よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王宮地下迷路



ヨーロッパ軒並み猛暑です。

ここブタペストも、体感温度は35度。

(どの天気予報みても、30度くらいとなっていますが、ウソダ!もっと暑い。ということで、独断で決めました。)

こんな日は、観光も大変よ。

ということで、そんな時にお勧めの観光地は、

王宮地下迷路(Budavári Labirintus)

ひゃっほう♪

でございます。


もとはワインセラーや、祈りの場として使用されたり、第二次世界大戦時には、地下住居などとしても使われたそうです。(ガイドブックより。)

現在その一部を観光用に公開してあり、有名なヨーロッパの先史時代の洞窟壁画のレプリカや、ミステリアスな展示が地下16mの深さ、長さ1200mに渡って楽しめます。

ブタペスト目玉の観光地、王宮の地下にありますから、王宮見学のついで、にも最適♪

さてさて、そんな地下迷路、なにしろ観光客が大群で押し寄せてきてしまったら、神秘な雰囲気が台無し。

ということで、入り口は、さりげなくこんな感じ。
20051013220741.jpg
お見逃しなく。

全体図。
map.jpg


外の陽炎(かげろう)ゆらゆらな猛暑をよそに、ひんやり♪な内部。
実は、かなり暗い

しかも、人気ないのか観光客もまばらなので、前後には人がいない。。。。。

ワタシは一人では歩きたくありませんな。


だって、いきなりこんな方やと遭遇したり
man1.jpg


こんな方もいらしたり、
man2.jpg


角度を変えて。
20050801075947.jpg


ヽ(゚ロ゚; )ギャアア!!

こ、こわくないですか?(え?)

そして、目玉(?)は、これ。
vin1.jpg


ワインの湧き出る泉。
ひゃ~ま ゆ つ ば~。どう見たって中で、ワインがクルクル循環しているに違いない。

ただの赤い色水かも?、と思い、

試飲してみました。ペロン。
(ネタのためなら。。。)
vin2.jpg


あ、一応(美味いかどうかは別として)ワインだ♪

ただ、あまり真似しない方がいいと思います。


お腹壊しましたから。Σ( ̄■ ̄;)
(これが原因とは限りませんけれども)

でも、普通に回れば、そんな危険はありません。

普通の観光に飽き足らないそこのアナタ、
ちょっとダークな(ホントに暗いんだって)ブタペスト観光にいかがでしょうか?

少なくとも、涼しい、ことは自信をもって断言します。

一回りして、1時間ほど。
入場料;1200フォリント(学生1000フォリント)2005年8月現在
外は猛暑でも冷えてますから、寒がりな方は、軽い上着があると便利です。
あと、ミニ懐中電灯なんかもあると安心♪



どうどう? ↓ 押して頂ける気分になりました?
人気blogランキングへ
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif

スポンサーサイト

コメント

はじめまして。履歴から伺いました。
ドラクエ世代なもので、地下迷宮と聞くと、なにやらわくわくしてしまいます(笑)
・・・しかし、これは妖しいカブト虫人間といい、ワインの出る泉といいかなり面白そうですね。
トルコを旅行したときに、有名なカッパドキアの地下都市にもかなり興奮したのですが、これはそれ以上の予感。
いつか行ってみたいです。


farwestさん、コメントありがとうございます。
貴ブログのぶどうと桃の話、ほのぼのとさせられました。

ところで、きっと、世代近いです。
この地下王宮、まさに、私たちも、カッパドキアの地下都市を思い出しましたが、あちらの方が上下移動しますし、面白さは上です~。ブタペストのは平坦ですし、演出されすぎの感も。ただ、人が少ない分、不気味さだけは上でした!




あああっ!ここ行きました!
閉所恐怖症気味の上、ビビリなので、その時はかなり怖かったのですが、
上の写真見たら「何故こんな物を恐れていたのか、私よ…。」とちょっと甘酸っぱい気分になりました。
ちなみにシナゴーグも行きましたよ。
おっとは、例の帽子かぶってました(笑)


ワタシも結構怖かったですよ~。ところ所、真っ暗でしたし。
でも、観光でブタペストに来て、ここと、シナゴーグ行くkaoriffyさん夫妻、その感覚、好感です♪

こんにちわ&はじめまして

カテゴリーから見てやってきました。
王宮地下… おもしろいネタですね♪
いつかハンガリーに行く機会があれば、絶対行ってみようと思います☆

カッパドキアの地下は、私も行きましたが、そこよりもイスタンブールの地下の方が、雰囲気的に似ている気がしました。


ガナッシュさん。初めまして!

おお、イスタンブールの地下宮殿ですな?
いやいや、あちらの方が「はるかに」素敵ですよ!(断言。)

でも、「地下ファン」でしたら、ブダペストにいらしたら、行ってみてくださいね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uszoda.blog12.fc2.com/tb.php/42-8e98e143

北京にも謎の地下迷宮が!

『地下迷宮』だなんて言われると、それだけで惹かれてしまう人も多いかと思いますが、なんと、オリンピックに向けて建設ラッシュ中の北京の地下にも、謎の地下空間があるそうです。この地下空間の正体は、1960年代末から70

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。