よーなぽとinハンガリー

ドナウの真珠ブダペスト生活記だったのですが、日本へ帰国してしまいました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工芸美術館@ブダペスト



今日は初秋のどんより曇りの日曜日でした。

そんな日は、博物館に限ると、
「ガイドブックに載ってないシリーズ」のネタ探しに出かけました。

が、

目当ての博物館、改装中で閉まってるし。


_| ̄|○ ガクーリ


ガイドブックに載ってないようなところを選ぶと、
このようなアクシデントに見舞われますね、ちっ。
(情報が少ないから。)


というワケで、守りに入り、
ガイドブックに大きく載ってる「工芸美術館」に行ってみました。

20051026103439.jpg

外観を見るだけでも価値アリ。
装飾は、ハンガリー高級磁器メーカーのジョルナイによるもの。


では、館内にれっつGO。




ところで、ワタシ工芸美術に興味あるかって?
いえ、、、、、単に近所なのと、
「自然歴史博物館」と勘違いしてただけ。
(某ガイドブックで、この美術館の写真のすぐ下に「自然歴史博物館」と書いてあるのです。)


ですから、入った瞬間、


・・・・・・・しまった?


と思いました。
がらーんとしている館内に見えるのは、現代美術の絵。


ヽ(゜ロ゜;)ノ うひょう、苦手♪


と青ざめましたが、偶然ホールでは、ミニ・コンサートが。

20051002212825.jpg
客少なー。

おお、さすがウィーンに次ぐ音楽の都(ワタシ命名)、ブダペスト
音楽がさりげに市民の生活に根付いております。

見るものなさそうだし、
せめて音楽でも聴くか、と貧乏根性で足を止めて、
楽しませて頂きました。

ワタシ、サクラサクラも「ちゃらら~」も
瞬時に認識出来ない音楽オンチではありますが、
(カコ記事はコチラアチラ

生の演奏を、音がよく響くホールで聞くのは悪くない♪

ことくらいは分かりましたよ。
(すみません、しょうもない感想で。)

さて、コンサートも終わったようなので館内見学をスタート。

すたすたすたすたすた・・・・・。

ほぼ足を止めることなく見てしまいましたが、
そんなワタシがふと見入ってしまったのは、

samsonite1.jpg
サムソナイトのビジネスアタッシュケース




samsonite2.jpg
同じくサムソナイトのスーツケースたち。


です。


・・・・・・。


なんでお金払って、
サムソナイトの商品見なきゃいけないんだ~
(ノ`△´)ノ キイッ


と突っ込みつつ、それを写真に収めるワタシは、

「世界には、スーツケースもない国もあるのね、大変ね、(ノ_・。)ホロリ。」

と同情を集めてしまったかもしれません。
ニホンの名誉のため、ニホンジンと思われていないことを切に祈ります。


さて、見学を続けますと、
一番上の階では、トランプのコレクションが展示されていました。

これには、結構見入ってしまいましたね~。

20051002212754.jpg
こんな感じのが沢山。

特に、

20051002212809.jpg
ナイトったら競馬の旗手だったのね、とか、


20051002212535.jpg
ゼニ袋がっちり握ってる成金キングなんて、イヤだわ、とか、


20051002212404.jpg
あちょーって感じ?とか、


こんなあたりが気に入りました。

ところで、トランプに非常に馴染みを感じたのですが、
最近はまってる、「フリーセル」(ウィンドウズについてる単純ゲーム)のフラッシュバックでした。
ああ、ワタシって、、_| ̄|○ ガクーリ。


以上ですが、
この工芸美術館、常設展示がなく、
つねに期間限定コレクションを公開しているようです。
ですので、非常に残念ながら(?)上記のものが見れる保証はありません。

すばらしいものに当たるか、
面白いのに当たるか、
つまらないのに当たるか、
是非スリルを楽しんでみてくださいませ。


♪工芸美術館への行き方♪
(Iparművészeti Múzeum)

Address; Üllői út 33-37(9区)
地下鉄3のFerenc körút駅で下車。
または、トラム4番か6番でÜllői út駅下車。
いづれもすぐ目の前です。


いつも、コメント&ポチありがとうございます。
とてもウレシイです!!!
今日も、宜しければおひとつお願い致します。
m(_ _)m
人気blogランキングへ
8caf7e7dd065f1edb0f6950d3cccd38e_s.gif
スポンサーサイト

コメント

きちさんの行くところネタありなんでしょうか(笑)
現代美術なんて見に行ったこともない私は縁遠いお話ですが、ネタ的には面白いですねぇ
トランプいいです!「あちょー」が好いですわ、私も絶対写真撮るでしょう(笑)

やや引きこもりがちになりがちな駐妻生活…。
その中において「ネタ探しのために外出する」
きちさんのブロガー魂には毎度の事ながら
頭が下がります。
しかし、今更フリーセルにはまっているきちさんの
「暇もてあまし」具合は、涙を誘います。
ちなみに私はちょっと前にテトリスにはまってました(笑)

大変、良いことを伺いました。美術館という言葉と博物館と言う言葉に弱いわたしは、後先考えず、とりあえず入らないといけない!という気持ちになり、後で入場料をどぶに捨てた。と後悔することしばしばですが・・救われました。ここは・・いかない!ブタペストに行っても、ここは行きません。ありがたい情報でございました。

こんにちは。
ネタ探しの外出、私もある意味羨ましいです。
ブダペストは歩いても、いい気分になれる美しい街なのだと、勝手に想像(妄想じゃないですよね!?)しております。(笑)
インドはぶらっと外出すると、想定範囲を超える事態に襲われそうで、かなり覚悟が必要な所です、大げさでなく・・・。
気候も少し落ち着いてきたので、自宅~子供の学校~近所のマーケットという行動パターンを少し変えたいな、と思っている今日この頃です。

トランプ、いいですねー
見に行きたいですぅ。。。
でも、私が行く頃にはもうやってないのね(涙)

ハンガリー+音楽で思い出したんですが、ブダペストはオペレッタとかが、有名じゃありません?

フリーセル仲間、ここにも見っけ!
私も、テレビ&インターネットが使えないときに、よくやっちゃいます。スパイダーフリーセル。お子さんのいない所に聞くと、結構皆さんやってるようで、なんだか変な連帯感。

ペコちゃんさん。
お気にめして頂いてウレシイです。私も「あちょー」が一押しです。(笑)
現代美術はワタシももっとも苦手な美術のひとつです。全然分からないです。(笑)

kaoriffyさん。
ほんと、ついつい家の中で完結したくなります。そんなに苦じゃないところがまた問題で。
テトリスはゲームボーイ時代にはまりました。今でも好きで、飛行機で個人画面がある機体では、テトリスやっていたら目的地にあっという間に着きました。

ihokoさん。
う、、、、工芸美術館の客を減らしてしまった、、、、。でも、確かに見に行かなくてもいいかも。ブダペスト、博物館・美術館が山のようにあるので、他にもっといいのがありそうです。

patjalさん。
ま~!そんなに物騒なところなのですね。家族のことを考えると、無茶は出来なくなりますよね。(って、ワタシはまだ実感出来てませんが。)
慣れてきたら、もう少し行動範囲が広げられるといいですね!
ブダペストは、ヒトが多いので、昼間は全然平気で歩けます。夜は場所を選ぶ必要がありますが。基本的には物騒ではありません。

かおるさん。
トランプ、実は結構大量にあったんですよ。興味深かったです。かわいいのから、ちゃちなものまであって。絵よりも、こういうものを見る方が楽しいです。
オペレッタ、、、、、。あ、言われちゃいました。。。。ワタシ、、、、きっと寝ちゃいます。ああ、すみません、非文化的なもので、、、。
でも、ここにいるからには、絶対一度は試そうと思ってます!

べるさん。
ワタシ、もとからゲームは嫌いじゃなくて、、、、。だからあえて、やらないようにしていたんですが、オットにやりかた教わってしまって、、、、。以来病みつきです。
仲間がいると分かって、かなりほっとしました。(笑)

デリーも夜はともかく、昼間は「物騒」というところはそうないようです。
ガイドブックなどにはよく、騙されたり、貴重品をすられたりなどの被害について出ていますが、在住日本人の間ではそのような話は聞きません。
きっと、治安の悪そうなところには足を踏み入れないからなのでしょうけど。

物騒というよりは、私がこれまで体験したことの無い、足がすくんでしまうような(ものすごく汚い)場所がありそうで・・・
事前の下調べと心の準備無くして、予備知識のない場所にいくのは相当遠慮したいところです、私にとってのインドって。

ハンガリーのトランプって、おもしろいですね。
成金キングには笑えました。(^_^;)
なにはともあれ、、一見おもしろくなさそうな美術館でしたが、ネタは見つかったのでよかったですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uszoda.blog12.fc2.com/tb.php/91-8ce422a5

 | HOME | 

筆者

きち

きち

ただの主婦。オットひとり、子どもひとり。

リンクして頂けるなんてウレシイことに誰が怒りましょう?リンク・フリーです。(「普通」のブログ・サイトに限ります、が。(笑))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。