よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小話



お久しぶりです。秋晴れなブダペストです。

小きちは昼間も少し寝てくれるようになり、
とりあえず、ワタクシご飯が座って食べられるようになりました。(T∇T)
(ええ、立ち食いでかっこんでました。)

ブログ復活への日も近いか?
いやいや、まだ油断はならない。


******


さて、ご存知ブダペストは、ウィーンに次ぐ(?)音楽の都
野外ミニコンサートや教会での演奏会なんて、日常茶飯事。
音楽が身近です。

ですから、家の前をさりげなく


20061008013717.jpg

鼓笛隊が行進♪したりします。

びっくりしたのはワタシがまだまだ甘いのか?

鼓笛隊、懐かしいですね。小学校でやりませんでしたか?
ちなみにワタシはアコーデオン担当してました。渋いね。

鼓笛隊の花形はなんといっても先頭を歩く
指揮棒をふるヒト(なんて呼ぶのでしょう?)。

ワタシの学校では、
美人で、スラーっとしたみんなの憧れの女子が担当していたものです。

ちなみに、ブダペストでは、


20061008013732.jpg
彼。

いや、別に、何の文句も不満もございません。
単なる事実をお伝えしただけです。ええ。



また、音楽の都とは何の関係もありませんが、
ある日、家にいるのに、

シュシュポポ シュシュポポ パフーパフー

という音が何度も何度も聞こえてきます。

もしや、汽車?いやまさか、と思ったら、





20061008013749.jpg
そのまさかでした。

公園に突如出現した汽車でした。

家に居ながらにして、ネタが見つかる街@ブダペスト。




久々の記事がこんな程度ですみません。
お詫びにつまらない小話など。
(つまらないならするなって?)


さて、子育て超新米ぺーぺーなワタシは、
子育て本とか、ネットとか読んで色々学んでおります。

先日、緊急時の対応!なんていうどきどきする所を読んでいました。


ふむふむ・・・・・

「喉にモノが詰まった時は、子どもの背中の肩甲骨の間を叩く」


肩甲骨・・・・・・・・・


なんて読むんだろう。ああ、けんこうこつ、か・・・・


(゚Д゚;)エ?

(゚Д゚;)エエッ?

けんこうこつって、


健康骨


って書くんじゃなかったの?


ひゃー、人生3X年、ずっと健康骨って脳内変換していましたよ。
なんで肩にある骨が「健康」骨なんだろうって不思議だったのですが。

疑問、一挙解決!

orz 

疑問を誰にも投げかけなくてよかったです、はい。


絶対ワタシと同じように思っていたヒトいる筈。
そう思わなきゃやってられない。

そんなアナタはこっそり、
当然知っていた博学なアナタは堂々と、ポチっと押して下さればこれ幸い。
ブログランキングへ m(_ _)m
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif

コメント

やったー1番のりだー。
どもども、こきちさんも順調な様でよかったよかった。うちの赤子やはり爆睡中です。
誤飲こわいですよねー。って、他人事と思っていた矢先、こないだ上の子、氷で危ういとこでした。もちろん、背中がんがんたたきましたよー。
ああいう本、割と熟読するタイプなんですが、そんな処置とは無縁でいたいです。

仲間よぉ~

ありますよぉ、私も「健康」骨だと思ってたこともあったし、その他いろいろ今更気づくこと一杯! あと外来語って略してあったりしてほんとの英語からかけ離れてて意味がさっぱり。ある時もしや・・・ってわかることも・・・!
ちなみにおととい、「アドバルーン」の写真をネットで見て初めて脳の中で英語の意味とつながった・・・無知で育ってきたの実感する今日この頃でございます・・・

私も「健康」骨と思っていた口で~す。町を突然鼓笛隊ってすごいですね。マレーシアじゃ考えられない・・・ 暑いか。

祝・座ってごはん!
心からおめでとうと言わせていただきますわ。
「健康」だとも思っていなかったけれど、「肩甲」には軽い衝撃を受けました。
そうか、「健康」なわけないよね・・・。
私は、鼓笛隊は小太鼓でした。

ブログ復活の日をお待ちしております。

鼓笛隊かぁ。懐かしいな。小生は、鼓笛隊ではなく、和太鼓チームでした。

「健康骨」は、小生の場合、小学生で卒業しましたね。
では、きちさんは、もしかして、「鎖骨」を「左骨」と思い、右側は、「右骨」だとおもってたりしますか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お久しぶりです

肩甲骨って書くんですね。あまり気にしてなかったのですが。ということは、私も健康骨って変換してたのかも知れませんね!キチさんと同じだわあ!
鼓笛隊の指揮棒振る人、何て言うんでしょうね。小学校の時、鼓笛隊って皆でやった覚えがありますけど(私は踊ってましたが)主指揮、副指揮って呼んでましたが・・・・・・・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

誤飲

ケンコウ骨…
僕は日本語が不自由なので、カタカナで書いていました(笑)
#不自由なんていうのは嘘で生粋の日本人です。

鼓笛隊だと、うーんとアコーディオンは笛の一種になるのでしょうか。と改めて考えたり。
私の小学校でもバトン部で6年生でスラーとした美人さんがやっていましたよ。一人だけ衣装が違うんですよね。なんて言うんだったかなぁ。毎年「今年は誰だ?」な話題もあったぐらいなのに。。。チアリーダー?ドラムメジャーでしたっけ?



●molisさん。
いいなあ、爆睡赤子。うらやましい。
氷なんて、思いもよらない・・・・。オソロシヤ・・・。無事でよかったです。ワタシも一応隅まで読むのですが、ほんと、「出来るなら、無縁でいたい」と思うようなページはドキドキしますよね。

●Kaonyantaさん。
おお!お仲間がいた!感激です。
日本のカタカナは、もう「日本語」と思うのが一番だと思います。はい。
でも、英語を使う時に、混乱させられたりするんですよね。まぎらわしいっつうの!

●つばさ@KULさん。
ヤター。ここにもお仲間が。マレーシアで鼓笛隊って想像しただけでほんと暑くるしそう・・。

●bonbonさん。
おお、小太鼓!憧れでした。でも競争率が激しくて、落ちて「縦笛」になるのがこわくて、競争率の低いアコーデオンにした、という小心者のカコをもつワタシです。

●はらだんさん。
和太鼓なんて、まあ素敵。
さこつを、左骨とは思ってませんでしたが、「鎖」骨だとは知らなかったような、どの感じを使うか気に留めていなかったような・・・。(汗)

●Setteさん。
ね、けんこうこつってよく聞くのに、多分自分で書くことがない単語だから、どの漢字を使うか気にしてないんですよねー。(笑)
そうだ!主指揮、副指揮って呼んでました!

●fulさん。
カタカナに逃げてましたね!(笑)聞くばかりで、書く機会のない単語ってことですよね。「健康骨の辺りが痒くってさー」なんてメールしないし。

●のだめ。さん。
あー、鼓笛隊って、太鼓と笛なんだ!ウチは、みんな体操服だったなー。そうそう、「今年は誰だ?」って話になるんですよね。ああ懐かしい。チアリーダーやドラムメジャーという、お洒落な単語ではなかったです。(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uszoda.blog12.fc2.com/tb.php/301-f5acbd0e

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。