よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドリア海の真珠・ドゥブロヴニク(Dubrovnik)

まだクロアチア報告でひっぱります。
(ここはハンガリーのブログですが、先日の旅の報告をしています。)

さて、ドゥブロヴニクは、クロアチアの最南端にある街です。

城壁に囲まれた旧市街は世界遺産!
(さあ、世界遺産好きは集合だ!)

城壁に登ると、街が美しい海をバックに見渡せ、おお絶景♪
20050826113440.jpg

しかし、この城壁ぐるりと歩くと2km
さえぎることのない夏の直射日光の下を延々歩いていると、綺麗ではあるが10分でいいかも?なあまり代わり映えのしない景色に、「万里の長城はもうご馳走さまだわ」となぜかクロアチアで思ったりするのです。

ビーチももちろんあり、海はこんなに綺麗です。
20050826113415.jpg
うっひゃー、これぞコバルトブルー。

しかし、本当にクロアチアは流行ってますねえ。
20050826113459.jpg
こんなに客が!これ、90%(以上?)は観光客ですよ。
(ま、竹下通りには負けるけど。←どひゃー古すぎ。)

クロアチア、今まさに旬!奥さんおひとつ如何?


はてさて、この旧市街見所が色々ありますが、

最も古い、最も大きい、最も美しいなどという
最上級系
に弱い方は、是非ここをお見逃しなく。

ヨーロッパで3番目に古い、現在も営業している薬局。
(ちっ、薬局かよ、なんておっしゃらず。ところで、薬局なんてもう言いません?ファーマシーとか?ドラッグストアとか?)

入り口がやや分かりにくいですが、旧市街へ入ってすぐの左側に教会がありますから、そこの横のを入ると、博物館の入り口ですが、そこを入っていってください。

で、この博物館の入り口手前にある、ごくごく普通の薬局が、そうです。
pharmacie.jpg

ホラ、「そうかあ、コレが今も営業しているヨーロッパで3番目に古い薬局なのかあ♪」という目で見ると、感慨もひとしお、、でしょ?

皆中に入ってばしばし写真取ってますから足踏み入れてみてください。

ホラ、こんなの置いてあります。「伝統の薬局」感いっぱいでしょう?
20050826113356.jpg
上についてる、薬のデカイ模型(?)は、非常に「売る気」が見えていい感じです。
ただアメリカ先住民族風なんだか、ガンジー風なんだかよく分からない女性の服装がどうも、、、。

さらに、博物館に入ると、薬局の「当時のディスプレー」が再現してあります。

ちなみにその展示室に、「1991年ミサイル攻撃の跡」もありました。
わずか10年前まで戦争していたということを感じさせます。
外は平和な観光地ということが不思議な気分になりました。


さて、お勧めその2は、、。

ちょぼい水族館♪

うらびれた街の一番奥にあります。

寂しそうなウミガメとか、スズキとか、たつのおとしごとか、昨日食べたなークルマエビとか、いますが、

いち押しは、この人。
20050826113335.jpg
癒し系。

20050826113320.jpg
上手く撮れてなくてスミマセン。

20050826113303.jpg
ああ♪自ら癒され、倒れそう。

ちなみにお名前はGray Triggerfish。モンガラカワハギ類だそうですよ。
(聞いたことも食べたこともありませんな。)

癒されながら、
「トリガーフィッシュかあ」とワタシつぶやく横で、
「トゥリガルル(舌巻く) フィッシュ、よ」とがいじんさんが素敵な発音で子どもに説明していました。
それを両方を聞いていたオットに発音直されました。く~、むかつく。

とはいえ、わずか15分で見終わってしまう程度の水族館
(館というにはおこがましい。水族展示室で十分だ。)
ですから、何もわざわざ行くこともないかも。

海でシュノーケリングすれば(ワタシオヨゲナイ、デキナイ。)、もっと生き生きとしたサカナたちが見られることでしょう。

あ、しまった、お勧めって言ったのに。

ともあれ、このドゥブロヴニク、
見所が旧市街にちょうどよい範囲にちらばって、1日ぷらぷら散歩しながら楽しく観光出来ます。
レストランやカフェも山ほどありますし。


ということで、たららったた~♪♪♪
今日の判定。


アドリア海の真珠ドゥブロヴニク

ドナウの真珠ブダペスト(って言われているらしいです。)

、、、、、、、。

アドリア海に一票。

あ~言っちゃった。

ったくなんでも真珠ってつけりゃーいーってもんじゃないよ。


ドゥブロヴニク(てかクロアチア全体)お勧めです。



同意する方も、されない方も、
m(_ _)m アリガトウゴザイマス。
人気blogランキングへ
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif

スポンサーサイト

コメント

なかなかいいです、クロアチア。
なんか、ものすごく行きたいぐらい素敵かも。車で三時間かぁ。近いとこでですよね?う~ん、宿泊しないと疲れちゃうかなと悩んでいる私。まあ、夏がいいから、来年だなぁ。
でも、ホント、キレイだね。私も1票。
なんて、ハンガリー在住者が言っていては、ハンガリー観光客が減ってしまう。
ただでさえ、税金が高い国なのに・・・
でも、ドナウ川って、青くなく茶色なんだねといわれた時は、うーんと沈黙でしたヾ(≧∇≦)〃

はじめまして☆私『ハンガリー』についてのブログを探してたんです!うれしい~☆これからちょくちょく遊びにこさせてもらいますね♪7月にブダペストに旅行しました。ところで、質問。くさり橋のライトは毎日点灯しないんですか?私が行った時は真珠に見えなかった・・・。クロアチアもステキですね♪

ハンガリー娘さん。
国境までは3時間くらいですが、そこからもうすこしかかります。イストラ半島ならプラス3時間くらいは。ドゥブロブニクはかなり遠くて、ブタペストからは1日で行くのはきついかもしれません。
イストラ半島方面なら、週末つかっていけるかも?日帰りはややきびしいかもしれません。
ええ、ドナウは青ではなく茶色ですよね。(きっぱり。)
はっ。
これからは、ハンガリーの良いところも紹介せねば。

あみさん。初めまして!
くさり橋のライトは、確か毎日点いていると思うのですが、、、、。点いていなかったのですね?むむむ。要調査。
ですよね~、真珠じゃないですよね~。
はっ。
これからは真珠に見えるよう、素敵なところも紹介しますっ。(あればね♪)

えー。ブダペストも素敵よ~。国会とか見たとき感動したよ。
(もうね、ジュネーブから行くと何でも感動。)
私としては、鎖橋のライオンの後ろ足がどうにも不自然な気がするんだけど…調査お願いします(σ゚ロ゚)σ
ちなみに私、この「3番目に古い薬局」で、カメラを落としてレンズがメタメタになりました・・・。その後写真撮影不可能になりかなりショック。
思い出させてくれてありがとう…(笑)

kaoriffyさん。
ジュネーブは行ったことないのですが、も、、、、もしや、都会オンリーで見どころが、、、、。ってことでしょうか?
はい、ブダペストも素敵です。。。(無理やり?)
はっ、そういえば鎖橋、まだ行ってなかった。(ブダペスト着いて早5ヶ月)調査依頼受けました!この機会に行ってみます。
カメラ直りましたか?精密機械の国スイスですもんねー、余裕ですね。

きちさん、こんにちは。
先日は書き込みありがとうございました!

お写真、とっても素敵ですね。
海に浮かぶ街だなんて魔女の宅急便を思い出しました。
海の近くだとなんだか家に戻った感じがするのでいつか海の近くに住みたいです。

まみさん。
わざわざいらして下さり、ありがとうございます!

ワタシの実家も海の近くなので、海がない国(=ハンガリー)ってのは辛いです。
アドリア海は、本当に綺麗でしたよ!

でも、海に浮かぶ街で魔女の宅急便を連想されるなんて、なんだか素敵です。

こんな遅れて書き込むのもどーかとおもったんですが、
この日記読んで、ふしぎ発見でクロアチアが取り上げられてたとき、
この薬局がチラッと映ってたのを思い出しました。
たぶん世界遺産だからここをテレビで取り上げたんですねー。

ぽんちさん。
いえいえ、どんな下の記事でもコメントはとてもウレシイです。
その「ふしぎ発見」是非見たかったです。薬局なかなか趣がありましたよ♪

ずいぶん前の記事にコメントいたしますm(_ _)m
クロアチアすっごく行ってみたいんですよ!(寒いのは苦手なので、夏にでも計画します^^;)
2枚目の写真、とっても綺麗なブルーですね♪
あ~行ってみたいです☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uszoda.blog12.fc2.com/tb.php/55-985dd9c7

ドゥブロヴニクについて-魅惑の世界遺産

ドゥブロヴニクドゥブロヴニク(Dubrovnik, イタリア語 Ragusa, ラテン語 Ragusium)は、クロアチア、アドリア海沿岸に位置する都市。「アドリア海の真珠」とうたわれる美しい町並みを誇り、1979年に世界遺産に登録される。ボスニア・ヘルツェゴビナの唯一の海港であるネ

ドゥブロヴニクについて-魅惑の世界遺産

ドゥブロヴニクドゥブロヴニク(Dubrovnik, イタリア語 Ragusa, ラテン語 Ragusium)は、クロアチア、アドリア海沿岸に位置する都市。「アドリア海の真珠」とうたわれる美しい町並みを誇り、1979年に世界遺産に登録される。ボスニア・ヘルツェゴビナの唯一の海港であるネ

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。