よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くさり橋のライオンの後ろ脚



スイスの種のkaoriffyさんにご依頼(?)頂いた、

「くさり橋のライオンの後ろ脚がおかしいのではないか。」
について確認して参りました。

まず、くさり橋とは、
1849年に完成した、ドナウ川に掛けられた最初の橋
ブダペスト最大の観光地のひとつ王宮に行くのに通る橋ですが、
橋自体も、見どころの一つとなっています。

20050902152131.jpg


くさり橋はマジャール語(ハンガリー語)で
Széchenyi Lánchíd (セーチェニ ランツヒードゥ)

セーチェニは、橋建設提唱者のセーチェニ伯爵の名前
ランツは、鎖
ヒードゥは、橋
(たまには役に立ちそうなことも書かないと。)

英語では、Chain Bridge(チェーンブリッジ)と言います。
(そのまんまだって。)




で、これが、問題のライオン。
20050902152627.jpg

橋の両端に、2匹づつ、合計4匹いらっしゃいます。

20050902152257.jpg
あ~確かに。後ろ足が不自然?むう。


逆側のは、左右対称で、同じく後ろ足がやや不自然です。

しかし!
この2対、実は完全なる左右対称ではないのです!

なんと、片方は、しっぽを脚の下にはさんでいて、
20050902152325.jpg


もう片方は、しっぽが脚の上に置かれている、のです。
20050902152313.jpg


んま~。大 発 見

(この違いに気づくまで石のライオン眺める客も少なかろう。_| ̄|○)


おしり側に周って見ました。
20050902152205.jpg


(゚0゚ ) ハッ!

体が傾いているっ。

ということは、、、。(逆側に周る。)

20050902152237.jpg
やっぱり。
分かりにくいのですが、「もう一方の足は不自然ではない」のです。

ということで「体を傾けて座っている」が、
片足不自然の秘密ではないかと真剣に考えております。
byきち・駐ツマ・いい大人。

ほら、そこのアナタ、試しに、正座してから、女の子座りをしてみて下さい。
体が傾いて、脚の付け根の部分が上がるでしょう?


さて、問題は、本物のライオンがこんな格好するかということです。
イメージ検索してみました。

コチラとかアチラとかソチラとか。

、、、、、、。

おお!ブダペストのライオン像、かなりいい線いってます。
というより、本物、もっとだらけてます。

ちなみに、ライオンは、ネコ科の中でも珍しく、プライドと呼ばれる群れを形成し暮らしており、
非常に社会的な為、寝そべっている時は、お互い寄りかかったり脚を乗せたりしているそうです。

ライオン
英名 lion
学名 Panthera leo
分類 食肉目 ネコ科
参考


結論、くさり橋のライオンは、

くつろいでいるライオンを写実的に表現したもの

である。(独断)


一点気になったのは、制作上の理由かもしれませんが、
胴体がぶつぶつ切れていて、崩壊が心配なことでした。

ご覧になりたい方は、どうぞお早めに♪



おまけ

美しき青きドナウ。

dunau.jpg


Σ( ̄□ ̄/)/ 


これ数日前の多量の雨の影響で、濁流になってるだけですってば。
いつもは、蒼い(*)ですよ。(未確認

(*)
蒼い=くすんだ青色
青い=一般的な青色


丸1日掛けて、こんな記事を書いてます。
ヾ(´▽`*)ゝ アハ(今更照れてもね。。。)
ばら色駐ツマ生活@ブダペスト。


差し支えなければ、ポチ、とお願い致します。
m(_ _)m アリガトウゴザイマス。
人気blogランキングへ
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif


スポンサーサイト

コメント

不自然だとか言われると、心なしかライオンちゃんのアップがさみしそうに見える(笑)
このライオンも1849年につくったんでしょうか、
古いのかな、私も胴体のヒビ気になります。

青きドナウは…Σ(゜▽゜;)
今回は縁がなかったってことですよね。
またそのうちお願いします^^

ぽんちさん、こんにちは!
ライオンは、おそらく1849年生まれと思われます。そういわれると確かにちょっと哀愁が。(笑)

なんとしても青きドナウを激写しなければ、、、。(汗)

すごい!まじまじ写真を撮ってますね。これほどライオンの写真を撮る人はめずらしいかと・・・。怪しい人物だと捕まらなくて良かったですね。なんちゃって。
この頃の雨でにごっているドナウ川を撮るなんて、失敗ですよ。ハンガリー観光局に叱られますよ。なにせ、日本人は捕まえられる人が多い!!危ない!
蒼きドナウ川の写真が撮れたら、夢のカメラマンになれるかもしれませんね。
どんな腕のいい人でも、たぶん、難しい。光の加減!?で蒼く撮れないのかしら?笑

ハンガリー娘さん。
ええ?「日本人は捕まえられる人が多い」ってなんですか?!?!どきどきどき。
こうなったら、フォトショップとかで、修正しちゃうとか?あ、そんな高価なソフト持ってなかったです。。。。

ぬおぉぉ!ちょっと見ぬ間に!
(只今仏語強化週間、またの名をマゾ週間です…)
リクエストに答えていただいてありがとうございますヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
私も4枚目の写真と同じアングルの写真を持っているのですが(笑)、何度見てもやっぱり変・・・。
ちなみに先ほど指示通り「 正座してから、女の子座り」をしてみたんですが・・・。そこまで腰持ち上がるかい?それともプロポーションの問題?by kaoriffy・駐ツマ・いい大人。
何はともあれ、ここまで鎖橋のライオンの研究?をした駐妻はきっときちさんだけよ!!
今度は是非ライオンにまたがってみてください(笑)!
うちのオットも期待してます。

ああ!よかった、kaoriffyさん見てくださって。
やっぱりダメでしたか、この説は。うーん、他に思い浮かばなかったんですよー。発想が貧困だわ。
でも同じ写真を持ってるとは、ぷぷ。
またがって見たいですけどねえ、壊れたら捕まりそうなので。。。残念ですが、、、。
マゾ週間、乗り切ってくださいね!

はじめまして~。
スイスの種から飛んできました。
くさり橋って・・・腐り橋だと思って、しかもそのライオンの後ろ足がおかしいって、何?!どういうこと?!

あっはっは。鎖橋なんですね。でも、ライオンの足はとってつけたようで、ほんとに変(笑)ですね。強くなさそう(笑) またおじゃましまーす。

Maoさん、初めまして!
コメントありがとうございます。
「腐り橋」(笑)それいいです!
確かにあるいみ腐りそう~。

是非またいらしてください!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uszoda.blog12.fc2.com/tb.php/63-bc6dce98

ポルトガル旅行 5

なんでしょうか、さっき「工事お休み」と書いたとたんに、ときどき「ゴリゴリゴリゴリッ」「ギュガガガガガガー」とか音がするんですけど・・・。恐れをなしてくれよぅ!!じゅ~すぃ~とりすとぅ…。・゚・(つД`)・゚・-------------------------------------...

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。