よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一杯いかが?



出産@ブダペスト報告シリーズ

~びっくり編~

*ニホンの事情が分からないので、
もし「ニホンでもあること」だったらごめんなさい。
**女子向けネタ。


さて、出産後、お母さんの第一のお仕事は、授乳です。
母乳ってのは自然にぴゅーっと出るもんだと思っていたら、
あら大間違い。
苦労して苦労して、出るようになるものなんですね。

とはいえ、人によりけりで、
滝のように出るうらやましい人もいらっしゃいます。
そして、「滝のようなおつぱい」は、
時に、赤ちゃんの必要量以上に母乳を生産してしまいます。

供給過多ですね。

ああ、勿体ない!



・・・・ご心配なく。

そんな場合には、










母乳売れます@ハンガリー


しかも、結構いい値で。(らしい。)

そして、母乳が十分に出ない人が買うのです。
無料のものを利用して利益を得るなんて。

・・・・・・んまー魅力的♪

ちなみに、フィンランドにもこのシステム(?)が存在するそうです。
・・・・・先進国とか関係ないのね。
*もちろん、母体の状態とか、病気とか、チェックするそうです。


さて、入院3日目、
おつぱいがちょっと腫れて痛んできました。
それを看護婦さんに相談すると、
母乳室に行って診てもらうと良い、と。


母乳室?


マッサージしてくれる所かな?


行ってみました。

ワタシがマッサージの順番を待っていたら、
わらわらと集まる超ヘビー級の乳母たち。


20060907224600.jpg
これはヤギで、


20060907224612.jpg
これはウマだが。


どうやら、そこは、

乳搾り室

でもあるようです。
というか、そちらがメイン。


初々しい・・・(く、苦しい)・・ニューママさんたちが
惜しげもなく、おつぱいドンっと出して、搾乳始めます。

ダイナマイトなおつぱいがそこここに溢れ、
複数の搾乳機がうぃーんうぃーんと鳴り響くその様は、


まさに

地獄絵図 ~おつぱい地獄編~

みたいな。


圧巻でした。
写真なくてごめんなさい。でも多分見ない方がいいです。


感想。

おつぱいは 遠きにありて 想ふもの

以上です。


出産報告シリーズ、一応、これでお終いにします。
(他にも思い出したら、追加しちゃいますが。)
長らくお付き合いありがとうございました。m(_ _)m


ブログランキングは今後とも、宜しくです。
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


今しばらくは、子育てネタが多くなると思いますが、
ネタ集めにいけないゆえ、なにとぞご容赦を。


スポンサーサイト

コメント

お久しぶり! 
ちょっと信じられないビックリ母乳室だ・・・(汗) こ、こわい!

最初のうちはほんと痛いですね!血マメもできちゃったり・・・
デンマークではお乳がたくさん出るようになるハーブティ~売ってますよ。
すんごいまずいと思ったけど飲んだらかなりでるようになりました。

いろいろ大変ですね。でも頑張って下さ~い!

売血ならぬ売乳

日本というか、僕の周りでは聞いた事が無いです。
医学書などを読むと、母乳は乳児用にパーソナライズされていて、抗アレルギーやウイルス抗体を含んでいるような事が書かれていて、母乳が出るなら、それで育児をした方が病気になり難いそうです。
他の子にも効果は有るのでしょうか?
まだまだ解らない事ばかりで、まさに人体は神秘の塊ですね(`・ω・´)

いいなあ、ハンガリー、母乳売れるんですか!売りたーい、売りたーい。今の私にできることは乳母しかないと思いつめてるこの頃。
私は、滝ではなくシャワー程度ですけど。出始めると水鉄砲のように出てとまらない。しかし、誰も飲まない。よって、捨てるだけ。どうにかならないかと常日頃考えておりました。
ちょびっとハンガリーがうらやましく思えました。

さすがに日本では売乳はないですねー。
ついでに普通の産院では、搾乳専用の部屋はありませんが、授乳室というのがあります。
病院によって違いはありますが、赤ちゃんは最初の何日間かは新生児室にいれられることが多く、その間お母さん達は病室から授乳室まで通い母です。
授乳室には、時間になるとワゴン(?)に乗せられた赤ちゃんが大量に運び込まれ、お母さん達はそこで全員おつぱい丸出しで授乳をするわけです。
新米のママさんは、ここでおつぱいマッサージとか、授乳時の赤ちゃんの抱き方を、助産師さんに教われるシステムです。
中には赤ちゃんが寝てたり、おつぱいが余ってて、搾乳するママさんもいます。
搾乳した母乳は、哺乳瓶に入れて冷蔵庫に保存です・・・・・

それにしてもホントに遠きにありて思うもの。
授乳期で貧乳のわたしでもそこそこになれる時期、普段からメロンな方はスイカやヘチマになっているわけで、その光景は見たものにしかわからない地獄絵図ですわね・・・・・
あのときほど貧乳の自分が好きだった時期はありません・・・・・

搾乳…しましたしました(苦笑)
息子は未熟児で、哺乳力が非常にひ弱だったため、
ダイレクトに授乳することが出来ず、
搾乳→冷凍→解凍→ほ乳瓶で授乳…でした。
最初は初乳を採るために、助産師さんにおっぱいマッサージをして頂いて、
乳腺が開くように手助けしてもらいました。
でも…私はしてもらわない方が良かったのかもしれません。
一旦出始めると本人が飲める以上に出てしまい、ちょっとでも搾乳をさぼると、
おっぱいが岩石のようになり、痛みで夜中でも目が覚めました。
(今のしなびたおっぱいからは想像も付きませんが(^_^;))
人間もほ乳類であることを一番実感した時でした(笑)

すごいですね~

多分お1人ならまだ・・・・・・・しかもみんな大きいんですよね・・・・グラビア祭り?でも雰囲気が地獄なんですね・・・・。母は強いです!?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>おつぱいは 遠きにありて 想ふもの
に大爆笑してしまいました(^^;

体格のいいハンガリー人女性たちのようですから、さぞかし…。(笑)
私も笑いつつ…、きちさんも苦労されているんでしょうね;;

母乳、フィンランドだったかどこだったか…、それこそ滝のように出る方がいて、売ったお金で車を買ったとか。
アメリカでも、(州にもよりますが)母乳を販売できるみたいですね。また母乳をだせない、あげられないお母さんのために、北米母乳バンク協会なるものまであるそうです。

同じくです。
おつぱいは 遠きにありて 想ふもの
大爆笑しました。

それにしても、母乳 売れるんですね。
賞味期限とかあるのかな???
きちさんも搾乳されたんですか?
それなら文字通り誰かの 乳母 ですね。

ハンガリーでは母乳売れるんですか・・・
ちょっとびっくり。。
私、乳あまりでませんでしたが、買うのはちょっと。。

授乳室、最初は恥ずかしくって、何だかなぁ、と思いながらでしたが、だんだん慣れると平気になるもんですよね。
でも、あの乳腺炎の痛さ。。熱。。。
思い出すだけでぞっとします。
それに、マッサージ!!!
痛いですよね。。泣
ふう。。色々思い出してしましました(笑)
ハンガリー人ママたちの地獄絵図。。見てみたいです(笑)
いや~すごいんだろうな。。

どうなんだろう・・人様の母乳・・。私も母乳は上げたいと思うほど出た時期があったけど、みんなすてちゃいました。もったいない。今思えば一攫千金・・・

でも、食べたもの、みんな母乳にでちゃうんですよね。私のともだち、激カラカレーを食べた後に子供に母乳をあげたら、子供がまじめに「うえっ」って母乳を吐き出しました。あの時に痛感。そうか。。うちの息子達は既にお酒の味をしっているのだな。。。って。きちさんもよいもの沢山食べてあげてくださいね。

ははは。売乳!いいですねー。
私は貧乳で出ない方だったので、乳母とか欲しかったですもん。
乳の大きさと母乳が出るかどうかは関係ないらしいですが、
大きい方が出るような思い込みが強い私です(笑)

ご無沙汰してます!

そして、ご出産おめでとーございます!!
久しぶりにブログを覗いたら、もう既にお生まれになってたんですね~!そして授乳秘話!楽しんじゃいました♪いいですね~、地獄絵図~おっぱい地獄編~。ゲラゲラ笑っちゃいました!
しかし、母乳が売れるなんて、すごいですね~。想像もしてなかったけれど、確かに理にかなってますよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uszoda.blog12.fc2.com/tb.php/298-8e9bed07

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。