よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェシュテティッチ宮殿



素敵な避暑地バラトン湖の最西端にある町、ケストヘイ(Keszthely)。

ここには、

ハンガリーのベルサイユ宮殿とも言える

フェシュテティッチ宮殿があります。
facade.jpg



ふぇしゅててぃっち家、

はい、リピートプリーズ~。


どう?

舌噛みません?

ああ、すみません!せっかくの読者さまになんてことを、、、、。






さて、フェシュテティッチ家は、17世紀にクロアチアから移住してきた一族で、
んまあ、もの好きな!
1739年にケストヘイの殆どの土地を所有し、
1745年に、このフェシュテティッチ宮殿を建設しました。

一族の者は、財務担当官としてマリア・テレジアに仕えたり、
ヨーロッパ最初の農業大学を設立したり、しています。

要は、代々すっごいお金持ちってことですね。

20050830225648.jpg
豪華。

20050830225635.jpg
ね。


そして圧巻なのは、図書館。
20050830225525.jpg

現在は訳9万冊の蔵書を持ち、
一部の研究者のみであるが閲覧も出来るという、
現役の図書館なんだそう。
単なる金持ちじゃなかったのね。

20050830225657.jpg
金持ち屋敷の定番室内チャペルもあります。

jardin.jpg
庭も美しい。



あ、、、、もう終わっちゃった。


え、、、、と。( ̄□ ̄;)アーウー


今日の結論。

ハンガリーのベルサイユ、
フェシュテティッチ宮殿一見の価値あり



あ、ところで、

ハンガリーのベルサイユ宮殿とは、、、、


誰も言ってませんから。

ワタシが独断で命名しました、さっき。

本当は、フォンテーヌブロー城により似ているのですが、
やはり知名度の高いベルサイユの方が聞こえがいいかな、と。

20050713125240.jpg
ちなみに、こちらフォンテーヌブロー@フランス。


ええ、誰にも頼まれていないし、別に恩もなにもないけれど、

行ってみたいなハンガリー大作戦進行中ですので。

どうぞ、実物ご覧になった時、ご不満もらさないよう、、、、。

(でも、この宮殿は、ホントに美しいです。うんうん。)


おまけ。

宮殿内に飾ってあった、陶器製の花瓶。
vase.jpg

きれい~、って皆言っていたけれど、

ワタシは、
ゾワゾワゾワゾワ~~~、と鳥肌が。

ハチの巣形恐怖症なもんで。
vase1.jpg

うひゃ~。写真でもだめだ、気持ちわるい~。

すっごく造るの手間ひま掛かるはずなのに、、、。
造った方、ごめんなさい。



だれか~、奇特な方いらっしゃいませんか~?
m(_ _)m アリガトウゴザイマス。
人気blogランキングへ
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif

スポンサーサイト

コメント

ベルサイユ宮殿じゃなくって、フェシュテティッチ宮殿ってなかなか素敵ですね。私、実はまだ行ってないんですよ。是非、来年は行ってみようかと・・・思うかな~。ハンガリーって夏がとても貴重だと思いませんか?夏になると国外逃亡する人が増えるような・・・。
あはははっ、みんなハンガリーの良さを知り尽くした人たちばかりだからですね。
来年、イタリアかフランスにでも行くなんて全然思っていませんから・・・汗。
やはり、ハンガリーは素敵。
紹介する人の腕前かしら?
ランキングNO.1になってしまうぐらい、ハンガリーのイメージ上昇↓中?ですね。あはっ、汗。
汗ですか?違いますよ。
蜂壺を見たから・・・じゃなくて、キレイな壺をみたので、割れないか心配になりまして・・・。
是非、行ってみたいバラトン湖です。
汽車ぽっぽもあるらしいし、子供連れにもいいかも。

うーん、宮殿の名前言いにくいですねー。
本気にならないと覚えられなそうな名前です。
でも豪華じゃないですか!!図書館は果たして持ち主は全部読んだのか(?_?)
こんな豪華ならもっと有名になってもいい気がしますけどねー。

はじめまして・・時折お邪魔してたイタリア在住のIHOKOです。ハンガリーはまだ行ったことがないのですが、(と・・いうより東欧に足を踏み入れたことがない)西欧より、気持ちは惹かれながら、なかなかチャンスがなくてガイドブックで我慢してました。
これからも、色々ご紹介くださいね。楽しみにさせていただきます。
PS:壷はわたしも鳥肌でした。

ハンガリー娘さん。
まあ、ハンガリーの見所の多さは、某「地球の●き方」の厚さからも判断してもらうとして、、、、。
バラトン湖に汽車?むう。聞き捨てなりません。要調査。

ぽんちさん。
そうそう、豪華でしょう!!!
ブダペストからちょっと遠いのがネックかと。(距離というより、道路がいまいちで時間がかかるのです。)

Ihokoさん、初めましてこんにちは。コメントありがとうございます!
イタリアから近いですよ~。
どうですか、プラハとセットでおひとつ?
しかし、イタリアからいらっしゃるとなると、すべてが色あせて見え、、、、。(以下自粛)
とりあえず、心の準備ということで、またコチラにいらしてみてくださいね。

はじめまして、同じウラルアルタイ言語族の国フィンランドに住んでいますまーらいおんと申します。

下の記事の方ですみません。昨年ケストヘイに行ったので、懐かしくなってこちらに書き込みしました。私のその時のメインは、その町の近くの温泉湖ヘーヴィーズでした。温泉サイコーでした。やっぱ日本人は温泉です。

昔プラハに住んでいた時にブタペストも2回ほど行ったことがあります。イタリア含めヨーロッパいろいろ回りましたが、プラハの次に好きな町です(プラハびいきです、ご勘弁を笑)。やっぱ温泉ですよね~。

また遊びに来ますので、どうぞよろしくです。長文失礼しました。

まーらいおんさん。
まあまあ、北の国からようこそ!
どんな下の記事でも、コメント大歓迎ですし、絶対読みますから!

ヘーヴィズにいらっしゃるとは、かなりの「通」ですね。
ワタシも次回は是非行ってみたいです。

プラハにもお住まいだったんですね。
ワタシも実はプラハの方がよい印象を持ってます。ご心配なく~(笑)。

また是非いらしてください!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uszoda.blog12.fc2.com/tb.php/61-3bb0f4ff

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。