き添ってるきちさんも、おつらかったでしょう…。
海外ではやっぱり、怪我や病気になったときがいちばんやっかいですね。
でも助けてくれるお友だちがいらしてよかったですね。
やっぱ人のつながりが大事なんですねー。

ワタシも小心者なので「指の爪が…」の部分を読んだだけで卒倒しそうになりました。痛そうですっ…(涙)ご本人の激痛はさぞやと…どうぞおだいじに。

しかし「お医者さんにチップ」には驚きました。

大変でしたね。

突然の事だから急患なので、然るべき対応をして欲しいですよね!?
ハンガリーってもうちょっとちゃんとしてくれるのか、と思っていました・・・。
ホントにガクガクブルブルものです。(ココでは他人事とは思えないし・・・)
きちさん、ご主人様、お疲れさまでした。

その後のお加減は如何なのでしょう?
通院とか必要ないんですか?

大変でしたね!
その後いかがでしょうか。

デンマークと状況が余りにも似ているので思わず「どこでもそうなのかー」と思ってしまいました、とは言え電話は切られた!というのは超ビックリですね!

私の夫(デンマーク人)も指を切って救急センターに行ったのですが、散々待たされ(数時間)ました。彼の場合はそれほどひどくなかったのでよかったですが、本格的な救急であんなに待たされたら・・・と思うと恐ろしかったです。

皆さんと同じですが、第一声は、「大変でしたね」に尽きると思います。
言葉が通じないというのは、不便なものですよね。
俺も、先日、ハンガリー大使館に電話したとき、相手のハンガリー人の方が電話で、俺が日本語しか喋れないと分かると、切られてしまいました。
チップが必要だとは。。。治療費は掛かるんですね。俺の彼女は病院に行っても治療費はタダだと言ってましたが。外国人は別なんですね?
内容は、決して楽しくない(喜べない)内容でしたが、きちさんの表現の面白さもあり、楽しく拝見させて頂きました。
旦那さんには、「お大事に」とお伝え下さい。

げっ!

急患なのに、そんなに待つんですか?しかも電話切られるって・・・・。指先って痛いですよね・・・・。心臓の鼓動に合わせて、痛みが・・・・。2時間くらいでよかったですね(それでも超長いけど)。お大事になさってくださいね。

来年から医療保険が変わって、治療費が有料になるということを小耳にはさみました。そうしたら病院も患者の取り合いになって、サービスや医療の質がグッとよくなるのではないでしょうか。そうなることを願っています・・・。

●mfさん。
ホントに、本人が一番大変だったと思うのですが、側で見てる方もやきもきしました。
でも、本当に助けてくれた友人には心から感謝です。ありがたいな~って思いました。
チップは驚きですよね。本当にお給料が安くて、「やってられない」と辞める人もいるくらいなのだそうです。チップで足しにしてるって感じなのでしょうか。

●patjalさん。
本当に、普段の生活は、文句はあっても支障はなく暮らせる国ですが、こういう時に、やはりシステムの違いを感じますね。治るものも治らなくなってしまうのでは・・・という恐怖を感じました。怪我も病気もしないのが一番!なのですが、そうは言っても・・・・ですよね。
お陰さまで、怪我の経過は順調で、3週間後には、抜糸出来るようです。

●さわぐり さん。
えええええ!!!デンマークでそうなんですか!それはかなり驚愕です。医者不足なのでしょうか?隅々までインフラの整った北欧というイメージなのに!税金もかなり高いでしょうに!なんとかして欲しいですね。
怪我も病気もしないように、出来る限り注意するのが一番の対策ですね。お互い気をつけましょう!

●はらだんさん。
大使館にまで切られるとは・・・・。せめてもう少し聞く努力をしてくれてもいいですよねえ?
治療費についてはおっしゃる通りで、我々はハンガリーの国民保険に入っていないので払わなければなりません。(その後、オットの会社で入っているプライベートの保険に別途請求をします。)
お陰さまで痛みも取れてきたとのことで、ワタシもほっとしています。

●Setteさん。
今回ばかりは驚愕でした!2時間でも早かった方らしいのですが・・・・。本人は「途中から麻痺してきた」とは言ってましたが、痛かったと思います。ああ、恐い!

●cicaさん。
それは朗報ですね!是非有料化して、サービスの向上を図って欲しいです。もう切実に!
今回に限って言えば、お医者さまの腕は決して悪くなかったとのことなので、さっさと診てもらえるようになれば、かなりの改善になると思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はい、きちさん。
そうなんです。
無料の医療とはそういうものだそうです・・・。

出産も無料なんですが、13週目まで一度もスキャンしてもらえず、
お腹の中で生きているのかどうなのか、、、さえまだわかりません。

がん患者さんも2ヶ月ぐらい手術待ちで、最初にとったレントゲンが古くなってまた取り直し、そして手術はどんどん遅れる・・。

恐ろしき、無料医療の現実ですね。

●さわぐりさん。
えええええええ!?!?信じられない。デンマークですよね?どこか他の国とお間違えではなくて?

>出産も無料なんですが、13週目まで一度もスキャンして>もらえず、
>お腹の中で生きているのかどうなのか、、、さえまだわか>りません。

だ、だ、大丈夫ですよ。きっと元気に違いない。(汗)

>がん患者さんも2ヶ月ぐらい手術待ちで、最初にとったレ>ントゲンが古くなってまた取り直し、そして手術はどんどん>遅れる・・。

・・・・・・・・・・・。ガクブル通り越して、卒倒しそうです。

健康第一。どうぞどうぞお体にはお気をつけください。
と、在デンマークの方に言うとは思いませんでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uszoda.blog12.fc2.com/tb.php/283-7cb1bbb4

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。