よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華市場@ブダペスト



今日は、ガイドブックには載っていないのが非常に不思議な、

ディープなブタペストをご紹介しましょう。

それは、コチラ。
gate.jpg




四虎市場。
ちなみに、これはゲート1。5門まであるそうです。

ええ、ここは間違いなく、ハンガリーはブダペストよ~。
中国ではありませんよ~。

さて、
ブダペストの華僑人口は、公称2万人。
しかし実際は、3万人とも4万人とも言われています。
さあ♪それだけ中国人が集まったら、当然、中華市場の登場。

中国で生産し、中国人によって輸入され、中国人が取引し、
中国人が販売し、中国人が購入する、


世界規模で、自給自足、それが華僑。(ワタシ定義)


さて、この市場に一歩足を踏み入れれば、
そこは、まさに、

中国

ですのよ。
はっきり言って、ハンガリー人の方が、

ガイコクジン

20050908180408.jpg
この足元のちらかりぶりもアジアン。

20050908180352.jpg
黒髪のお嬢さんら。

shop2.jpg
新作秋物コレクション。

shop.jpg
この色彩感覚がまたアジアン♪

このように、ほとんど見分けのつかない同じような、
洋服、香水、バック、食品、雑貨などを売る店が、
延々と続いています。

Tシャツなど非常に安くて、「欲しい」と思った物欲旺盛なワタシですが、
この中国市場を案内してくれた、
猫娘ちゃん(中国人、日本語ペラペラ)は

「2回着たら、ぼろぼろネー、買わないヨー。」

って言ってます。
繰り返しますけど、中国人の猫娘ちゃんのお言葉です。
えー、どのように理解すれば宜しいのでしょう?悩みます。

で、さらに、すごいのは、
道路をはさんで反対側に、3階立てのビルがあるのですが、
その中には、旅行会社、新聞社、広告会社、理容室、レンタルビデオ屋、カジノ、など、
生活するために必要なあらゆる店が揃ってることです。

office2.jpg
当然、中国人の経営で。

office1.jpg
当然、中国語がばりばり通じまして。

自給自足完璧。


、、、、、、、(; ̄Д ̄)スゴイ。


ちなみに、この猫娘ちゃん、

「ハンガリー語も英語も出来なくても、ブダペストでは余裕で生きていける。」

と豪語していたのですが、すごく実感させて頂きました。
もちろん中国人限定ですが。

また彼女、

「あ~、中国語が世界共通語になればいいのに。」

ともおっしゃってました。

Σ( ̄□ ̄/)/

さすがです、その発想。
そして、ほんのちょっとあり得なくも無いかも、とどきどきしてしまったワタシです。

がんばれニッポン。


と、中国市場ご紹介してみましたが、

ここでは、
わずかに、欧米人の観光客あるいは在住らしい人はいますが、
日本人には一人も見かけませんでした。
(ここまで来なくとも、ブダペストの中心寄りに中華食材店はあります。)


つまり、

ハンガリーに来て、わざわざ観光に来るほどのものでもない、


し、

在ブダペストの日本人の方も、ここまで買いにくる必要もない、

ということで、ガイドブックに載っていないのは、

極めて妥当?

よって、このワタシの紹介は、

誰の役にも立たなかったでしょうか?

_| ̄|○ ガクーリ

でも、万が一ってこともあるので、
興味のある人のために。

♪四虎市場(JOZSEFVAROSI PIAC)への行き方♪
Blaha térのマクドナルドの側(Népszínház ut)から出ている
28番のトラムに乗り、10分くらいして、

20050908175907.jpg
この門が見えたら降りること。

↑駅名分かりません。m(_ _)m
でも、絶対見逃しませんから、大丈夫。(ホントかっ?)
スリもいるらしいので、持ち物には十分ご注意を!
また、中国語以外には、ハンガリー語(確実)と、英語(多分)が、通じると思います。


以上、誰の役にも立たないディープなプダペスト紹介でした。


でも、明日に続く。


ワタシ大好きなんですよ、こういうところ♪


いつにも増して奇特な方いらっしゃいましたら、、、、。
m(_ _)m アリガトウゴザイマス。
人気blogランキングへ
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif



スポンサーサイト

コメント

遊びに来ましたぞ!こちらでは初めまして!

いやぁ、中国パワーが凄いですなぁ。ブタペスト。さすがにスイスにはここまで大規模なアジア市場はありませぬ・・・。

中国語、話している人口だけなら既に世界一かと(英語なんか目じゃないですな)・・・。

もしよろしければ、リンクさせてもらっても構いませぬか??

殿!ようこそおいでくださいました。

さすがのスイスは物価が高すぎて利益が出ないと、即座に「華僑ワールド」建設リストから除外されてしまったのかもしれませんねえ。

そうですよね、人数が多いっていうのは、ほんと武器です、とひしひし感じる今日このごろです。

んまあ!リンクして頂けるのですか?光栄至極に存じます。
ワタシの方も、リンクさせて頂きます♪

はじめまして。
ハンガリーつながりで、お邪魔しました。まだ、この国に来て2ヶ月の「ウーイー エンベ」ですので、ディープな情報が助かります。

よろしければ、リンクをお願いします。

すっごい!いろいろ探検してますね。
同じ時期にブタペスト入りしたのに、すごく尊敬します。
私はお家でゴロゴロ、ヌベーっとしていてダメですね。
それに、みなさんリンクとかするぐらい、HPなどを持っていらっしゃるようで・・・それもスゴイ!!
なにせ、ここにきてのインターネットで、初めてのものでして・・・・
おばはんには、ついていけませんF^_^;
来年からは、ブダ側の親善大使をめざして頑張ります!えっ?ブタじゃありませんよ。確かに、ブタに間違えられることもありますが・・・・。
頑張ります!!HPも開いてみたい~という夢もありますが・・・器用じゃないからなぁ~。うーん、またアドバイスくださいね。

どっひゃ~、さすが世界を制覇する中華民族、ハンガリーにまでこんなディープな世界を築き上げるとは・・・
恐るべしですな。
でも建物が微妙に小ぎれいなところに、まだ完全に侵略し切れていない部分を感じます。

yopさん。初めまして。
おお!初のブダペスト・ブロガー仲間発見です。
リンクしておきました!
また、是非遊びにいらしてください。

ハンガリー娘さん。
いえいえ、ワタシも、家でカチカチ(クリック音)しているばかりです。
HPは挑戦したことがないのですが、ワタシがやってるこのブログのようなものでしたら、簡単ですよ!とはいえ、ワタシも単純なことしか出来ませんが、いつでもお手伝いします。

vivnyancoさん。
おお、さすがするどい所見てらっしゃる!「これが華僑だ」と豪語しているわりには、中国実はよく知らないのです。(笑)
やっぱり、本場はもっとすごいのでしょうね?怖いけど見たいです。

本当に、中国人って世界のどこにでもいて、そして世界のあっちこっちで中国の飛び地を作ってますよね。ハンガリーにまでありましたか。(;^_^A
アメリカ、サンフランシスコにも、地図に出ている『観光用』チャイナタウンの他に、このブダペストのみたいなのがあります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uszoda.blog12.fc2.com/tb.php/69-7f6efdef

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。